のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

prime RP-35 カーボンチューブラーさん  

お客さんから、名前を呼んでも別にかまわないブランドの
ホイールをお預かりしました。
DSC02741amx8.jpg
DSC02756amx8.jpg
DSC02742amx8.jpg
プライムのRP-35というホイールで、点検をご希望です。
リヤハブにシマノ用フリーボディが付いているのを
カンパニョーロ用に交換をご希望で、パーツも お預かりしていますが
それについて書くことがあります。

DSC02739amx8.jpg
DSC02740amx8.jpg
前輪はセンタードンピシャで ほぼ振れ無しでした。

DSC02753amx8.jpg
つづいて後輪。
リヤハブに付いていたシマノ11S用フリーボディは、
フリーボディの爪が4つで スプラインに肉抜きがあり
スプロケットの噛み込み防止の鉄板が貼ってある
ノヴァテックハブの中では新しい仕様のものでしたが、

DSC02743amx8.jpg
お預かりしたカンパニョーロ用のフリーボディは 3つ爪でした。
カンパニョーロ用のフリーボディは、未だに3つ爪のままです。

DSC02744amx8.jpg
4つ爪のフリーボディに付いていた
どん突き防止のスチール製スペーサーを
DSC02745amx8.jpg
移しました。

DSC02746amx8.jpg
↑スペーサーによって フリーボディがハブ体に擦らないようになります

このあたりの事情については(→こちら)で 詳しく書いていますが、
今回は それに加えて補足があります。

DSC02787amx8.jpg
↑これはブラッックハブですが、左エンドとハブ体の間にスペーサーが入っています。
ノヴァテック純正またはブラッックハブだとエンドの色は黒ですが、
エボライトハブだと銀で分かりにくいので これで撮りました。
このスペーサー、カンパニョーロ用フリーボディの場合は
右エンド側に移すことになっています。
このことについては リンク先の記事では触れていません。

DSC02747amx8.jpg
フリーボディを外したハブシャフトの中に
グリスが みっちり詰まっていますが、私がやったわけではありません。

DSC02748amx8.jpg
DSC02749amx8.jpg
それはいいとして、カンパニョーロのフリーボディの右端に
すでに 例のスペーサーが入っていました。

DSC02750amx8.jpg
なので、左エンドのスペーサーは
DSC02751amx8.jpg
除く必要があります。
DSC02752amx8.jpg
左エンドを取り付けました。
この状態で オーバーロックナット寸法が130mmなのも確認済みです。

カンパニョーロの場合には「右スペーサー状態」、
シマノの場合には「左スペーサー状態」にするわけですが、
リンク先の記事を見てもらえれば分かるとおり
エボハブ時代はカンパニョーロであっても
現行でいうところの 左スペーサー状態になっていました。
右スペーサー状態にする理由はカンパニョーロのスプロケットが
全体的に外側に寄っているうえ ロックリングも厚いので
右エンドとロックリングがツライチすれすれになり、
フレームによっては干渉する場合があるのを避けるためですが、
右スペーサー状態と左スペーサー状態では変速の位置も変わります。

右スペーサー状態だと オチョコの理屈的にも条件が厳しくなり、
変速の位置が カンパニョーロ純正に近いのは
どちらかというと左スペーサー状態のような気がするのですが、
メーカーの意向には従っておきます。

DSC02788amx8.jpg
上の図、赤で描いたスペーサーを
フリーボディに応じて 左右どちらかに入れるというわけです。
フリーボディの どん突き防止スペーサーですが、
リンク先の記事にもあるように アルミのほうがやや大径なので
細い新スチールは3つ爪にも使えますが(今回もそうしています)、
太いアルミは4つ爪には合いません。
それの問題について、リンク先の記事では
「フリーボディに 対応するどん突き防止スペーサーが
付属するようになりました」と書いていますが
先日 エボライトハブのシマノ11Sフリーボディのみを取り寄せたところ
なぜかまた「付属していない」に切り替わっていました。
今回 お客さんからお預かりしたカンパニョーロ用フリーボディには
本来アルミ製のどん突き防止スペーサーが対応するはずですが、
同じく付属していませんでした。
4つ爪→3つ爪への変更は問題ないものの、
3つ爪→4つ爪に変更したいのに
どん突き防止スペーサーが付属していない場合
どうすればいいのか、ですが
アルミスペーサーの端の部分を
きれいにグラインダーで削ぐ方法を確立したので それで対処しています。

DSC02754amx8.jpg
DSC02755amx8.jpg
スペーサーの左右を入れ換えたので 思いっきりセンターがずれます。

DSC02757amx8.jpg
DSC02758amx8.jpg
何とかしました。
右側の増し締めだけで寄せられないので
左側も いくらかゆるめています。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 0

ウィッシュボーンのセラミックプーリーをやめました  

そろそろ ええじゃろ。
DSC00739amx8.jpg
DSC00740amx8.jpg
ウィッシュボーンのセラミックプーリー(→こちら)を、
DSC00741amx8.jpg
純正のプーリーに戻しました。
カンパニョーロの11Sプーリーには
RD-SR500 スーパーレコード/レコード用(SRはスーパーレコード)と
RD-CH500 コーラス/ポテンツァ11/アテナ用(CHはコーラス)の
2種類がありますが、この場合アテナにSR500を取り付けているので
厳密には純正の組み合わせというわけではありません。
カンパニョーロのプーリーに戻しました、といったほうが正確ですね。

リンク先の記事や そのまたリンク先の記事でも書いていますが、
私は この手のパーツによって変速性能が向上することは無いと思っています。
良くて同程度、ほとんどの場合 悪くなります。
カンパニョーロのプーリーに戻して はっきり分かったことは、
変速性能が良くなったというか 元通りになりました。
あと、チェーンの駆動音が ほぼ無音になりました。

ウィッシュボーンには上下の区別だけでなく
左右(表裏)の区別もあるので それに従って取り付けていたのであれば
外したあとでも 摩耗の傾向を調べることが出来ます。
リンク先の記事の画像を引っ張ってきて、比べてみました。

DSC01769amx6.jpg
↑新品です。
左が上プーリー、右が下プーリーで
いずれも右側(外側)から見た側になります。
DSC02226amx8.jpg
使用後です。

DSC02227amx8.jpg
まず 上プーリーですが、
全面的に赤アルマイトだったのが
チェーンのインナープレートとの接触で削られており、
歯先にのみ 赤が残っています。
DSC02228amx8.jpg
下プーリーは、歯先に届いていた赤アルマイトが途切れていて、
摩耗しているのが分かります。


DSC01770amx6.jpg
つづいて、左側(内側)から見た状態の新品で
こちらも左が上プーリー、右が下プーリーです。
DSC02229amx8.jpg
使用後です。
DSC02230amx8.jpg
上下とも右側よりは摩耗が少ないですが、
とくに上プーリーは ほとんど減っていません。

DSC02231amx8.jpg
ベアリングは死んでいました。

最後に。とくに今回の件とは関係がないのですが
お客さんが記事にしてほしいということなので
カンパニョーロのプーリーを きれいにした画像を上げておきます。
DSC02164amx8.jpg
↑右側です。画像右上が上プーリー、左下が下プーリーになります。
DSC02165amx8.jpg
ひっくり返しました。
DSC02166amx8.jpg
なんじゃこりゃ。
汚れがチェーンに押し固められていて、
とくにプーリーの穴に詰まった汚れなどは
DSC02167amx8.jpg
パーツクリーナーにつけた程度では分解されなかったので
DSC02168amx8.jpg
別の方法で きれいにしました。
ウィッシュボーンのプーリーでひとつ気に入っていた点として
肉抜き穴が無いというのを挙げていましたが、
肉抜き無しプーリーは 本当に掃除が楽なのです。

ところでこのプーリーのお客さん、
最近の記事では メタルクワガタ(→こちら)が大変気に入ったとのことですが、
メタルクワガタとかいう のむラボ用語が
一般名詞化(?)しているのに驚きました。
しかも いまグーグルで調べたら「メタルクワガタ 淀川」と
サジェストに出るのですが・・・。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 1

ASHIMAのセントラ ライトを仕入れました(前編)  

先日書いた、センターロック式12mmスルーアクスルハブ用の
スプロケット型ディスクローター固定アダプターを仕入れました。
DSC01864amx8.jpg
ディスクブレーキ関連の小物パーツを いろいろと出している
アシマの「セントラ ライト」というパーツです。

DSC01865amx8.jpg
DSC01866amx8.jpg
こういう構成になっています。

DSC01867amx8.jpg
スプロケット型の固定方式になっていますが、

DSC01868amx8.jpg
同社には セントラ XLというBB型のロックリングもあり、
上の画像ではシマノの純正BB型ロックリングを重ねていますが

DSC01869amx8.jpg
↑ピンのカシメの頭と BB型ロックリングが干渉します。

cenxlamx8.jpg
↑代理店の画像より セントラ XLです。
ロックリング以外のパーツは セントラ ライトと同じに見え、
この方向から見る限りカシメとも干渉していますが
実際は うまい具合に避けてあるのでしょう。

DSC01870amx8.jpg
DSC01876amx8.jpg
先日のRS770フロントハブに取り付けられるかどうか
私の手持ちのローターで調べてみました。

DSC01875amx8.jpg
DSC01874amx8.jpg
カセットスプロケットの工具が使えることを確認しました。

DSC01840amx8.jpg
全然 別件の話になりますが、
トレックのMTBの完成車に付いているホイールの振れ取りをしたので
記事用の画像を撮らせてもらいました。
ブースト規格だったので リヤハブは148mm幅/12mmアクスルです。
12mmなのはカセットスプロケットのロックリングの寸法の都合上
これ以上ハブシャフトを太くできないためだと思われます。

DSC01841amx8.jpg
が、ロックリングはBB型でした。
ブースト規格のフロントハブは110mm幅/15mmアクスルなので、
フロントハブのローター固定リングは 必ずBB型になります。
1種類のロックリングで済ませるために
スプロケット型が使用可能なリヤハブにも BB型を採用したのでしょう。

スラムのMTB用リヤ12速コンポに
「XDドライバー」という スプロケットのロックリングの
寸法的制約を解消したフリーボディの方式がありますが、
ボスフリーのような構造をしており ある意味 先祖帰りです。
どうでもいいですが シクロクロスにブースト規格を持ち込むのは
勘弁してほしいです。どうなるのかは分かりませんが。
規格が乱立すると迷惑するのは ユーザーなので。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 0

フライト フリクションフリーを買いました  

某ビール酵母(EBIOS)とは まったく無関係ですが、
昔、チネリにエビオス(EUBIOS)というドロップバーがありました。
それの派生モデルの軽量版として
ダイエットエビオスというモデルがあったのですが 何のことは無い、
ドロップエンドの直線部分を短く切り詰めた以外は エビオスと同じもので
バテッドの厚みを変えているなどの工夫をしたわけではありません。

エビオスがデビューしたときは
チネリのバークランプ径が自社規格の26.4mmなので
ステムと径を合わせる必要があります。
あとから26.0mmのエビオスが出ていますが、
そちらはクランプ部分に26.0と表記があります。

それはともかく
DSC00891amx8.jpg
セライタリアのフライトの派生モデル、
フリクションフリーというサドルを買いました。

DSC00892amx8.jpg
フリクションフリーというのは サドルの表面の摩擦が少ない、
とかそういうのではなく

DSC00893amx8.jpg
鼻先の部分が細いので太ももとの干渉が少ないですよ、という意味です。
そういうサドルとしては セラサンマルコのゾンコランもオススメです。

DSC00894amx8.jpg
形状でいうと初代、デザインの時系列でいうと2代目にあたるSLRと比べてみます。
初代SLRも持っていますが、記事の趣旨から これが必要なのです。

DSC00897amx8.jpg
サドルの先端から10cmのところに目印のテープを貼りました。
10cmというのは なんとなくです。恣意的というよりは
「そのあたりだと 違いがはっきりしそうだと思ったから」です。
それを恣意的というなら そうなりますが。

DSC00898amx8.jpg
フリクションフリーのほうが幅が狭いです。

DSC00899amx8.jpg
で、2代目SLRには鼻先が細い「SLRナロー」という派生モデルがありました。
というのはウソで、私が加工して作ったものです。

DSC00900amx8.jpg
SLRの先端から10cmのところの横幅です。
約45mmです。

DSC00901amx8.jpg
SLRナローでノギスを片側に当てると、反対側で これだけ空きました。

DSC00902amx8.jpg
同じくフリクションフリー。かなり細いです。
サドルの鼻先が細いと 3本ローラーでケイデンス200オーバーを
出しやすい、維持しやすいという特徴があります。
実走では あまり意識される点では無いですが。

で、このフリクションフリーですが、
ダイエットエビオスのように レギュラーモデルを加工しただけの
手抜き派生モデルかというと、そうではありません。
鼻先を細くするための専用設計になっているのですが、
そのために 別の問題が起きています。

DSC00903amx8.jpg
鼻先を削っただけだと 脚がレールと干渉するので、
先端部分でレール幅を絞っている長さを大きく取ってあるのです。
つまり、サドル後退幅を大きく取ることが難しいというわけです。

DSC00904amx8.jpg
SLRと並べてみました。さらに、

DSC00905amx8.jpg
↑SLRのレール
DSC00906amx8.jpg
↑フリクションフリーのレール
シートポストのヤグラのつかみ幅も狭いので
ポジション調整の自由度が低く、

DSC00907amx8.jpg
↑ヤグラのつかみ幅が広い場合は
実質「取り付けて終わり」ということに なりかねません。
(上の画像は 3Tの前後天秤式ヤグラとフィジークのカーボンレールです)

DSC00908amx8.jpg
レギュラーモデルのフライトと画像を並べてみました。
後ろに引けず、調整幅が少ないのが分かります。
もしこのサドルを使って 摩擦フリーペダリングと後ろ乗りを両立するなら、
相当なセットバック量のシートポストが必要になるはずです。

SLRナローを自作したとき、鼻先を相当削ったつもりでしたが
やはりレールとの干渉を考えると あれが限界でした。
その点では専用設計には かないません。

DSC00909amx8.jpg
DSC00910amx8.jpg
ところで、私は いまセライタリアのシーニョというモデルを使っています。
とっくの昔に廃版ですが、この頃のシーニョやフィランテなどの名作が
どうして廃版になったのかと思います。

DSC00912amx8.jpg
私のLOOKはホリゾンタルフレームですが、
画像の上端がトップチューブと平行になるように撮りました。
シートチューブ角が異様に寝ているのが分かると思います。
メーカーのスケルトン表では72°となっています。

DSC00913amx8.jpg
TUFOの縦幅が低いチューブラータイヤで、
シートチューブとのクリアランスが けっこうスレスレです
(泥撥ねで クリア塗装が剥げるので保護テープを貼ってます)。
WOタイヤの25Cだと、モデルによっては使えません。
クリアランスが最も狭いところの前後径は28.3mmでした。
このシートチューブは 28.6mm真円チューブを
5角形に潰したような形状になっています。
もし このシート角のままでシートチューブ径が34.9mmになったなら、
タイヤのサイズに関わらず 確実に干渉します。
最近のフレームのシート角が立っているのは、
ここの干渉を避けるためというのが大きな理由です。
73°くらいのフレームを想定したフロントメカを
75°くらいのフレームに取り付けると「歯離れ」が起きますが、
ここ最近のコンポは75°くらいを前提にしているような気がします。

DSC00914amx8.jpg
で、セットバックの無いトムソンのシートポストに対して

DSC00915amx8.jpg
かなり前に取り付けていますが、
これでも そこそこの後退幅が取れています。
LOOKのエルゴポストも持っていますが、
あれは調整幅が非常に広いものの一番前にヤグラを取り付けても
一般的なセットバックシートポスト並みになります。

DSC00917amx8.jpg
フリクションフリーとシーニョの鼻先を揃えて、
トムソンのヤグラで同じ位置につかめるか ざっと見てみます。
ギリギリつかめそうではあります。
今よりも ちょっと前に出るようなら、シートポストを変更すればいいだけです。

DSC00918amx8.jpg
レールのつかみしろの前端部分で、サドルを上下からノギスではさみました。
フリクションフリーだと48mm弱といったところです。
ベースが薄いサドルだとシートポストをたくさん出せる気がしますが、
「持ち上げレール」的な形状をしたサドルだと ここの縦幅が大きくなり、
結果 シートポストの出しろが引っ込むことになります。

DSC00919amx8.jpg
シーニョに当ててみました。
サドル上面とノギスのすき間のぶんだけ
シートポストが下がるということになります。

DSC00920amx8.jpg
シーニョの厚みを測りました。40mm弱です。
これが最も薄いのは 年代にもよりますがSLRで35~37mm、
あとはスペシャライズドの初代トゥーペ(薄すぎて人を選ぶサドル)が
35mmあたりになります。

結局、LOOKに付けるのは やめました。
3本ローラー用バイクに使うことにします。

念のため書いておきますが、
この記事の趣旨はフリクションフリーの悪口ではありません。
レギュラーモデルと設計が違うから
同じようには使えないので注意、という話です。

DSC00921amx8.jpg
LOOKのシートポスト径が25.0mmなので、選択肢は多くはありません。
手持ちであるのは セルコフの66X、サンツアーのシュパーブプロ、
カンパニョーロのユークリッド1本締め、上の画像のスギノ75、
あとはカンパニョーロの2本締めくらいです。

DSC00922amx8.jpg
スギノ75のシートポストは、カーボンとは名ばかりの ほぼアルミ製です。

DSC00929amx8.jpg
いちいち採寸台にかけてセッティングするのが面倒なので
シートポストとサドルのセットを作っておいて、それごと交換します。
横着をして採寸台にかけずに高さと後退幅を出そうとすると エライ目に遭うので。
下げ振り(おもりの付いた糸)で後退幅を測るのも、
私に言わせれば横着になります。
あれは再現性が たいへん低く、もし測った直後に記憶が消されて
もう一度測ったとすると 2度3度続けて同じ数値(1mm単位)を
言い続けることが おそらく出来ません。
あるいは、何人かに下げ振りを持たせて後退幅を測らせたら
かなりのバラつきを生じるでしょう。
もちろん、測る場所の水平を取ったり
前後輪の接地点を入れ換えて測ったりなどすれば
かなり正確には近づきますが。

サドルというのは 反っている前側と後ろ側の一番高いところの高さを合わせた
(その2点を結んだ線が水平にした)状態で使うことを前提に設計しています。
例外は セラサンマルコの 旧コンコールや
ストラーダ(ボントレガーKAやカーボニオ650などを含む)で、
あれは前から3分の2くらいの位置で水平を出して
後ろが反りあがっているようにセッティングします。
上の画像はセライタリアのターボなので 水平でセッティングします。

DSC00924amx8.jpg
地球マークの2本締め、梨地仕上げのヤグラで
DSC00925amx8.jpg
25.0mm径が存在しています。
TVT用でしょうか?

当時(80年代後半)のビチューに23.8mm径シートポストのフレームがあり、
それが 私が知る限り最も細いシートポスト径になります。

DSC00926amx8.jpg
端面の形状からして吊るしの状態であり カットはしていないと思いますが

DSC00927amx8.jpg
シートポストの全長がかなり短いです。
フジタサドルにヒューペルライダーというシートポストがありますが、
あれのレギュラーモデルは もっと短いです(そもそも箱が短い)。

DSC00928amx8.jpg
リミット ギリギリなので、スローピングフレームには使えません。
25.0mmのシートポストを使うスローピングフレームなんて
存在しないと思いますが。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 0

ロード用のシャドーリヤディレイラーのPテンションについて  

シマノのR9100とR8000のリヤメカですが、
DSC00647amx8.jpg
現行のMTBと同じく横への張り出しが少ない
「シャドー」タイプのものが採用されています。

DSC00657amx8.jpg
↑これはXTRのリヤメカですが、ロード用との違いは
DSC00658amx8.jpg
Pテンションの動きを固定することでチェーンの暴れを抑える
スタビライザー機能が付いていることと プーリーケージの長さ、
MTBの場合はレバー側にケーブルアジャスターが付いているので
リヤメカ側には付いていない、などで 基本的な設計は同じです。

DSC00648amx8.jpg
で、リヤメカをR8000にして
チェーンの長さを シマノのマニュアル通りにしたところ、
インナー×トップで このように だら~んと垂れた格好になってしまいました。
チェーンの長さですが、アウター×ロー時のペダリングが
ゴロゴロした感触になるのを避けるために
1リンク長くするか3リンク長くするかのうち 後者を選んだので、
マニュアルの範囲ではありますが 長めではあります。

DSC00649amx8.jpg
↑チェーンの上側がチェーンステーに触れるくらいになっています。

DSC00650amx8.jpg
シャドーのリヤメカはシングルテンションなので Bテンションは無いですが、
今までのロード用のリヤメカでいうところの
Bテンションアジャストボルトに相当する
このねじを締め込んでやることで

DSC00651amx8.jpg
エンドに対する
DSC00652amx8.jpg
パンタグラフやプーリーの位置が変わるので

DSC00653amx8.jpg
チェーンにテンションがかかるようになります。
使うかどうか かけるかどうかに関わらず
R9100系のコンポで組まれたバイクを
インナー×トップにかけると チェーンがだら~んとなる例が
最近 非常に多いので、知らないショップも多いのでしょう、
別件で持ち込まれても ここは点検するようにしています。

DSC00654amx8.jpg
あえて、エンドアジャストボルトを 再度ゆるめました。
だら~ん状態になりました。

DSC00656amx8.jpg
その状態から、チェーンをトップから3枚目のギヤにかけました。
シマノではローギヤを1枚目のギヤと数えるので
11Sの場合 トップギヤが「11のギヤ」、
そこから3枚目のギヤなので「9のギヤ」ということになります。

DSC00655amx8.jpg
だら~ん状態になりません。これは機械式のコンポですが、
実は 9100系の電動コンポでは
システム側で フロントがインナーギヤのときは
トップ側2枚に変速できなくしてあります。
インナー×9のギヤから リヤ変速をトップ側に操作しても
電池切れかのように動きません。
アウター×トップ側2枚どちらかの状態から フロント変速を操作すると、
1回目の操作では(フロント変速のボタンを押しているのに)
まず9のギヤにリヤ変速し、再度フロント変速をすることで
インナーギヤに変速するように設定されています。

なので 電動コンポの場合は、エンドアジャストボルトの調整が
もし インナー×トップにかけると だら~ん状態になるはずの
「潜在的だら~ん設定」になっている可能性があるのですが、
トップ側2枚には変速できないので それがバレることはありません。

機械式のコンポだと インナー×トップにかけられるので、
R9100系のリヤメカをお使いの方は
インナー×トップで チェーンがだら~んとしないかどうか
チェックしてみるのをオススメします。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 2

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター