FC2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

のむラボホイール3号の後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC04790amx12.jpg
のむラボホイール3号の後輪を組みました。
これを注文されたお客さんは、ハブの仕様違いなどあるものの
のむラボホイール3号の後輪を すでに持っているのですが、
息子に借りパクされたので 新たにもう一つ欲しいとのことでした。

DSC04791amx12.jpg
エボライトハブ24H 半チャンピヨンロク組みです。
結線は あとでやります。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

キシリウムエリート USTさん  

お客さんから キシリウムエリート USTをお預かりしました。
DSC04672amx12.jpg
オークションの類ではなく、同じチームの人がホイールを新しく買ったので
譲ってもらったという事情で手に入れたものです。
現オーナーは私の古くからの知り合いなので
入手の経緯について ウソをついていることはありません。
後輪は とくに問題は無かったのですが
(マヴィックのセンターずれは 問題のうちに入らない)、
前輪にヤバい問題があり 記事としてのバリューがあったので
前輪だけ撮っています。

ゴクッと目立つ横振れが1ヵ所あり、前のオーナーが
この振れに気付かなかったとは通常 考えにくいのですが
気付かず使っていた可能性が高いです。

DSC04674amx12.jpg
というのも、横振れの位相直下のスポークが、
ハブフランジのあるべき位置に きちんと収まっていません。

DSC04673amx12.jpg
↑ちなみに正常な場合

DSC04675amx12.jpg
↑画像右側が正常ではない位相です。

DSC04676amx12.jpg
どちらも正常だと こうなっています。
過去に同じ事例があったので(→こちら
この手のフランジの際は とくに気をつけて見ているのですが、
座屈のショックで スポークヘッドが
あるべき位置から外れる、ということはありえません。
むしろ 間違った引っかけ方をしたまま組まれた前輪が
座屈のショックで スポークヘッドがあるべき位置に収まり、
それによって(そこだけ低テンションとなることで)
横振れが出るということのほうが 起こりえます。
前のオーナーは このホイールを海外通販で買って
吊るしのまま使っていた・・・わけではなく
マヴィックを取り扱っているショップで買っているらしいので、
初期点検なしで 前のオーナーに渡したのかもしれませんが、
ブレーキシューのセッティングなどの際に
気付かないというのが 考えにくいほどの振れがあるのです。
うーん 分からん。まあ 直せばいいだけなんですけど。
リンク先の記事にも 書いてありますが、
マヴィックの この手のフランジのハブで組まれたホイールを
お使いの方は 一度チェックしていることをオススメします。

DSC04679amx12.jpg
直しました。
チューブレスタイヤもシーラント入りで取り付けました。

DSC04680amx12.jpg
タイヤは イクシオンプロUSTだか UST IIだかは知りませんが、
少し前のモデルより 格段にビードの装着がゆるくなっており、
はめにくいWOタイヤより よほど はめやすいくらいです。
あの、異常に はめにくくて 素人さんがやると
タイヤレバーでリムサイドを滑らせて こすってしまうために
ステッカーがボロボロになるうえ(→こちら)、
ビードフックに一旦 バチンと はまると
落とすのに両親指で死ぬほど押しても落ちない、
実質 出先で対処不能なタイヤを「無かったこと」にしたいようです。
当店でも 毎日のように コスミック プロ カーボン SL USTの
点検をしていた時期がありましたが、
ピタッと見かけなくなったのは
タイヤの仕様の不安定さと無関係ではないはずです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

シングルスピードバイクの前輪のリムを交換しました   

先日 リムのお引っ越しをした
DSC04762amx12.jpg
後輪の相方です。

DSC04763amx12.jpg
ナット締めハブシャフトのラージフランジハブ32H
14番プレーンロクロクJIS組みです。
リムの交換に際して イタリアン組みにしたいところですが、
それをするにはハブフランジ片側のヌポークと反ヌポークを反転させるか、
リムに穴振りが無かったとして 逆リム扱いする必要がありますが
面倒なので リムのお引っ越しで対処します。
つまり、リムの交換後もJIS組みのままということです。

DSC04764amx12.jpg
後輪のときに 撮り忘れていましたが、
これが リッチマンのスポークヘッドの刻印です。

DSC04765amx12.jpg
リムのお引っ越し中・・・

DSC04766amx12.jpg
組めました。リムは後輪と同じくALEXRIMSのR450です。
単にR450と書かないのは 少し前のDTに同名のリムがあるからですが、
そちらには銀リムは無いですし
そうでなくとも 普通は混同することはありません。

DSC04767amx12.jpg
要交換スポークが2本(たまたまですが後輪も2本換えている)あったので
DTのチャンピオンで補修しています。

DSC04775amx12.jpg
リヤリムよりも リムサイドの摩耗がひどく、
摩耗のインジケーターの溝が かえって出っ張っているうえ
ぴっちりと閉じて尖っています。

DSC04776amx12.jpg
↑元は こういう形状であったのが、
DSC04777amx12.jpg
丸く削れて 薄くなり、
DSC04779amx12.jpg
このように変形したと思われます。
かつて凹んでいた部分が かえって凸になっているという珍しい事例です。
ブレーキシューも 中央付近が尖った溝になって減っていたので
リム交換に際して 交換しました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

アンブロージオのRV30リムで後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC04768amx12.jpg
アンブロージオのRV30というリムで後輪を組みました。
先日組んだRV26リムの前輪の相方で モデル名の数字はリム高、
リム幅は いずれも外幅で22mmです。

DSC04769amx12.jpg
R-FORCE ラージフランジハブ32H 半コンペヨンロク組み
金アルミニップルです。結線は あとでやりますが、
左右のスポークの変形量が非常に近く、
これは左右異径異本組みが効いているというよりも

DSC04772amx12.jpg
オフセットリムなのと
DSC04773amx12.jpg
フランジ幅が狭いことのほうが 大要素です。
このハブ、税込定価で フロントが19200円、
リヤハブが28300円です。
これはブランドサイトでの表記ですが、
消費税が8%でも10%でも
税別定価が きれいな数字になりません。
ただ、5本バトンの前輪が113400円で
ロード用ディスクホイールの後輪が162000円とあるので
8%の時点での価格だと思われます。

今回のRV30リムは オフセットリムですが、
非オフセットリム仕様があるわけではありません。
また、RV26リムには オフセットリム仕様はありません。

DSC04774amx12.jpg
メーカーサイトによれば
RV26の穴数について「16/.../32H」とあり、
これは 16Hから32Hまで
4H刻みで揃えているという意味だと思われます。
おそらくですが 18H仕様は無いでしょう。
仮に22Hがあれば ニュートロンなどの前輪の補修に使えます。
仮に26Hがあれば ヘリウムの前輪の補修に使えます。
仮に21Hがあれば 初代レーシング3の後輪の補修に使えますが、
このリムには穴振りがあるので レーシング3用にするなら
右左右穴振りか 穴振り無しである必要があります。


RV30は リムブレーキ対応のリムですが、オフセットリムなので
リムブレーキ用のホイールを組むのであれば
後輪にしか使えません。

RD30というリムもあり、
こちらはディスクブレーキ専用なので DTのRR411dbと同じく
オフセットリムのみの仕様となっています。

RV30とRD30の穴数については
「24/.../32H」となっています。
24/28/32Hと表記するのに なにか不都合でもあるのでしょうか。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

お休みをいただきます  

明日12月12日(木)ですが、のっぴきならない用事のため
お休みをいただきます。申し訳ありませんが よろしくおねがいします。

DSC04757msn3.jpg
お客さんから サツマイモをいただいて、
そのときに石焼き芋風にする方法も教えてもらったのですが
私の家に 電子レンジはありません。

DSC04759msn3.jpg
というわけで、
DSC04761msn3.jpg
ポトフにしました。
ブロッコリーも入れたかったのですが
冷蔵庫に無かったので・・・。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター