のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

小倉屋製菓の鉄板焼きせんべい 再び  

お客さんから 小倉屋製菓の鉄板焼きせんべい(→こちら)をいただきました。
DSC02270amx8.jpg
例の 徳用あまからですが、
16種類ある味(いずれも1袋200円)のうちの
定番の「あまから」味とは違い、
1袋300円で量も多い 徳用あまからは、
あまからより さらに甘辛い味付けとなっています。
買うならこっちをオススメします。

お客さんは大阪の方ですが、東京出張のついでに買ってきてくれました。
東京といっても広いので、出張先と 雑司ヶ谷の小倉屋製菓は全然近くないのに
電車を乗り継いで わざわざ寄ってくれています。

このお客さんには かつて徳用あまからをお渡ししたことがあり、
私が唱える これの依存性についても知ってもらっていますが、
今回は 私がいただく形になりました。
禁断症状が抜けてきたところなのに。

依存性の高い あまからパウダーが まんべんなく いきわたるように、
せんべいが割れない程度に袋を振るのをオススメします。
私は この動作を「シャカシャカ麻薬」と呼んでいます。

DSC02271amx8.jpg
縦に裂くように切り欠きが設けてありますが、
これに従うと

DSC02272amx8.jpg
袋の口が閉じられなくなるので
横にハサミを入れるのが正解です。
しかし、いずれにしても開封した場合
手が 止まったためしがないので 実は意味がありません。

ああ あかん やっぱり脳が味を覚えてたぜ
自分用と布教用に また30袋くらい注文しなくちゃ。フヒヒ。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 0

スペシャライズドの本社ロビーにも展示されていた伝説的モデルの  

カーボンフレームを持っているのですが、
サイズが54cmと 私には大きいので乗れません。
specia.jpg
↑これはbikeradar.comというサイトにあった
2012年の本社見学ツアーの画像ですが、
この 壁にかかっているのと同じフレーム(色も同じ)と、
ZIPPの303の前輪のみ 新品未使用で持っています。

別に買い手を募っているわけではないのですが、
ある お客さんに これの話をしたところ
持っているということを信じてくれなかったので

よっしゃ ちょっと待っとけや画像上げたるわ





DSC02242amx8.jpg
↑これです。
冒頭の画像と なるべく同じ角度から撮りました。

DSC02244amx8.jpg
スペシャライズド・アレー エピック カーボンです。

1991年モデルで、サイズ54というのはセンター~センターなので
センター~トップだと56cmくらいになります。
トップチューブ長は545mmですが、ホリゾンタル換算する必要はありません。
ホリゾンタルフレームなので。

DSC02245amx8.jpg
DSC02246amx8.jpg
DSC02247amx8.jpg
DSC02248amx8.jpg
DSC02249amx8.jpg
パーツの取り付け痕が一切ありません。

DSC02251amx8.jpg
台湾製だと包み隠さないばかりか デカデカと書いているのは斬新です。

DSC02254amx8.jpg
エピックというモデル名はXC用のフルサスフレームが初出ではありません。

DSC02256amx8.jpg
ハンガーラグは 凸型のアルミラグにカーボンチューブを差しこむ
インナーラグ式ですが、

DSC02255amx8.jpg
トップチューブの両端と ダウンチューブのヘッド側のラグは
DSC02258amx8.jpg
スチールフレームと同じ アウターラグ式・・・なだけでなく
DSC02261amx8.jpg
インナーラグも兼ねた形状にすることで
接着面積を増やすという工夫をしています。
当然、重たくなるというデメリットがありますが
この時代のアルミラグ/カーボンチューブのフレームは
ラグからチューブが抜けるというトラブルが
今より ずっと多かったのです。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 3

シーバスリーガル アルティスを買いました  

シーバスリーガルのウイスキー、
「アルティス」を買いました。
英語の究極(ULTIMATE)と
ラテン語の力(FORTIS)を合わせた造語だそうですが、
フォルティスという時計のブランドもあります。
DSC01440amx8.jpg
2016年に発表された、シーバスリーガル史上初のブレンデッドモルトウイスキーです。
モルトは大麦麦芽が主原料であることを意味し、
ひとつの蒸留所だけで瓶詰めされたものを「シングルモルト」と呼びますが、
アルティスは 5つの蒸留所の貴重なシングルモルトを贅沢にブレンドした
ちょっとお高めのウイスキーとなっています。

定番モデルの「シーバスリーガル12年」も ブレンデッドウイスキーではありますが、
トウモロコシやライ麦や小麦を主原料にしたグレーンウイスキーと
モルトウイスキーとのブレンドであり、
すべての原酒に12年以上熟成したものを使っているので
12年という名前になっています。

先日、心の師匠のところに用事があリ寄ったところ、
アルティスを買ったので送りますと言ったら なぜか怒られました。
これは いつも言われることですが、質より量、
同じ金額で もっと量が多くなるものを買ってこいと言うのです。
例えば ビールを買っていくと
発泡酒で量が多いほうが良かったのに、と言われます。
しかしながら、私の勝手ではありますが
師匠には高い酒を飲んでほしいわけですよ。
ここは ゆずれません。
アルティスは 同量のシーバスリーガル12年の6倍ほど高く、
去年贈ったシーバスリーガル25年は 12年の8倍ほどの価格になります。

酔えたらなんでもいいのか、といって アルティスと同額の
エチルアルコール(調べたら約40リットル)を送ったら
やっぱり怒ると思われるので、量より質のほうがいいでしょう。
自分では高い酒をめったに買わないというのであれば なおさらのことです。

シーバスリーガルにするのにも理由がありまして、
師匠はフレームビルダーでもありますが フレームのモデル名に
(全てではないですが)酒の名前を付けていて、
その中に シーバスというモデル名のフレームがあるからです。

DSC01441amx8.jpg
シーバスリーガル25年ほどではないですが、
大層な箱に入っています。
でっかくVとあるのは 5つの蒸留所のブレンドというのを意味していて、
ボトルの底にもVの印字があります。

DSC01443amx8.jpg
実は、師匠用だけでなく

DSC01444amx8.jpg
自分のぶんも買いました。
近所の酒屋さんに無かったので ネット通販で買ったのですが、
それによって酒屋さんの販売機会が失われた点を
まったく意識していないわけではありません。

お客さんに通販で物を買われることによる機会損失を
良く思っていないショップの店員というのがいますが、
そいつら自身も自転車パーツ以外のものを通販で買って
別業界での実店舗販売の機会損失を生んでいるわけでして、
単純に批判するのは おかしいと思います。
酒は飲むだけ、問われているのは偽物ではないということくらい、
自転車パーツは ちゃんとした取り付けが必要なので 酒とは同列に語れない、
と反論されそうですが ちゃんとした取り付け自体が疑われているから
価格が安い通販のほうで買われてるんですよ。

DSC01442amx8.jpg
シーバスリーガルの歴代のマスターブレンダー5人のサインが入っています。
3人目にアラン・ベイリー(1960-1966)とありますが
これはもちろん生没年ではなく在任期間です。
4人目にジミー・ラングとありますが



DSC01599amx8.jpg
銀河英雄伝説のハイドリッヒ・ラングとは まったく関係がありません。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 0

#軽量化の聖地  

先日、年に何度か当店に来られる 私の憧れのおねえさんに
「あの軽いバイク、もう組めたんですか?うふふ」と訊かれたので
インスタ映えする画像と一緒に記事にすることにしました。
私の軽量バイクは4kg台のはずですが、ぎりぎりなので
計測地点(北極とか)の重力加速度次第では5kgを超えるはずです。
そこで、「バイクの重量はここで量る!」という
基準になる場所を決めておけばいいわけですが
私の場合それがどこになるのかというと、

#軽量化の聖地
軽量化2
ここです。点字ブロックを踏まないようにしましょう。
なぜここが軽量化の聖地なのかというと、

軽里北
交差点の名前が軽量化(けいりょうか)だからです。

4970.png
4.97kgでした。
これは、ちょっと盛っています(実際は盛ったのではなく削ったのですが)。
撮影用に「おめかし」した仕様だからで 家を出る直前までは4.99kgでした。
4.99kgだと北極では5kgを超えます。
シフトスイッチのためにステムを変更したのが(→こちら
悪い意味で効いています。
ボトルケージ(→こちら)は付いていますが、心拍計のホルダーを
ハンドルバーに付けると 5kg超えは避けられそうにありません。

そこから5kg未満にしようとすれば
TUFOのタイヤを現状の<160gから もっと軽いものにすればいけますが、
<160gより軽いモデルで省いている要素が耐パンクベルトになるので
パンクのリスクが急上昇します。
あと、フロントブレーキとチェーンリングを もっと使い勝手の良いものに
交換したいのですが どちらも重量増になることが事前に分かっています。
そこそこの軽さで使い勝手のほうを とくに重視する!というのであれば・・・
デュラエースで普通に組むのがオススメです。

それ以前に フレームを もっと軽いのにすれば300gは軽くなるだろ!
と言われそうですが フレームにはこだわりがあるので
それは選択肢にはなりません。
しかも、超軽量フレームを買ったところで もし
シートポスト径が27.2mmではない、ヘッドパーツが上下同径では無い、
BBの規格がBSCではない、となれば
いま付いているシートポストやフロントフォークやクランクセットより
軽いものというのが なかなか無いので、
仮に フレームで300g軽くなっても 完成車では300g軽くなることはありません。

ところで この交差点の名前ですが
軽量化
よく見たら軽量化ではなく軽里北(かるさときた)でした。

追記:
極地と赤道を間違えてました。コメントありがとうございます。訂正しておきました。

TniのJust9カーボンケージのほうが軽いのでは?
というコメントをいただいていますが、
BTPのアラミドベルトの2本の輪で出来た
ボトルケージで4.5gのものがあります。
Just9はそれをカーボンのパイプで作り、
ボトルの底を受ける部分と ボトルのくびれを押さえる部分を足しただけで
基本的な発想は同じです。
エリートのレジェロ改は実測13.5gですが、
4.5gのケージと比べると 9g重いわけで、
9g違うと 高確率で0.01kgの桁の数値が変わります。
純粋な軽里北に走れば もっと軽くすることは可能ですが、
機材のメンテ頻度や耐久性がエラいことになります。
そういうのを問題視するならば 本文中にもあるように
「デュラエースで組めや」ということになってしまいますが、
ぎりぎり サドルの体を成している、
なんとかボトルケージの仕事を普通にしている、
などの条件を付加するとこの当たりが落としどころです。私に とっては。
フロントブレーキがちょっと我慢ならんぜというのは 上で書きました。
この条件の付け具合は人によって違います。
極論すれば、ホイールが軽くなるなら後輪を左右ラジアル組みで
12Hで組むと軽くなるやんけ、ということにも なりかねませんので。
バーテープはキャットアイのシャイニーです。
いろんな色を一生分 持っています。

phomsn.jpg
ちょっと前に、LOOKのヒュエズRSを もし私物で組むなら
シートポストは100g未満の節操が無い棒切れを突き刺します、
と書いたときに それについて詳しく教えてほしいという
コメントがあったので お答えします。
上の画像は サドルがAXライトネスのフェニックス、
シートポストがBTPのニューアルチメイトです。
BTPにアルチメイトというカーボンシートポストがありますが、
27.2mm径だとアルミのニューアルチメイトのほうが軽かったはずです。
AXライトネスのフェニックスは60g弱なので、
このシートポストは100gを超えています。
というのも、本来ホリゾンタルフレームにしか乗らない私が
冒頭のフレームをオーダーしたときに、
フレームチューブの長さをケチって軽くすべく
普段ホリゾンタル520mmくらいでオーダーするところ
スローピング460mmでオーダーしたため
シートポストが長くなってしまったのです。
同じシートポストで長さを切り詰めたのを 別に持っているはずが、
ちょっと探したところ見つかりませんでした。

DSC01506amx8.jpg
が、それとは別の90gのシートポストを見つけました。
以前に、商品名のカタカナ表記は代理店のそれに従うのが無難、
ということを書きましたが それによれば このシートポストの名前は
「ヨーロッパ」になります。
現行だと ヨーロッパBasicに相当するモデルで
ロード・MTB兼用で乗車体重85kg制限、
別モデルのヨーロッパSLは
ロード専用で乗車体重70kg制限となっていますが
カタログ重量は同じです(86~143g)。
数値が ばらついているのは、長さが細かく分かれているためです。
シートポスト後ろ側にケヴラーを編みこんだ部分があり、
クランプのダメージに対して強くしてありますが
貼ってあるラベルの上下の端にある線の範囲内で
使わないと いけません。

同社のセットバックしているタイプのシートポストが ダイダロス、
あと 廃版ですがアポロというモデル名のサドルがあったことからして
モデル名の元ネタはギリシア神話にあると思われるので
それに倣うとエウロパが より正確な呼び名になります。
より正確だとエウローペーじゃないのと言われそうですが
モデル名のoとeの上にマクロンが無いので
エウロパかエウロペでいいでしょう。
アポロが アポローンではないのと合わせて考えるとそうなります。

ところで、この記事中
軽量化を軽里北に わざと間違えて書いている箇所がありますが
気にしてはいけません。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 2

新・配慮さんが送られてきました  

某カンパニョーロにジャパンいち詳しい問屋さんから納品がありました。
DSC01278amx8.jpg
隅っこに青いのがいますが それはひとまず置いといて

それぞれ別件ですが
DSC01279amx8.jpg
某デローザに使うレコードのチェーンリングと
DSC01280amx8.jpg
某コルナゴにつかうアテナのチェーンリングが
入荷してますので よろしくお願いします(手抜きの連絡)。

DSC01281amx8.jpg
で、これですが

DSC01292amx8.jpg
青い配慮さんでした。
これの意図は分かりかねますが、
グーグルのサジェストにすら上がるようになってしまった
「新シャフトだいばくはつ」の件を、
これを使って揉み消せ(配慮しろ)ということで
送られてきた刺客だというのが 私の解釈です。

全身 青色の異形の姿には

DSC01293amx8.jpg
さすがの配慮さんGTも ドン引きのご様子

なお、この記事の投稿時間には深い意味はありません。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター