のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

花(フラワー)  

私信です。ねじり組みですが、最終交差の2ひねりではなく
最終交差で1ひねり・その手前で1ひねりにすると
DSC00173amx8.jpg
こうなります。

DSC00174amx8.jpg
↑張ってません。

DSC00175amx8.jpg
DSC00176amx8.jpg
DSC00177amx8.jpg
張りました。

DSC00178amx8.jpg
スポーク長さの補正値が分かったのでバラしました。
思うところあって15番プレーンにしましたが、そうでなくとも いけそうです。

あと、このスポークを切ったのは 先日書いたMCCのボルトクリッパですが、
MCCについてメーカー名を 松「坂」鉄工所と誤って表記していました。
コメントでのご指摘により 松「阪」鉄工所に訂正しています。
ありがとうございました。

category: ホイールの話

tb: 0   cm: 1

XR200リムの2:1スポークの後輪を組み直しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC06639amx6.jpg
お客さんから XR200リムで組まれた後輪をお預かりしました。

DSC06640amx6.jpg
ハブはリーフハブの親戚で、左右異数16:8Hの24Hになっています。
全CX-RAYロクゼロ組みで反フリー側ラジアル組みは
ヌポーク通しという構成ですが、
乗っていて何となく進まない気がするということなので
組み換えることになりました。

ニップルは外周側からも回せる銀アルミニップルですが、
つかみ部分は3.2mmの四角ではなく 5mmの六角です。
で、フリー側が扁平スポークを抑えながらでないと
ここまで張れんだろうというくらいキンキンに張ってあります。
重量級カーボンリムならともかく アルミリムでこんなに張るのはヤバいのですが、
XR200も異常なリムでして 300g台のリムで
こんなに張れるアルミリムは ほとんどありません。
うーん、それにしても張りすぎなんですが・・・。
で、こんなに張っても「かかりが悪い」的なことを言われるんですね。

DSC06642amx6.jpg
組み換えました。

DSC06643amx6.jpg
エボライトハブ24H 黒半コンペヨンロク組みです。
結線は あとでやります。
スポークの色が組み直し前と違うのは お客さんの希望です。
ニップルもDTの黒アルミに変更しているので 外周部からは回せません。
フリー側の第2スポークテンションだけなら 組み直し前を下回っています。
それでも、組み直し後のほうが走るホイールだと言われると思いますが。


2:1組みですが、今回のように
左右異数穴の専用ハブを用意しようとしまいと
汎用のリムであれば 24Hしか実質の選択肢がありません。
左右3本のスポークが 1つのまとまりで、
それが6ペアで18Hなのが
カンパニョーロなどの80mm高以上のリムの後輪、
7ペアで21Hが カンパニョーロとフルクラムの上位モデル、
8ペアでは24Hなので リム穴の穴振りさえなければ汎用リムでも可能、
9ペアで27HはカンパニョーロのヴェントやカムシンのG3で存在していました。

このうち汎用リムで組める穴数は18Hと24Hになりますが、
18Hの後輪をスチールスポークで まともに組むのは非常に難しいので
実質の選択肢は やはり24Hのみとなります。

2:1組みの後輪の反フリー側をタンジェント組みにしてしまうと、
ハブの条件などによっては
反フリー側のほうが高テンションになりかねないので
基本はラジアル組みで組むことになります。
ということは、2:1組みであってもホイールの性質は
反フリー側ラジアル組みの後輪のそれとなるので
駆動剛性というか、かかりのいい後輪に仕立てるのは難しくなります。

2:1組みは、左右のスポークテンションが非常に近くなるのは事実ですが
応力に対する ホイールの左右の変形が同じというわけではありません。
なのでスポークテンションだけを以って
「バランスが良い」とするのは早計です。
私が2:1組みの後輪を組まないのは、首折れスポークでやると
首のとびやすさが異常に高い(経験上 間違いない)ことと、
実際に使って 走るホイールだと思えなかったこともありますが、
24Hの2:1組みだと反フリー側のスポークが
たった8本しかないという点が問題を難しくしていると考えています。

リムがハブのオーバーロックナット寸法の中央にあるとして、
24Hの普通の後輪だと フリー側のスポークは
フリー側のスポークテンションの総和を12分割、
反フリー側も同じく12分割しています。
これが2:1組みになるとフリー側が16分割で
反フリー側が8分割になりますが、
この2つの後輪を 同じ第2スポークテンションで組むとすると、
いずれにしてもフリー側のスポークテンションのほうが高くなるので
リムの許容テンションはフリー側で出すことになります。
リムのセンターが出ている限り、
反フリー側のスポークが リムの許容テンションを超えることはありません
(極端な左右異径組みを盛り込んだ場合は別です)。
16分割のほうは総和に対する1本当たりのテンションが
12分割より和らぐので 同じ総和の量を分割すると
16分割のほうが低テンション(←第2ST)となります。
リムが定めているのは一般に「スポーク本数に関係ない第2ST」なので
スポーク1本当たりの第2STを同じにすると、
16分割のほうがホイール片側の張力の総和が増えることになります。
それに対して反フリー側は8分割なのでスポーク1本あたりが
オチョコ量からは考えられないくらいキンキンに張れるわけです。
しかし反フリー側の8本スポークというのは、
スポークテンションが同じであれば16Hの左右同数組みの後輪と
性質は大差ないので スポークとびが非常に起きやすくなります。
それを避けるためと、ホイール片側の張力の総和を
より広い断面積で受けたいという理由から、
私は「2:1組みをするのであればスポーク比重を大きめに取ったほうがいい」
という結論に達しました。それでも採用はしませんが。

CX-RAYのスポーク比重は約65%ですが、
これだと断面積が小さすぎて片側8本にするのはヤバいというわけです。
スポーク比重が同じく約65%の丸バテッドスポークの
レボリューションやレーザーで2:1組みを試みた場合、
反フリー側は完全に うにょーん発生域に突っ込んでしまいます。
反フリー側が うにょーんしないテンションだと
フリー側も相当にヌルく組まなければならなくなるので、
まともな後輪として成立しません。
スポーク比重85%くらいだと
なんとか反フリー側8本に耐えられるのではないか、
いや むしろ100%(チャンピオンやCXなど)でもいいくらいだというのが
私の経験からの結論ですが、左右逆異径組みをするわけにはいかないので
2:1組みはフリー側/反フリー側で
スポーク比重85%/85%や 100%/100%になる構成にする必要があります。
スポーク比重85%の首折れエアロスポークが安定供給されないというのも
手組みの2:1組みをしない理由のひとつです。
簡潔に書きますと、全CX-RAYや全エアロライトの
2:1組みはダメということです。

過去に私は、同じスポーク量であれば本数が多いほうがいい、
空力の不利より そっちのほうが大事、ただし うにょーんが起きない範囲で、
ということを書きました。
ラジアル組みの前輪で考えるとして、
スポーク比重×本数がだいたい同じになるのは
チャンピオンの20H≒コンペティションの24H≒CX-RAYの31H
ですが、この中で選ぶならCX-RAYの31Hが良いということです。
12:12Hの半コンペのフリー側を、
スポーク本数が変わってスポーク長さも変わることを無視した
簡易的なスポーク比重×本数だけのスポーク量で比較するとすると、
コンペ12本はCX-RAY16本に相当します。
スポーク量の差を保ったまま、左右同数半コンペを
左右異数全CX-RAYに変換したと言ってもいいです。
なので、半コンペ12:12Hと 全CX-RAY16:12Hは
ホイールの重量は ほぼ同じになります。
16:8Hの反フリー側8本が 16Hの普通の後輪並みにヤバいとしても、
16:12Hの反フリー側12本は 24Hの反フリー側並みの性質なので
スポーク折れを気にする必要はありません。
スポーク数の比でいうと4:3なので
2:1よりはスポークテンションの左右差は縮みませんが、
スポークとびのリスクは かなり軽減されます。
という後輪を組もうと思うと、28Hの穴振り無しリムがあったところで
組むことはできません。
24Hの2:1組みの場合は32Hのハブを穴とばしで組めますが、
4:3組みに流用できる左右同数/均等間隔穴のハブというのはありません。
ハブ側の左右の穴それぞれを12Hと16Hで設け、
リム側の穴のほうをニップルが重ならないように位相をずらして
均等間隔でないように設ければ そういうホイールは組めますが
(32Hのフリー側と 24Hの反フリー側をくっつけた状態)、
そうなるとリムもハブも専用設計のものが必要になるので
汎用の材料では組めません。
コリマには12:8H(比は3:2)で そういうホイールがありますが。

しかもコリマの場合、反フリー側の張力を断面積で和らげることを意識しているのか、
反フリー側のほうがスポーク比重が大きい逆異径組みを採用しています。

2:1組みの反フリー側の駆動時のたわみやスポークとびを
ほぼ解決する方法があります。アルミスポークにすることです。
レーシングゼロやシャマルウルトラのスポークで、
ハブ側直下でスポーク折れが起きたという例は
疲労でポッキリも 外的なショックでも 未だに見かけたことがありません。

じゃあスチールスポークの2:1組み、
ボーラやゾンダは走らないのかというと、そんなことはありません。
カンパニョーロとフルクラムの2:1組みのホイールでは、
安易に細いスポークを採用していないからです。
ゾンダは C17以前は左右異径組みですが、それの反フリー側でも
スポーク比重65%より大きいスクエアエアロのスポークになっています。
CX-RAY相当のスポークを採用しているのは
ハイペロンやニュートロンなど左右同数スポークのモデルに限られます。
あと、G3の場合はフリー側のスポークを
ハブフランジのほぼ接線方向に引いているというのが特徴で、
フルクラムのお休み位相のリム穴のモデルも
それに近い性質になっているので
これらを 普通の2:1組みと比べてはいけません。

ここまでをまとめると、左右異数組みは
ハブやリムを専用に設計するくらいで臨まないと
なかなか まともなホイールにはならない、
スポーク比重が小さいスポークを使わないほうがいい、
ということになります。

なので シマノのオプトバルや ローヴァルの後輪は
私の見立てでは 完組みホイールながら走らないほうに属します。
乗り心地が良いというのは否定しません。
ローヴァルのリム高が高いモデルについては、
リムの硬さで かなりいい方向にごまかされているとは思います。

なので先日、WH-9000のC24のチューブラーホイール(→こちら)が
左右異径組みなのには 本当に驚いたのです。
触って分かるだけの違いがありました。

今回の組み換え前のホイールですが、
2:1組み専用ハブをそのまま使い回すとして、
全CX-RAY以外で左右同径組みするとなると
全チャンピや全コンペしかないわけですが、
おそらくどちらで組んでも かかりに関しては良くなると思います。
重量は重たくなってしまいますが。

スポーク長さを無視したスポーク量では
先ほど書いたようにCX-RAY16本と コンペ12本はほぼ同じになります。
これは今回の 組み換え前と組み換え後のフリー側のスポークと
番手と本数が合致しています。

DSC06641amx6.jpg
DSC06644amx6.jpg
となると あとは反フリー側の勝負ですね。
CX-RAY8本ラジアル組みと 12本タンジェント組み、
どちらのほうが構造体としてフリーボディの回転方向のねじれに強く
スポークとびのリスクが低いのか、という話です(上の画像)。
しかも後者は 結線もします。フヒヒ。
CX-RAY4本分だけ、組み換え後のほうが重たいことは
事実なので否定はしません。
ただ、それによって得られるものと失うものを 要素の大小で考えると
組み換え後のほうが性能的に劣っているとは考えにくいのです。

2:1組みはじめ左右異数組みはダメだ、と言っているわけではありません。
もしやるなら かなり練った構造にしない限り
左右同数組みには勝てないということです。
24Hの穴振り無しまたは右左右振りの
均等間隔穴のリムで組むくらいなら、
左右同数組みで組み方を突き詰めるほうが良いです。

ストレートスポークのハブを採用する、というのは
首とびに対してのリスクはかなり軽減されますが
ホイールの性質(駆動ねじれ剛性など)が
劇的に改善するわけではありませんので
「練った構造」には該当しません。

というわけで、のむラボホイールには
2:1組みを採用しないのでありました。

category: ホイールの話

tb: 0   cm: 1

XR300リムで後輪を組みました   

今日もホイー(以下略)。
DSC05809amx6.jpg
先日の続きです。
XR300の銀リムで後輪を組みました。

DSC05811amx6.jpg
リーフハブっぽいリヤハブ24H
半コンペヨンロク組み結線ありです。

DSC05812amx6.jpg
スプロケットがスプラインに噛みこむのを防ぐ
アンチバイトガードが付いているフリーボディです。
ノヴァテックのものより薄い鉄板ですが、
120°位相で3ヵ所に入っているので
効果としては十分だと思います。

DSC05814amx6.jpg
反フリー側にテープで留めているのは
オーバーロックナット寸法を
130mmから135mmにするアダプターで、

DSC05807amx6.jpg
DSC05808amx6.jpg
それ込みでセンター出しをしています。
これがなかなか絶大でして、反フリー側の結線が
不要じゃないかと思うくらいのホイールに仕上がりました。
お客さんの希望なので やりましたが。

結線について 競輪関係から さらに知った話があるのですが、その前に。
競輪で使われるアラヤの16B GOLDというリムは
昔ながらの製法なので非常に軟らかく、
最近の 鍛造や切削やらが施されたリムと同じ調子で組もうとすると
スポークテンションでハトメが浮いてきて、
最悪ニップルがリムを突き破って割れます。

というリムなのですが、決戦用として
使い捨てのつもりで ハトメが浮くほど張った場合は
結線の効果があんまり分からない、ということでした。
これと、私がフリー側の結線をしない理由は おそらく同じです。
体感できるほどの違いが現れないなら飾りと一緒、というわけです。
反フリー側に施した場合は駆動剛性に関して
体感上の違いがあるので やりますが。
競輪の後輪の場合は、両切りハブならオチョコ無し、
片切りハブは(例えばデュラエースなら)オチョコがありますが、
それほど大きいものではありません。
右側からスプロケットが10枚も11枚も押し寄せてきて
大きなオチョコを取らざるを得ないロードバイクの場合は
考えられることをやり尽くしても なお 反フリー側のほうがヌルくなります。

DSC05815amx6.jpg
私が持っているチネリのスーパーコルサは
リヤエンドが126mmなのですが、
ピナレロのステルヴィオという(峠の名前が付いた)フレームと
後輪(カンパニョーロのボスフリー用ハブ)を共用していた時期があります。

ステルヴィオのリヤエンドが130mm幅なので、
DSC05816amx6.jpg
ハブシャフトのスペーサーを左側に4mm足して、
130mmの後輪に変換していたことがありました
(そんなにしょっちゅう 変換していたわけではないですが)。
右側のエンドのWナットも一旦ゆるめて、
ハブシャフト自体も左側にずらす必要があります。
なので エンドにかかるハブシャフトのねじ山部分が少し浅くなります。
もちろん これだけだと新しいオーバーロックナット寸法の
ホイールセンターに対して リムがずれたままになるので、

DSC05817amx6.jpg
リムの位置を 寸法を増やした側に、
増やした寸法の半分だけずらしてやる必要があります。
増やす4mmですが、左右2mmずつや 右だけ4mmというのはいけません。
変速(スプロケット)の位置が変わるというのもありますが、
右だけ4mmの場合はホイールの理屈的にも悪くなるからです。

リムを反フリー側に寄せるというのは
「一方的に反フリー側だけを増し締めできる」ということで、
この2mmというのは たった2mm・・・どころではなく
絶大な是正になるのです。
これは、乗り手としての 乗ってどうこうでも分かるかも知れませんが
組み手としてのホイールを組んだ感触だと 確実に違いが分かります。

というわけで今回のホイールも、
リーフハブで組んだのむラボホイール1号を
130mmでの完成状態から
さらにリムが2.5mm反フリー側にずれるまで
一方的に増し締めしたのと同じ状態になっています。
なので左右のスポークテンションの差が非常に少ないのです。

これと同じ効果を得られるのが オフセットリムだというのは
たぶんここまでで多くの方が気付いたと思いますが、
今回のこれも フランジ幅の損失無しでオチョコが軽減されています。

そのうち書こうと思っていたのですが、
キャノンデールのMTBやシクロクロスなどで
142mm幅のスルーアクスルエンドを
フリー側を6mm伸ばした形でオフセットした規格があります。
それでホイールを組めますか?というコメントを だいぶ前にいただいていますが、
リヤハブは142mmの汎用品でもいいということなので もちろん組めます。
スポーク長さの計算もそれほど面倒ではないですし、
既存の142mm幅の後輪であっても
左右のスポーク長さがニップルの端面で終わっているような長さであれば
反フリー側を締めて フリー側をゆるめることで
スポークの交換なしに6mmオフセット状態にすることも可能です。

右側を伸ばすのはダメ、というのは左右同寸法だからという
既成概念の上の話で 左右異寸法ならいいだろ、という考えのようですね。
キャノンデールがそれをする理由は
リム直下にハブフランジ間の中心を持ってくる、
つまりオチョコを無くしたいからのようですが
フランジ幅が変わらないなら横剛性が劇的に上がるわけではありません。

DSC05824amx6.jpg
フレームの142mmエンドを71/71mmではなく
65/77mm用で設計するということです。
上の図 上が普通の142mm、下が6mmオフセットです。
ハブを基準にして描くとこうなりますが、

DSC05826amx6.jpg
実際は6mmの「オフセット」なので フレームのシートチューブの中心と
ホイールセンター(上の図の破線)の関係は変わりません。
スプロケットが外に出る形になるので チェーンラインの問題なども軽減されます。

リヤハブのフランジ幅は(例外はたくさんありますが)だいたい平均して56mm、
その内訳がフリー側21mm 反フリー側35mmといったところなので
6mmオフセットさせると フリー側27mm 反フリー側29mmとなり
フランジ幅は変わりませんがオチョコは減ります。
専用に設計すれば左右同幅、オチョコ無しのリヤハブも作れるでしょう。
この場合 多くの組み手に取って助かるのが、左右同径同本組みで
左右同テンション・同スポーク角・同スポーク長さになるということです。
ここでいう多くの組み手というのは、32Hのオープンプロリムを渡されたら
一生 左右同径スポークでロクロク組みかハチハチ組みをし続けることに
何の疑問も抱かないような人達のことです。
そっちの人たちに合わせたモノづくりというのは困りますね。
オチョコがひどくなってもいいから、フランジ幅を広げてもらうほうが
私としてはありがたいのですが。
スポークの左右バランスを是正する術はいろいろありますが、
フランジ幅の損失を取り戻すような方法は無いのです。
それに・・・オチョコが無い後輪だと結線する場合
左右ともにしなくちゃいけないので 面倒くさいだろうが!(←これが本音)

DSC05820amx6.jpg
私物ですが、一例を。

DSC05821amx6.jpg
130mm幅 オチョコ無しのWフリーハブです。

DSC05822amx6.jpg
よって 結線するなら左右すべてになります。

category: ホイールの話

tb: 0   cm: 1

別軸フランジと同軸フランジの話で使わなかったネタについて  

先日の長文の記事で使わなかったネタについて。
私は スポークの根元の横位置の類型として
同軸フランジと別軸フランジに大別しているわけですが、
タンジェント組みのように 半分ヌポーク 半分反ヌポークだと
厳密には同軸フランジではありません。
でもそれくらいなら同軸フランジとして扱うよ、という話ですが
それとは関係のない動機で
「エボハブを全ヌポークラジアル組みして高テンションで張ると
ハブシャフトの横ガタが出ることがあるが
半ヌポーク(反ヌポークではない)なら どうなんだ?」
DSC05614amx6.jpg
という のむラボホイール5号が こちらになります。

DSC05619amx6.jpg
↑半ヌポーク
一般に、タンジェント組みは 半ヌポークを編んだ状態になります
(2本組みを編むなら 全ヌポークか全反ヌポークになりますが)。

DSC05616amx6.jpg
DSC05617amx6.jpg
けっこう横位置が違います。
ハブシャフトのガタは出ませんでした。
おそらくはサンプル数を重ねても同じです(エボハブなら)。

ヌポークと反ヌポークのスポークテンションは厳密には違いますが、
変形量の大きいほうが必ずゆるむ(※)というほどの差は無いので
その点は問題ありません。
理論上 これは全反ヌポークラジアル組みより 横剛性が高いと思うのですが、
体感できる差が無い(スポークテンションの多寡のほうが大要素っぽい)ので
売り物には採用しませんでした。

※最終交差の2本のスポークで異径組みすると、
反ヤマアラシさん方向の細スポークが異常にゆるみやすくなります。
これは、結線で防ぐことができませんでした。
もし防げるとすれば、ストレートスポークの2:1組みで
フリー側交差異径組み 反フリー側ラジアル組み、
フリー側結線ありとか 面白い気がします。

category: ホイールの話

tb: 0   cm: 0

ソルダリング エグザミナ  

サクラ(SACRA)のホームページにて、
「結線ハンダ付けに意味は無い」という記事が上がっていますが
それについてどう思いますか?という質問を
コメントまたは来店された方から かなりの数 されています。
実は、私はまだ その内容を見ていません。
あらましは聞きましたが。

どうせ大したことは書いていないと思いますが
この記事を上げる直前か 上げたあとに見てみます。

しかし、意味が無いとは ずいぶん大きく出ましたね。
吐いたツバ飲むんじゃねえぞ。

結線が無意味などと書いた動機については、以前私が書いた
サクラのホイールについての忌憚無き意見(→こちら)に対する
しょーもない意趣返しといったところでしょうが、
そうであろうとなかろうと どうでもいいことです。
いい機会なので、結線ハンダ付けについて
私の考えなど詳しく書いていこうと思います。

DSC05452msn.jpg
確か 日本自転車振興会(NJS)でも試験をしていたと思いますが、
ホイールに静荷重(←加重の誤字をコメントでのご指摘により訂正しました)を
かけた際の変形量が 結線の有無で変わることは無かったと記憶しています。
ものすごくミクロまで見れば(例えば原子1個レベルということになれば)
そんなことも無いでしょうが、
とにかく有意な差は見受けられないということですね。

DSC05445msn.jpg
それはともかく 実験その1。
これは以前にどこかで書いた覚えがありますが、
お客さんが ペダルを踏み込んだときに 後輪から異音がするというので、
後輪単体の状態でロックリング回しを取り付けて
原因箇所を調べてみたことがあります。

上の画像は その再現ですが、工具の柄を持って下に力をかけると
ギチッ、ギチッと異音がしました。
どうも、黒スポークの 編んである最終交差が 変形で擦れて
音が鳴っているようです。

ここで重要なのは、手の力ごときで鳴ることと
再現性が100%(鳴らそうと思えば必ず鳴らせる)だということです。

で、最終交差に注油して音が鳴らなくなるかどうか調べようと思ったのですが、
左右同時に それをしてしまうと どちらか片方が原因だった場合
どっちだったのか分からなくなるので

DSC05446msn.jpg
まず、スポークテンションが低く より鳴りやすいだろうと思われる
反フリー側の最終交差だけに注油することにしました(上の画像)。
そうすると、必ず鳴らせたあの異音が 全く鳴らなくなりました。
鳴らそうとして、最初に鳴らしたときよりも 工具にかける力を大きくしましたが
それでも鳴りません。
ここで知ったのは、フリーボディの前方向への ねじれが
反フリー側の最終交差を それなりにたわませていたという事実です。
もちろん、工具の柄を持って手で締める力より
ペダリングの方が 力の大きさは上です。

念のため書いておきますが、上の画像2つは
そのときの状態を再現したものであって、
この後輪(先日 組み換えたFiRのスピードライトの 組み換え前)が
鳴るというわけではありません。
黒スポーク左右タンジェント組み最終交差編みありなので
使わせてもらいました。

DSC05443msn.jpg
クランクを踏み込むと、
チェーンが引っ張られ、
フリーボディが前に向かって回転し、
(おもにヤマアラシさん方向の)スポークがそれを受け止めることで、
タイヤが地面を蹴る、
という一連の動きの中で、最初のペダリングの力が
機械的損失や 材質の変形によって いくらか減ぜられるうち
上の図4のスポークの変形が 結線によって いくらか抑えられるのが
体感できる大きさの要素であったなら
結線によって「かかりが良くなった」と言えると思うのですが、
私含め 結線をした後輪を使った人の多くが
そういう感想を述べるので、結線は まやかしの類いではありません。
といっても当店では多くの場合、最初から結線をしているので
結線の有無の差だけを比べた人は多くはありません。
フリー側の最終交差を結線しないのは、これも体感の話になりますが
反フリー側ほど劇的に乗り味が変わらないからです。
苦労に見合うほど化けないので 私はやりません。
もちろん、オチョコが無いホイールの場合は別です。

DSC05402msn.jpg
DSC05403msn.jpg
↑結線6ヵ所(オチョコありのホイールなので片側のみ)による重量増

DSC05620msn.jpg
DSC05621msn.jpg
↑結線18ヵ所(オチョコ無しのホイールなので両側とも)による重量増
いずれも、最近組んだホイールです。
最終交差の角度によって鋼線の巻き数が変わるので
結線1つあたりの重量は一定では無いですが、
効果に対して微々たるものです。

また、結線によるハブやリムへのダメージについてはどうですかという
コメントをいただいていますが、リム穴にクラックが発生するのは
反フリー側のみ結線している後輪でも ほぼフリー側に限られますので、
クラックの発生に関しては経験上
スポークテンションそのものの方が大要素だと考えられます。

DSC04489amx6.jpg
つづいて実験その2。前後方向からのスポークにぎにぎです。
結線をしていない反フリー側の最終交差2本のスポークを
最終交差の外周側で握りこむと、最終交差の位置が外周に移動します。

DSC04490amx6.jpg
反フリー側の最終交差スポーク2本の中間、
フリー側のリム穴に目印のテープを貼っています。
このホイールを振れ取り台にかけて

DSC04491amx6.jpg
これでもかというくらいに交差を握ると
リムが反フリー側に向かって動きます。
最も外側に変形しきったところで 振れ取り台のゲージを当てました。

DSC04492amx6.jpg
手を離すとこうなります(ノーにぎにぎ状態)。
スポークにぎにぎによって、
上の画像2枚の状態を 往復するということになります。

DSC04495amx6.jpg
ハンダ付け無しの、鋼線の結束のみ やりました。
これは「結びの結線」なので、ハンダ付け無しであっても
スポークにぎにぎによる 最終交差の移動は起きなくなります。
仮に ただ鋼線を巻いただけの「巻きの結線」であったなら
スポークにぎにぎで 交差がギチギチと動きます。
ところが、巻きの結線であっても ハンダ付けをすれば一応は
最終交差の動きを殺すことができます。
ただ それは鋼線の結束が主体となっている固定ではありません。
結線にハンダ付けをしたあとで 余った鋼線を切るのですが、
ハンダに期待しているのは「結束のほどけ止めの仕事」だけです。
私の結線は ある競輪のフレームビルダーから伝授されたのが最初で
それがバージョン1ですが、その時点から結びの結線です。

DSC04493amx6.jpg
再び振れ取り台にかけました。
誓いますが、先ほどの ノーにぎにぎ状態と
リムとゲージの間隔は同じです。
狂わないように かなりの注意を払っています。

DSC04494amx6.jpg
そこから、思いっきりスポークを握りこみました。
公平を期しすぎるためにも、結線前で握った以上の力で握っています。
リムをゲージに当てることができません。
このホイールは結線以外は済んでいる状態なので 横振れは無いですが、
結線をしていない最終交差 残り5ヵ所は 握るとゲージに当たります。

これによって「最終交差のたわみが減るとシュータッチが起きにくくなる」と
したいところなのですが、
かなり前に「走行中のホイールの最終交差に
思いっきりにぎにぎ相等の応力はかかってませんよね?」というような
コメントをいただいたことがあります。確かに その通りです。
しかし、シュータッチする後輪を
ホイールの組み換えによって起きなくするという案件を
数え切れないほどやってきた経験からも、
結線の有無によって シュータッチが起きにくくなっているということは
まず間違いないと思います。
もちろん、そういう後輪の組み換え前の状態は
たいてい全CX-RAYのヨンヨン組みかヨンゼロ組みなので、
それを半コンペヨンロク組みにしたことのほうが大要素なのは確かです。

結線に意味が無いのであれば、
半コンペヨンロク組み結線無しと
半コンペヨンロク組み結線ありが
同じホイールということになりますが・・・どう考えても ありえません。


つづいて 競輪の結線について。
私の結線ハンダ付けは NJSビルダーに教わったわけですが、
当店のお客さんの元競輪選手の方にお願いして
現役の競輪選手にも色々訊いてもらったところ、
競輪の世界では今 皆がみな結線をする・・・というわけでもないそうです。
というのも、競輪ホイールの組み手の間でも 失伝しつつある技術らしく、
あと 競輪場で落車があった場合 ホイールの修理は
競輪場の検査員の方がするそうですが、
結線できる検査員が減ってきているということでした。
ただ、効果が無い 意味が無いと言っている選手は まず いないそうです。
競輪のホイールは、NJS認定を受けた機材で
36HハチハチJIS組みと組み方も決まっていますが、
結線してはいけないという決まりはありません。
リムは実質アラヤの16Bゴールドのみなので、
ホイールの性能差は 組み立て精度、わずかな差のスポークテンション、
ハブのフランジ径、結線の有無くらいしかないことと
機材に関して すさまじくセンシティブな人が多い(一部例外あり)ので
結線の有無の差が分からない人も ほぼいないのでしょう。
(あとで書きますが、結線の有無の差は
すさまじくセンシティブな人でなくとも分かるくらい大きなものです)

勉強になったのは、結線の効果が確実に分かるのは前輪だということでした。
モガいたときのたわみが違うとのことです。
これとは違う話になりますが、クリスキングのピンクのハブ32Hと
オープンプロのリムでラジアル組みの前輪を組んだ お客さんがいるのですが、
後日 趣きを求めてか タンジェント組みに組み直してほしいと言われて
やったことがありました(→こちら)。
それについて さらに後日、組み方の違いで 何か差はあるのか訊いたところ
間違いなく、確実に、絶対に気のせいではなく
「フロントブレーキが利くようになった」とのことでした。
スポークの変形自体が目に見えなくとも
体感レベルの差で現れることがあるという意味で、
私の中でこの2つの話は非常に大きな収穫です。

あと、この時点でもまだ サクラの記事は見ていませんが
「メーカーがやらないのも 意味がない証拠」と
いうようなことが書いてあるらしいです。
伝聞なので 書いてなかったらすみません。
メーカーがしない理由ですが、結線をする手間がかかることと
ショップの方で修理ができる体制を整えることが まず不可能だから、
というのが 1つめです。

2つめに、構造上タンジェント組みでも
完組みホイールによくあるストレートスポークの多くは
最終交差を編んでいないということがあります。
編んでいない交差は結線できません。
編まない理由は、スポーク(とくに黒スポーク)の接触が
異音の原因になるからです。
キシリウムエリートは完組みホイールとしては珍しく
最終交差を編んでいた時期がありますが、
そのときは 超扁平形状の銀スポークでした。
あと もちろん、そもそも反フリー側をラジアル組みしているホイールは
結線のやりようがありません。

DSC04661amx6.jpg
「メーカーのホイール」について 多少の例外を。
これはイーストンの後輪ですが、
ほぼ同軸フランジのスポーク2本の最終交差を編んでいます。
フリー側なので、異音の原因には まずなりません。
反フリー側は ラジアル組みです。
同軸フランジというのは ハブのほぼ同じ横位置から
スポークが出ているフランジのことで、一応のむラボ用語です。
詳しくは(→こちら
手組みホイール用のハブであっても、ヌポークと反ヌポークでは
スポークの根元の横位置が違うので 厳密には別軸フランジになりますが、
その程度の差は同軸フランジと見なします。

DSC05638amx6.jpg
同じような同軸フランジハブのレーシング3では
最終交差を編んでいません。
(編んでいても紙は はさめますが、明確に空いているという表現です)

なのでイーストンでは思うところあって編んでいると思われます。
編みの有無が違うのにスポークの重なりが同じ向きなのは、
ハブ側での組み方、イタリアン組み相当か 逆イタリアン組み相当かが
異なっているためです。

DSC05639amx6.jpg
↑こんな感じ

DSC05636amx6.jpg
DSC05637amx6.jpg
メーカーは結線をしないということは、
なるほど、これはメーカーには該当しないらしいです。
ラ、ライトウェイトさん・・・。

・・・いまサクラのホームページを見てきました。
確かに、結線をしても剛性は上がりませんと書いていますね。
それはサクラの中の人の知の及ぶ範囲ではそうなだけであって、
これは明らかに誤りです。
結線をしたところで ハブからリムに至るまでの
スポークのテンションに変化はありませんが、
ある方向からの応力に対する変形は確実に減っています。
それは先ほどの実験の通りです。

確かに ホイールをテンション構造だけで静的に見れば、
結線の有無に意味は無いかもしれません。
ホイールが直立した状態で、上下からプレス機に はさんで潰すとするならば
結線したホイールのほうが壊れにくい、ということはないでしょう。

実験その1で、反フリー側の最終交差に注油することで
音鳴りが無くなったと書きましたが、
もちろん 交差の摺動が無くなったわけではありません。
もし 実験その1で 注油無し結線ありという条件を付加したとすると
最終交差のたわみが殺されますから(でもスポークテンションは同じ)
音鳴りは起きなくなります。
この変化が実走時に「体感できる差」なのかどうかが問題ですが、
もし手ずから(←これめっちゃ重要)それなりの数のホイールを組んだことがあり
結びの結線の有無を乗り比べて その差が分からないというのであれば、
相当に目端が利かないとしか言いようがありません。残念ながら。
結線の画像も よそからの引用なので サクラの中の人が
本当に結線をしたことがあるのかどうかすら疑わしいですが、
もし実践をほぼ伴っていないにも関わらず 結線は無意味だと断じたのであれば、
主張そのものが あまりにも薄っぺらいものになります。
結線の効果については、あれこれ説明しなくても(あれこれ説明してきましたが)
乗って分からないはずが無いのです。
これが先ほど書いた「すさまじくセンシティブな人でなくとも分かるくらい大きい」
ということです。
のむラボホイールのほとんどは 反フリー側を結線していますが、
それらのホイールの使用者全てが「結線信者」というわけではないにしても
いくらかの効果を認めてくれる人が大半だと思います。
それらの人たちに私、あと競輪選手の多くを加えた人たちの目が
ことごとく曇っていて「結線などという意味の無いまやかし」を
信じているアホだとすれば サクラの中の人の主張が正しいわけですが、
どちらに分があるかは読者の方がご判断ください。

それとは別の話で 笑えるのが、
応力解析できるお絵かきソフトをお持ちのようですが
それを駆使して考えた結果(サクラホイール)が、
ヨンゼロ組みやヨンヨン組みだということです。
スポークの番手について触れてすらいません。
これはのむラボホイール1号でいうと
XR300リムで前後総重量が何g!程度の情報量です。
全CX-RAYと半コンペと半チャンピ、
ヨンゼロ組みとヨンヨン組みとヨンロク組み、結線の有無、
ハブの選定(とくにリヤハブ)、これらでホイールの性能はいくらでも変わります。
それらについて何も触れず リムの空気抵抗と剛性を
大要素として過大評価しすぎ(まるでそれでホイールの性能が決まるかのよう)、
ハブとリムの間の理屈を軽視しているのか浅学なのか
凡百のホイールから抜きんでた構造に仕上げていないホイールの
自己評価がなぜ かくも高いのか、私には分かりません。

初めのほうで 吐いたツバ飲むなよ、と書いていますが
これには意味があります。
伝聞なので私が直に見たわけではありませんが、
サクラのホームページに
「世界初のアルミ用ブレーキシューが使用可能なカーボンリム」というような
文言があり、いやXentis(ゼンティス)が すでに
昔からあるやろとツッコまれてその表現を取り下げたらしいのですが
(ホイール屋でゼンティス知らんのもやばいですが)、
この記事を読んだ結果「結線は無意味」とした表現を
どうか削除しないでほしいのです(消したら負けやぞ)。
そんな簡単に変節を重ねては 筋の通ったものづくりはできません。
どうか自説を枉げず、貫き通してください。

冒頭のリンク先の記事、
読んで気を悪くした方がいるとか商売の妨げになるとかで
削除を希望している(つまり結線についての記述を消すなと言っている私と逆)
らしいですが、
私が一生懸命(サクラ的には人生の時間の無駄使い)結んだ結線を
意味がないと断じたことによって 読んで気を悪くした方がいるとか
私の商売の妨げになるという可能性があることについては
思い至らないダブスタっぷりには驚きです。
とはいえ、私の結線した後輪を使っている人たちの大半は
「結線が無意味とか んなわけねーだろ」とツッコミを入れたと思いますが(笑)。
そのくらいの自信なら あります。
お渡し後のリサーチも 来店可能なお客さんの範囲では一応していますので。

あと、叩いているとかいうわけではないですよ。誤解のなきよう。
私自身の知識と経験に基づくホイール観に照らし合わせたときに
そういう感想が出てきただけであって、叩かれたと感じたのであれば
所詮その程度のものだというだけのことです。
サクラさんも自身の知識と経験に基づくホイール観に照らし合わせたときに
結線に意味がないという感想が出てきているようですが、
私はそれについて全く気を悪くしていません。いや本当に。

むしろこのような長文の記事を書く機会を与えていただきありがたい限りです。



追記:サクラの中の人から お電話があり、
ウチを名指しで叩くなということと
記事の削除をお願いされました。
何を言ってるのか意味が分かりません。
リンク先の記事やこの記事の内容が
サクラ叩きだと感じるなら、その程度のものだってことという
本文中の意味が分からないんでしょうか。
私は のむラボさんを叩いていない、とか言ってましたが
仮に叩かれてもいいですし、
どこかで のむラボホイールを入手して精査したところ
のむラボの言ってることは間違っている!という
技術的な批判(※)をしていただいても構いませんし(むしろ組んでやろうか?)、
のむラボの文章の端々から 書いた奴の性格がクズだということ(事実です)が
にじみ出ている、という人格攻撃をしてもらっても 別にかまいません。

※結線は無意味、と述べるのは技術的な批判であり人格攻撃は含みません。
なので その点について私は全く怒っていませんし、
この記事は その技術的な批判に対する批判であり、
サクラへの攻撃の意図はありません。
重ねて書きますが なぜ叩いていると思うのか。

記事の削除は拒否します。
私は 吐いたツバを飲んだことが無いので。
このブログで私の書いたことが誤りであった場合、
訂正や 指摘についてのお礼を述べたことは多々ありますが、
記事そのものの消し逃げは やったことがありません。
誤字脱字の訂正くらいはありますが。
この記事の表題、イグザミナーではなく
エグザミナと表記しているのも ちょっとした誤りなのですが、
それ以上にちょっとした こだわりがあるので これで行きました。

今後は当ブログでサクラについての言及はやめてくれと言うので
それについては同意しました。正直、どうでもいい相手です。

あと ひとつだけ。サクラのホームページ中にある
アルミスポークに意味が無いという記述について
私なりの考えを述べよという宿題をたくさんの人からいただいています。

今後はサクラについて言及を避けるので
最後に ここに 原文ママで明らかな誤りを引用しておきます。
「市場にあるアルミスポークとステンレススポークは
だいたい同じ重さで作られているようだと感覚的に分かります。」
「アルミスポーク20本でステンレススポークで21本で組んだ相当の
剛性がでることになります。」
「ようするにアルミスポークは工学的に意味がありません。」

ついでに少しコメントのお返事を。
「リムを固定しヤマアラシ方向にあらかじめ与圧を掛けた状態で、
半田つけすると、より駆動時の変形が押さえられるのではないでしょうか? 」
ということですが、私は やったことはありません。
固定と与圧の方法も思いつきません。
やったことが無いうえで書きますが、
左右のスポークテンションが揃う状態に復元したがる力が
常にかかるのが気になります。
でも面白いですね。
ヤマアラシさん方向と反ヤマアラシさん方向のスポークについては、
ものすごく極端な話 モガキ倒した瞬間の後輪は
ヤマアラシさん方向のスポークしか仕事をしていない(※)ので
最終交差のスポーク2本で異径組みをする
(もちろんヤマアラシさん方向のスポークのほうが スポーク比重が大きい)、
というホイールを組んだことがありますし、
GIANTの完組みホイールにもそういうのがありますが
(すでに記事用の画像は撮ってます)、これは失敗作でした。
それについては またいつか。

※この瞬間に、反ヤマアラシさん方向のスポークにも
いくらかの仕事をさせるのが 結線ハンダ付けです。

さらにコメントのお返事を。
最終交差を編んでいるホイールが少ないのは承知の上で、
結線できる完組みホイールで結線をしたことがありますか?
したなりの効果は見込めますか?
というコメントをいただきました。
のむラボ開店以後はありません。無かったはずです。
WH-R500でやったことはありますが・・・。
条件に合致するホイールって本当に少ないんですよね。
先ほど例に上げた 編みありのキシリウムエリートですが、
もしやれば体感できるだけの差は出るのではと思います。

さらに追記。ちょっと調べたら出てきました。
編みなし黒キシエリは(→こちら)、
編みあり銀キシエリは(→こちら)です。

category: ホイールの話

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター