のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

パワータップのG3ハブの工具を作りました  

ネダ星人から ネダホイールをお預かりしました。
DSC02713amx6.jpg
かつて私が組んだものです。
自称HEDの嘘っぱちステッカーを貼ったカーボンWOリムですが、
今回の問題は そこではなくて

DSC02714amx6.jpg
「パワータップG3ハブのフタが外れない」ということです。
過去に、何度か電池交換をしたことがあり そのときには
こんなに固くなかった、ということですが

DSC02715amx6.jpg
私の持っている工具でも、ビクともしません。
無理にやるとナメそうです。
ネダ星人のハブなので フタがナメるのはどーでもいいのですが、
工具がナメて使い物にならなくなるのは困ります。

DSC02716amx6.jpg
↑クイックを回し締めして、横方向に外れなくしてから
六角部分をスパナで回してみました。
本来は 手で締める工具なので この方法でゆるまない道理はないのですが、
この状態から かかりを乗り越えて工具だけが回りました。
無理にやると 本当にどちらもナメます。困りました。

もちろん、このふたを締めるときに
スパナを使ったというわけでは無いそうです。

DSC02725amx6.jpg
ネダ星人は、ネダホイールを ここで晒されることについて
(→こちら)(→こちら)(→こちら
口では嫌がっているようですが 実際は大喜びのようです。
先日も、ネダホイールをモチーフにしたコースターを作って
持ってきてくれました。

それはともかく、G3ハブのユニット固定フタを回す
金属(アルミ)製の工具を作りました。

DSC02718amx6.jpg
ゆるみました。
初動だけ ゆるめば、あとは純正工具でも回せます。

DSC02719amx6.jpg
↑寸法ドンピシャ
うっすらヘアライン仕上げと プロヴィデンスの目が こだわりポイントです。
外して分かったことですが、
塩とホコリが混ざったような汚れが積もっていたせいで
フタが固着していたようです。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 0

キシリウムSLRさん  

お客さんから キシリウムSLRをお預かりしました。
DSC02712amx6.jpg
DSC02710amx6.jpg
前輪のみ 振れ取りの履歴があるということです。
リヤハブの玉当たりに調整に うっすらガタあり、
フロントハブは なぜか締まりすぎだったのでゆるめました。
前後輪ほぼ振れ無し、前輪が紙1枚ほどのセンターずれで
後輪はドンピシャと ほぼ問題無しなのですが、
後輪が明らかにヌルかったので 張りました。
たぶん 乗って分かるくらいの違いは出たと思います。

DSC02709amx6.jpg
リムの中に切削カスの大物がいました。
これは元からだと思いますが、
ジクラルスポーク用のねじ穴を設けた際に
切り離されずに リム内部に落ち込まなかった切り粉が
振れ取り作業によって プツンと切れてリム内部に落ち込むことが
まれにあるようです。
なので この手の取り出しは作業後にすることにしているのですが、
作業中に カラカラとうるさいので気になりました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール5号の後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC02720amx6.jpg
のむラボホイール5号の後輪を組みました。

DSC02721amx6.jpg
エボライトハブ24H 黒半コンペヨンロク組みです。
結線は あとでやります。

DSC02723amx6.jpg
基本は黒アルミニップルで、
バルブ穴とリムの継ぎ目を結んだ線と直交する位相 4穴ずつだけ
赤アルミニップルに、という前輪を先日 組みましたが、
あれの相方なので後輪も同様です。

あと、お客さんの希望で フリーボディの空転を可能な限り うるさくしました。
ギエー。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

お休みをいただきます  

明日 12月8日(木)ですが、
のっぴきならない用事があるので お休みをいただきます。
DSC02708e.jpg
そういえば先月の最終土曜日は休みだということも忘れて
ふつーに 今日もホイー(以下略)。など仕事をしていましたが、
それの代休というわけでも ありません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

アイオロス5さん  

お客さんから アイオロス5をお預かりしました。
DSC02697e.jpg
DSC02699e.jpg
ワイドリムのWO仕様です。
前後輪とも ほぼ振れ無しで センタードンピシャ、
しかもスポークテンションがキッチリ張られています。
前後輪ともこの状態というのは
吊るしでは考えにくい(というより ありえない)ので
どこかで ちゃんと点検していると思うのですが、
お客さんが最初のオーナーではないということなので
はっきりしたことは分かりません。

DSC02698e.jpg
DTのシマノ11Sフリーボディです。
10Sフリーボディから交換した場合、
右エンドナットが10Sよりも長いものになるので
ハブの右半分だけが伸びる格好となり、
新しいオーバーロックナット寸法に対して
リムが左(反フリー)側に ずれることになります。
10Sフリーボディからの交換の場合、
それによって起きたセンターずれは「直すな」というのが
トレックの公式見解らしいですが、何をばかげた事を。

同社の旧マドンのBB下のダイレクトマウントブレーキに
この幅くらいのワイドリムの後輪を取り付けた場合、
ブレーキシューをあらかじめ薄いものにしたとしても
リムとのクリアランスが非常に少ないので、
10S→11S化によるセンターずれを修正しなかった場合
リムにシューが常時 擦る状態になってしまいます。
今回の場合は元から11Sフリーボディだったと思いますが、
いずれにしてもセンタードンピシャなので その点は問題ありません。

このアイオロスと 一つ前の記事のボーラワンは
同じお客さんのものですが、
どうしてもリムがブレーキシューに当たるので
センターずれ疑惑を払拭したいということでお預かりしました。
ホイールには問題無しで しかも元から及第点という結果でしたが。

利く利かないは別として、
デュラエースのダイレクトマウントブレーキ(BR-9010)よりは
フレームに元から付属しているブレーキのほうが
調整幅が大きかったように思います。
また、BR-9010より後に出た BR-6810は
リヤブレーキのスプリング調整のほかに、
そのスプリングをかける位置が2ヵ所から選べる
(出荷時は弱い方にかかっている)ようになっているので
調整要素がひとつ多くなっています。
また、今回の件とは関係ありませんが
現行のイーストンの28mm幅カーボンリムの後輪と
旧マドンの組み合わせでは、元から厚みが薄いブレーキシューを
さらに削って使う必要があります。
私がやったときは、イーストンのリムに性質上合うとは思えない
スイスストップの「イエローキング」のイーストンとのWネーム仕様で
通常の厚みのものを、1mm薄い同社の「EVO」と同じところまで
薄く削りましたが それよりもさらに削る必要がありました。
もちろん、シューの使用期間は短くなります。
ボントレガーに 特別に薄いシューがあるのですが
それはスイスストップのEVOと同じようなものです。

お客さんは遠方のかたなので 私がブレーキを見ることはできませんが、
ホイールに問題が無いことだけは確認させてもらいました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター