のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ゾンダさん  

お客さんから ゾンダの前輪をお預かりしました。
DSC06861amx6.jpg
DSC06862amx6.jpg
スポークがとんでいますが、側溝に落ちたのが原因だそうです。

DSC06863amx6.jpg
スポークの在庫があったので すぐ直りました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

シャマル ミレさん  

お客さんから シャマルミレの後輪をお預かりしました。
DSC06857amx6.jpg
スポークが曲がっているので 交換してほしいとのことですが、

DSC06858amx6.jpg
リヤメカの巻き込み(たぶん)で ひどく曲がっている
このスポークは 実は二撃目で、

DSC06859amx6.jpg
↑時計回りに隣のスポークが かすかに変形しているのが
一撃目のようです。

DSC06860amx6.jpg
直しました。

DSC06881amx6.jpg
↑換えたスポーク

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

404さん  

お客さんから 404をお預かりしました。
DSC06853amx6.jpg
DSC06855amx6.jpg
WOリムです。
前後輪ともセンタードンピシャ、振れもほぼ無しで 非常に優秀でした。
フロントとリヤ右のスポークテンションも、
あえての増し締めが不要なほど張られています。
で、リヤ左がヌルいのですが センターが出ていて
リヤ右のテンションがほぼ袋小路である以上 どうすることも出来ません。
これでも、先代や先々代のハブよりは 寸法的にマシなのですが・・・。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

キシリウム プロ カーボンと コスミック プロ カーボンさん  

お客さんから キシリウムプロカーボンをお預かりしました。
DSC06844amx6.jpg
DSC06845amx6.jpg
チューブラー仕様です。
スマートエンヴィのリムの最外層を化粧カーボンにしたものっぽい
そこそこのハイトのリムを イソパルス(フリー側ラジアル組み)で
組みましたというようなホイールです。
従来のスチールスポークのキシリウムエリートだと
フロント18H・リヤ20Hであるところ このホイールではリヤ24Hとしています。
マヴィックには珍しく CX-RAY並みと思われるスポーク比重の
スクエアエアロスポークを採用しているのも、リヤ24Hだからでしょう。
マヴィックは、カタログ重量が重たくなることにビビらず
スチールスポークのホイールは 割りとゴツいものを採用する傾向があります。

DSC06846amx6.jpg
フリー側のスポークヘッドは、ガチガチに保持しています。

DSC06849amx6.jpg
DSC06847amx6.jpg
同じお客さんからなので まとめます。
こちらは コスミックプロカーボンで、クリンチャー仕様です。
キシリウムプロカーボンのハブを流用しているので
従来のコスミックとは違い リヤ24Hでイソパルスです。
リム高だけ変えて キシリウムとコスミックを切り替える手抜き・・・ではなく

DSC06848amx6.jpg
こちらは幅広エリプティックエアロスポークで、
指を切りそうなほど鋭い形状になっています。
先ほどのキシリウムと スポーク比重が違うのとスポークが短いのとで、
エアロうんぬんは別として ホイールの硬さも違います。

点検ですが、どちらも後輪にセンターずれがあり
とくに コスミックのほうがひどかったです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

レーシングスピード XLR ダークラベルさん  

お客さんから レーシングスピードをお預かりしました。
DSC06842amx6.jpg
DSC06843amx6.jpg
後輪にセンターずれとハブのガタがあった程度で、
前後輪とも振れは軽微でした。
内蔵ニップルなのでタイヤを剥がしましたが、
前輪はそのままでもいいかと思えるくらいでした。
でも 振れ取り台で検知できる横振れを放っておくのもなーというのと、
お客さんが遠方のかたなのでキッチリ直しました。
当店の近くのかたであれば 次タイヤ換えるときに
ついでにやりましょう、という提案をする可能性が高いです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター