FC2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

LOOKのAC364フレームにボトルケージ穴を取り付けました  

ドリルがうなる!
DSC06502amx12.jpg
お客さんから LOOKのAC364フレームをお預かりしました。
このフレーム、ピストフレームですが
純粋な競技場での使用のみを想定しているわけではないので
前後ブレーキ用の穴があります。
というか むしろこれを競技用に使う人の方が少ないのでは・・・?
明らかに「狙った」カラーリングですし。
やめろ その色は私に効く(→こちら
リンク先のは フォークとバックステーがメッキですが。
これにボトルケージ穴を取り付けてほしいというのが お客さんの希望です。
通勤用バイクにするそうで、ダウンチューブだけで十分だと思うのですが
シートチューブも あけてほしいというので やりました。

DSC06504amx12.jpg
シートチューブ下穴
DSC06505amx12.jpg
ダウンチューブ下穴

DSC06506amx12.jpg
リベットナットをカシメました。
穴位置は お客さんが持ってきたボトルケージの現物を基にして、
仮に 穴の高さが違うボトルケージに 後日 変更したとしても
ボトルケージ同士が干渉しないだろうという位置で、
かつ なるべく低い位置にしています。
ロードのフレームの場合、シートチューブの穴の位置については
フロントメカのバンドとの干渉を考える必要がありますが
このフレームでは関係ありません。

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 0

カヨのボトルケージ穴を打ち直しました  

ドリルがうなる!
DSC06094amx12.jpg
お客さんから フォーカスのカヨを お預かりしました。
上の画像はトップチューブのCAYOの文字が
左側から見たときに正向きになるのを、
右側から見ているので逆になっているAの部分です。

DSC06088amx12.jpg
シートチューブのボトルケージ穴のうち
上側の穴のねじ山がバカになっていて、M5ボルトが すっぽり通ります。

DSC06089amx12.jpg
ぎゅいーん。

DSC06090amx12.jpg
DSC06091amx12.jpg
ブラインドリベットのフランジを きれいに切りとばし、
残りを ポンチで軽くトンと叩いてフレームの中に落としました。
BB側に落とすと面倒なので、落とすときはフレームを逆さにして
シートポスト側から出しています。

DSC06092amx12.jpg
フレームが薄いからか 接着剤が厚く盛ってありました。

DSC06093amx12.jpg
なので フランジ直下の部分が 少し持っていかれています。

DSC06096amx12.jpg
普段 ブラインドリベットの打ち込みで
エポキシ系接着剤を使うことは あまり無いのですが、
今回は使っています。

このフレームを売ったショップは すでに滅びているので
当店に お持ち込みされた、ということになっていますが
滅びてなくても どのみち当店に お持ち込みされている気がします。

これとは別件で今日 聞いた話ですが、
お客さんが「のむラボに持っていく」と言うと
「ウチで触ったとか(のむラボに)言わないで」と
念を押すショップがあるようです。
それが嫌なら自分のところで解決すればいいのでは?

実は、ここに書くかどうかは別として
そういうのは だいたい聞き出しています。
しかし 聞き出す条件が「ここには店名を書かない」
だったりすることが多いので ご安心ください。
でも あまりにムカついた場合などは
「作業を引き受ける条件が ここに店名を晒すこと」になることもあるので
やっぱり ビビって震えてろ。

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 0

ノースウェーブのシューズのSLW2ダイヤルをバラしました  

ドリルがうなる!
DSC05796amx12.jpg
お客さんから ノースウェーブの冬用MTBシューズをお預かりしました。
今回、ドリルが うなっているというのは
画像にあるボッシュのドリルが
「うお~ 俺と同じような配色だぜ!」と うなっているだけであり
何か穴をあけたりしたわけではありません。

DSC05797amx12.jpg
買ったときから SLW2ダイヤルのワイヤーが
1ヵ所 かかっていなかった、とのことですが
これ、通しじゃなくて引っかけなので
製造ミスなどではなく 引っかけが外れただけです。
食い込みが深いので 容易に外れないのは確かですが。

当初、表題及び本文で boaダイヤルとしてありましたが
ノースウェーブの自社規格のSLW2ダイヤルでした。
ご指摘のコメントありがとうございました。

DSC05798amx12.jpg
それとは別に、ダイヤルの動きが シブかったので
分解し ワイヤーを全て引き出して 丁寧に巻き取り直しました。

DSC05799amx12.jpg
できました。

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 0

インフライトからボトルケージを外しました  

ドリルがうなる!
DSC04104msn3.jpg
お客さんから キャニオンのインフライト CF SLXという
シクロクロスバイクを お預かりしました。
ダウンチューブのボトルケージのねじの六角穴(3mm対辺)が
上下どちらもナメて ボトルケージが外せなくなったということです。

なにが困るって、出走するカテゴリーにもよりますが
ボトルケージを付けていると シクロクロスのレースに出れないんですよね。


さらに、ねじのトラス頭が ボトルケージの凹み形状に
ツライチから ややマイナスで入っているので
(プラスだと ねじの頭がボトルに擦る)、
ネジザウルス(商標)で 頭をつかむこともできません。

DSC04103msn3.jpg
ダウンチューブ上側のねじは トラス頭をドリルで切り飛ばして
イモネジ状態の残りを回収しました。
上の画像の時点では イモネジを すでに少し出しています。
もし ねじ山が錆びなどで固着していたら・・・
リベットナットの打ち直しになります。

DSC04100msn3.jpg
下側のねじは ボトルケージを回転させれば
供回りで ゆるんでくると思ったのですが
そうでもなかったので マイナスドライバーのつかみしろを作って ゆるめました。

少し 余計なことをした痕跡があったので
当店に持ち込まれる前に どこかで見てもらったのか訊いたところ
某ショップで30分くらい見て 匙を投げたそうです。

ちなみに 当店での作業時間は全部で10分足らずです。
余計なことをしていなければ
私が こんな荒事に出る必要は無かったかも知れません。

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 1

フィブラ2のダウンチューブ裏にボトルケージ台座を増設しました  

ドリルがうなる!
DSC01893amx12.jpg
お客さんから カレラのフィブラ2のダウンチューブ裏に
ボトルケージ台座を増設してほしいとお願いされました。

DSC01894amx12.jpg
トピークの「QR ケージマウント」という
ボトルケージごと 横にスライドさせて取り外せるようになるアダプターに
エリートのボトルケージを取り付けていますが、

DSC01892amx12.jpg
後付けバンド(どこのメーカーかは不明)から
QRケージマウントの固定ねじ(構造上 非常に短い)が
ブルベの走行中に外れて エライ目に遭ったとのことです。
ボトルケージにある 汚れた擦り傷は その痕跡です。

DSC01896amx12.jpg
↑こんな感じに擦ったらしい

DSC01897amx12.jpg
ダウンチューブ裏にボトルケージ台座を設けますが、
それとは別に フレームに
シマノの電動コンポの外付けバッテリー用の台座(M4×2個)と
コードを出すための穴が すでにあります。

DSC01898amx12.jpg
取り付け位置を吟味したところ、
フロントタイヤと フロントインナー変速時のチェーンに干渉しない
ちょうどいい位置が バッテリーの下側の穴と
コード用の穴に重なることが分かりました。
今後 電動コンポにする可能性が無いということなので
これらの穴を拡張することにします。
M5ねじのリベットナット用の穴径は7mmですが、
コード用のいびつな形状の穴が 上下は すでに7mm以上あり、
左右は 7mm未満となっています。
7mm以上の部分は うまくすれば リベットナットのフランジに隠れると判断し、
そうなるように拡張することにしました。

DSC01899amx12.jpg
まずは M4リベットナットをM5化するために
ギリギリまでフランジを削り、
DSC01900amx12.jpg
めくり上げて・・・
DSC01901amx12.jpg
フランジ以外の部分をフレームに落とします。

DSC01988amx12.jpg
時系列が飛びますが 回収しています念のため。

DSC01903amx12.jpg
バッテリー台座のM4リベットナット×2ですが、
穴がフレームの中心線から外れていて まっすぐにあいていません。

DSC01905amx12.jpg
M5化する穴と コード用の穴は
ほぼ芯ずれしていないので まあいいか。

DSC01906amx12.jpg
M5リベットナット用の下穴をあけました。

DSC01907amx12.jpg
リベットナットをカシメました。

DSC01908amx12.jpg
元のいびつな穴ですが、リベットナットのフランジで ほぼ隠れました。
この角度からは見えないのですが、
DSC01909amx12.jpg
厳密には、うっすら フランジから出ています。
問題となる程度では無いでしょう。

DSC01889amx12.jpg
作業前の画像になりますが、
ROTORの「コボ エディション」赤クランクに
こんなチェーンリングを取り付けているフィブラ2とか
誰のバイクか 特定されるんじゃないのと言ったところ
別にかまわないと言われました。






DSC01890amx12.jpg
DSC01989amx12.jpg
コボ エディション

category: ドリルがうなる!

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター