のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

スピード55C祭り  

フルクラム屋さんに行ってきました。
fulcrumyasanamx8.jpg
の:あれを いつつつつんでくださいな。
問:あいよー


DSC00711amx8.jpg
届きました。

DSC00712amx8.jpg
スピード55Cです。
2018年モデルですが、箱に書いたのは私ではありません。

DSC00713amx8.jpg
マヴィックと同じく、フルクラムも ミドルグレードモデルまでは
ホイールバッグが付属しない仕様になりました。
「スピード」は「レーシングスピード」に代わる 新フラッグシップだからか、
ホイールバッグが付属しています。

ホイールバッグのデザインが新しくなり、
DSC00714amx8.jpg
ジッパーの部分に紐が付いて 開けやすくなりました。

DSC00715amx8.jpg
ホイールの色展開が、ダークラベル寄りの この色のみとなりました。
種類が少ないのは 仕入れるほうとしては都合がいいです。
ちょっと前のカンパニョーロ バレットにも似ています。

DSC00717amx8.jpg
すべてシマノ仕様で仕入れました。
カンパニョーロ仕様との違いは フリーボディとブレーキシューですが、
今回の入荷分に限っては差額無しでの仕様変更を受け付けます。

DSC00718amx8.jpg
気付いたら拭いていますが、
白アルミフリーボディが うすら汚れているのは
私ではなく ルーマニア人のせいです。

DSC00719amx8.jpg
AC3リムについて。
(とくに雨天時の)制動力が向上したという
ブレーキゾーンの鮭の切り身的な処理ですが、
私はこれに否定的というか 元々ブレーキが利くカーボンリムなので
ありがたみが薄いのでは、と思っています。
ブレーキシューの摩耗が早まるというデメリットもありますので。
しかし ある人から聞いたところによると、ブレーキシューが
スイスストップのブラックプリンスだと ゴリゴリ減るところ
純正のシューだと そうでもないとのことです。

純正のシューのほうが ブラックプリンスよりも安いので
わざわざメーカーの指定外のそれを使う理由は薄いですが、
色んなメーカーのカーボンホイールを ブラックプリンス一手で
とっかえひっかえしているので そういう状況になったということでした。

スピード55Cですが、本国サイトと 私の手持ちの資料どちらとも
前後別での公称重量が書いてありません。
それによれば55Cが1470g、40Cが1420gとなっています。
前後で50g差ということは40Cと55Cのリムの重量差が25g、
55Cのほうがスポークが短いことを勘案すれば
実際は30gちょっとといったところでしょうが、
15mmのリム高の差で 約30g差(たぶん)というのを
実質トントンと見なすのは ちょっと甘いかもしれません。
私は外周部重量至上主義で、特定の競技形態を除いて
ホイールの空力特性というものを低く評価しがちなので。
リム高が高くてもそこそこ軽いリムであればいいのですが、
クソ重いディープリムで リムの重さのデメリットより
空力特性のメリットのほうが大きくなる、ということはありません。


スピードのクリンチャーモデルはUSBベアリング仕様のみ、
チューブラーモデルはCULTベアリング仕様のみなので
これをカンパニョーロのボーラと比較するなら
ボーラワンのクリンチャーと ボーラウルトラのチューブラーが対象になります。

DSC00725amx8.jpg
というわけで、それらの公称重量を書き出してみました。
ボーラウルトラ50Tより スピード55Tのほうが65g重いです。
これは リム高5mmの差と、2:1よりG3のほうが
スポーク長さが短いことが理由だと思われます。
が、ボーラワン50Cと スピード55Cでは
なぜか スピードのほうが15g軽くなっています。
なのでクリンチャー仕様を買うならボーラワンよりスピードですよ!
という論調で〆たいところなのですが、
この逆転の理由について正直に書きますと

DSC00724amx8.jpg
DSC00722amx8.jpg
理由の大半はフロントハブにあると思われます。
ボーラワンは前後ともアルミハブ胴ですが、
スピードCのフロントハブは スピードTと同じく
ハブ胴がカーボンになっているのです。

DSC00720amx8.jpg
DSC00721amx8.jpg
ゴチャゴチャと付いているものを取っ払った、
クイック無しの実測重量を量りました。前後ペアでは1508gです。
5ペアのうち1つを抜き取っただけなので
これが軽い個体なのかどうかは知りません。

スピード55Cですが、
もし私がスピード40Cと合わせて 2ペアしかホイールを持っていないとして
必ず前後セットで(フロント40C・リヤ55Cというのを禁止)使うとすれば
55Cより40Cのほうが 使用頻度が高くなるはずです。
が、ボーラの点検の件数を参考にした 十分に信頼出来るデータからすれば
お客さんの傾向としては「ボーラは35mm一択!」というわけでもありません。
それを踏まえて、スピード55C祭りをすることにしました。
2017年まではスピードは40C・40T・55Tの展開だけなので
欠けていた部分を埋める新モデルだからというのも理由です。

擁護すれば、40Cに普通のブチルチューブ、
55Cに薄手のブチルチューブを使ったとすると
外周部重量がほぼ同じなのにリム高は55Cのほうが15mm高い!
くらいなら55Cも 外周部重量の評価的に そう悪くない気がしてきたぞフヒヒ。

そう言ってるお前も 冒頭の画像で 後輪はディープリム使ってるやんけ、
と言われそうですが あのEDGEの65mm高リムは実測378gと非常に軽量なのです。
もしあれが仮に500gあったとしたら絶対に使いません。

DSC00726amx8.jpg
今回の祭りに際して、問屋さんから販促品として
フルクラムのレーシングキャップが送られてくるはずなのですが
こちらは遅れていて入荷は未定です。
仮に届いたとしても4個のはずなので ホイール5ペアに対して数が足りません。
なので フルクラムのタイヤレバーも おまけの選択肢に加えることにしました。
スピード55Cをお買い上げの際に
タイヤレバーかレーシングキャップを選んでください。
どちらかが先に無くなった場合は 残ったほうが自動的におまけになります。
配慮さんGTは付属しません(念のため)。


肝心の価格ですが、税込定価362,880円のところ・・・
ここに書けるくらいなら ここに書いてるっちゅうねん。
ということで よろしくお願いします。

あと 最後に。在庫のお問い合わせは 来店されるか電話でお願いします。

category: 新着情報!

tb: 0   cm: 1

カンパニョーロのスペアパーツが色々入荷しました  

カンパニョーロのスペアパーツが入荷しました!
DSC07243amx8.jpg
DSC07244amx8.jpg
まず、ボーラとバレット用のバルブブッシュが2つ爪型から
パイプ型に移行していました。
スペアパーツとしての品番は変わっていないので、
2つ爪型をあえて仕入れることはできません。

品番の変更なしで仕様変更をしているということは
旧型を「無かったこと」にしたいという 強い後ろめたさの表れです。
2つ爪型は通すのにコツが必要なので、
バルブを通すときにパチーンと飛んでいって失くしたり、
そもそもバルブが通らないので外して使う人もいますが
これは そこそこの機能部品であり「無くてもいい」パーツではありません。

毎日 出るようなパーツでは無いのですが
たまたま先日 3日連続で必要だったことがあり、
そのうちの1件目にしか対応できなかったので
今度こそは切らすまいと そこそこの数を仕入れました。

2つ爪でバルブが通らないという方は 加工すれば
かなりマシになるので(→こちら)をどうぞ。

DSC00079amx8.jpg
形状で大別すると2代目になるエルゴパワーレバーの
右側10Sが必要な修理が たまたま2件あったので仕入れました。
品番はEC-RE200です。
ECはエルゴパワー、REはレコードを意味します。

DSC00082amx8.jpg
昔は中身のパーツを歯車1個、バネ1個から 個別に買えたのですが、
現在はこのレバーブラケットのアッセンブルパーツという単位でしか
スペアパーツとして販売していません。
エルゴパワーレバーの ブレーキレバー、ブレーキレバー固定ピン、
ブラケットカバー、ハンドル固定バンドの4点「以外」全てという構成です。

壊れたエルゴパワーを部品取りしても あまり意味はありません。
変速が決まらず滑る要因になる摩耗部分が みんな同じだからです。
その部分のパーツだけの在庫(絶版品)も 少しは持っていますが、
お客さんが遠方のかたなので 気持ちよく全交換をすることにしました。

DSC00080amx8.jpg
コーラスの右レバーをバラしました。

DSC00081amx8.jpg
↑コーラス
DSC00083amx8.jpg
↑レコード
変速レバー(カンパニョーロ内での呼称はBレバー)に
カーボンが貼ってあるかどうかという違いがあります。

DSC00084amx8.jpg
EC-RE200に付属していない4つのパーツを移しかえました。
「10 ULTRA」の表記がある部分には
年代やグレードで色んなバリエーションがありますが、
2代目のリヤ変速レバーは10Sであれば ワイヤーの引き量は同じです。
フロント変速レバーは フロントメカと仕様が合致する必要があります。

DSC00113amx8.jpg
で、EC-RE200の相方となる左ブラケットと その中身のパーツの品番は
紙カタログとそのウェブ版 双方ともEC-RE210となっていますが
正しくは EC-RE201です。
スペアパーツのプライスリストでは正しく、

DSC00277amx8.jpg
製品の印字も合っています。つまり
パーツカタログ ×
プライスリスト ○
製品      ○
と なります。

DSC07253amx8.jpg
スポークも補充しました。スチールスポークのモデルでは
ゾンダ・ボーラ50・ボーラ35は ほぼ確実に在庫があるようにしています。
カンパニョーロとフルクラムのスポークの容れ物は
平たい封筒型か箱型かになりますが、箱型の入れ物にまとめるようにしています。
箱の長さが2種類あるのが不思議です。

DSC07254amx8.jpg
大抵のモデルは フロントとリヤ左が兼用スポーク、
それとリヤ右で 計2種類という展開になっていますが
ゾンダはフロント(284mm)と リヤ左(281.5mm)が兼用ではありません。
スポーク長さのソースは実測ではなく メーカーの公称値ですが、
印刷されたものを 闇の組織から渡されたので
一般に見られるものかどうかは知りません。

DSC00278amx8.jpg
リヤ右のスポークヘッド付近は無加工、
フロントとリヤ左は回り止めの潰し(上の画像)がありますが
フロントからリヤ左をスポークカッターで切り出しても
ねじ山側のプレーン部分の長さなどに関しても問題は無いので
スポークカッターがあれば ゾンダのスポークの在庫は
フロントとリヤ右だけで対応できます。
というようなことを書くと 先述の闇の組織からお叱りが来ることもあります。
スポークの品番の最後のZOCは ZO(ゾンダ)C(クリンチャー)という意味です。
もしゾンダにチューブラー仕様が出て、
クリンチャーとスポーク長さが違うということであれば ZOTという品番を使うはずです。
おそらくはクリンチャーと兼用になるように チューブラーリムのほうを設計するでしょうが。

DSC07256amx8.jpg
つづいて、ボーラ50(ニップルが外出し仕様の後期型)の
リヤ右スポーク WH-019BOT50です。
同じスポークなのに なんで箱の長さが違うねん。
先ほどの法則通り 品番のBOTはBO(ボーラ)T(チューブラー)を意味しますが、
チューブラーが先に出たから末尾がTなのであって、
ボーラはチューブラーとクリンチャーで スポーク長さが変わりません。
ボーラウルトラとボーラワンでも 同じです。
フロントとリヤ左が兼用なので、リヤ右と合わせてスポーク長さは2種類です。
ボーラ50とボーラ35では 当然スポーク長さは異なりますが、
上記の事情に関しては同じなので 現行ボーラは
50のフロントとリヤ左・50のリヤ右・35のフロントとリヤ左・35のリヤ右の
4種類のスポークだけで対応できることになります。

DSC07257amx8.jpg
↑これはゾンダのリヤ左 WH-019ZOCです。
フロントのWH-016ZOCとは別に 一応在庫してますよというアピール、
あと封筒型の容れ物はこんなんですよという画像です。

DSC07258amx8.jpg
で、ボーラ50のWH-016BOT50で
容れ物の形状が異なる在庫があったので箱のほうに まとめるわけですが、
おいちょっと待てや、上の画像 全く同じ品番で
封筒のほうがリヤ右 箱のほうがリヤ左となってるやんけ。
リヤ左はフロントと兼用なのと、
先ほど019BOT50がリヤ右としてあったので
016BOT50がリヤ右なわけがありません。
中身のスポークは全く同じ長さだったので、
封筒型の表記が間違っているということになります。

DSC00280amx8.jpg
↑スペアパーツカタログは正解です。

DSC00281amx8.jpg
プライスリストによれば
016BOT50がフロント/リヤ右(上の画像)
019BOT50がリヤ左
となっていますが、フロントとリヤ右が兼用というのはありえないので
確実に間違いです。
ということは、ボーラ50のスポークの品番は
パーツカタログ ○
プライスリスト ×
一部の製品   ×
ということになります。ああああ ややこしい!
間違ったパッケージを見て
「リヤ左が減ってきたから 019BOT50(実際はリヤ右)を補充するかー」
と なりかねないので、私がまとめている箱の表記は
確実に正しいものになるようにしてあります。

DSC00218amx8.jpg
お客さんからボーラワン50クリンチャーダークラベルをお預かりしました。

DSC00219amx8.jpg
↑WH-019BOT50の首が一本とんでいます。

DSC00231amx8.jpg
DSC00220amx8.jpg
直りました。
前輪もついでに点検していますが、
ほぼ振れ無しセンターバッチリで 問題ありません。

DSC00221amx8.jpg
つづいて別件。
お客さんからボーラウルトラ50クリンチャーダークラベルをお預かりしました。
ブレーキに利きムラがあるので 振れているのでは?とのことでしたが
ブレーキの感触に出るほどの振れは無く、
ついでに見た 前輪のほうが振れているくらいでした。

ブレーキゾーンが 最新のAC3処理になっていますが、
バルブ穴とその対岸の位相の反フリー側だけ
ブレーキシューの痕が 四角く途切れているので
(フリー側は一周きれいに続いている)、
リムがそこだけ かすかに低いのかもしれません。
とにかく、横振れは皆無です。

category: 新着情報!

tb: 0   cm: 0

レックマウントのペダリングモニター用台座が入荷しました  

レックマウントから、ペダリングモニターのサイクルコンピュータを
DSC06959msn.jpg
ガーミン系の台座に取り付ける用のアダプターが出たので仕入れました。
厳密には2回目の入荷です。初回入荷分は すぐに売り切れたので。
税別定価1500円です。

DSC06977amx6.jpg
↑台座側
DSC06978amx6.jpg
↑本体側
DSC06979amx6.jpg
↑取り付けた状態

DSC06882msn.jpg
↑これはガーミンの純正台座ですが、
DSC06883msn.jpg
このように取り付けが可能です。が、

DSC06984amx6.jpg
レックマウント以外の台座への取り付けは
保証の限りではありませんので ご注意ください。

ガーミンの台座は2つ爪ですが、
ガーミン「系」の台座には4つ爪のものがあり、
4つ爪を加工して2つ爪には出来ますが 逆は無理です。

DSC06967msn.jpg
2つ爪4つ爪いずれの場合でも(上の画像は4つ爪)
水平方向2ヵ所にあるリブの部分でアダプターと固定していますが、
ここのリブの高さと形状で 装着時のクリック感や
装着後の固定感が決まります。
K-EDGEやFAR AND NEARのアルミ製2つ爪用台座では
クリック感も固定感も やや弱めなのでオススメしません。
というか「レックマウント以外では使えない」ことになっているわけですが。

DSC06966msn.jpg
これはユピテルのハンディGPSの本体裏に
レックマウントの強力両面テープ式4つ爪式アダプターを
取り付けた状態です。
スマホのハード系ケースの裏に これを取り付けて、
ローラー台用のサイクルコンピュータにするという手もあります。
4つあるスリット状の穴のうち2つが、台座側のリブと噛み合います。

DSC06963msn.jpg
↑4つ爪用の台座です。
2つ爪のアダプターも、一応 合います。

DSC06965msn.jpg
私事ですが、ユピテルは 普段はハンディGPSとしてではなく、
ANT+のサイクルコンピュータとして
3本ローラー専用車に取り付けています。

category: 新着情報!

tb: 0   cm: 0

VP-1パッチキットを仕入れました  

パークツールの応急用パッチキット、VP-1を仕入れました。
DSC06441amx6.jpg
昔のVP-1はパークツールのロゴの周りが白かったのですが、
中身は同じものです。

DSC06442amx6.jpg
要ゴムのりのパッチキットで 丸パッチ小×2、丸パッチ中×2、
四角パッチ×2、紙ヤスリ、ゴムのりチューブのセットです。
なぜ わざわざ これを仕入れたのかですが、
価格設定がおかしいからです。

VP-1は 税別定価450円ですが、

DSC06438amx6.jpg
今回 私が仕入れたのは 1箱がブリスターパックに入っているタイプではなく
ボックスセットのほうです。
これは税別定価8360円ですが、36箱入りなので

DSC06454amx6.jpg
1箱あたりの単価は税別定価232円となります。
もし単品売りのほうを「定価」と称して
セットの単価の定価で売った場合、
定価で売っているのに48%OFFということになります。
実際は さらに もうちょい攻めるけどな!(→客寄的大熊猫

これのいいところは、
ボックスキットのVP-1を常備している問屋さんが おそらく無く、
本国取り寄せで2ヵ月ほどかかるという点です
(当店も それくらい待ちました)。
このブログを見ている同業者の方は あまりいないと思いますが、
安易に追随されにくいという点がいいですね。フヒヒ。

category: 新着情報!

tb: 0   cm: 1

バイクガイのCOBリヤライトが入荷しました  

先日、CO2ガスボンベを350本まとめ買いした折りに
ついでに リヤライトを仕入れました。
DSC06284amx6.jpg
COBリヤライトという商品で、
星、ハート、骨、丸の4種類です。

DSC06355amx6.jpg
左側面がスイッチ、
DSC06356amx6.jpg
右側面がねじ止め式の電池のフタになっています。
電池交換が多少面倒ですが 防水性を狙っているので仕方がありません。

DSC06357amx6.jpg
付属しているベルクロバンドは2種類で、
長いほうのバンド(上の画像は短いほう)を使えば
相当に扁平なシートポストでも取り付けが可能です。

DSC06358amx6.jpg
このライト、アルミ(たぶん)のベースに
DSC06359amx6.jpg
COB(チップ オン ボード)LEDを貼りつけることによって
軽さと防水性を両立しています。
基板や電池を防水性の高い本体に入れ、
むき出しでも構わない電球を外に出すという構造なので
雨天走行の水撥ねで浸水することは まず無いはずです。

DSC06360amx6.jpg
で、けっこう明るいです。
ベース部分の折り曲げによる断線には弱そうなので、
その点は注意が必要です。

DSC06354amx6.jpg
ハートが某イタリアンブランドの乗り手に人気だそうですが、
その話をすると「それならクローバーもどうだ」と
大抵のショップに言われるらしいです。

COB部分のデザインはある程度 制約があるらしく、
一筆書き状に並べる必要があるということです。

ひ・・・一筆書き・・・夢の国・・・うっ!
頭が・・・(→こちら

category: 新着情報!

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター