のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

#軽量化の聖地  

先日、年に何度か当店に来られる 私の憧れのおねえさんに
「あの軽いバイク、もう組めたんですか?うふふ」と訊かれたので
インスタ映えする画像と一緒に記事にすることにしました。
私の軽量バイクは4kg台のはずですが、ぎりぎりなので
計測地点(北極とか)の重力加速度次第では5kgを超えるはずです。
そこで、「バイクの重量はここで量る!」という
基準になる場所を決めておけばいいわけですが
私の場合それがどこになるのかというと、

#軽量化の聖地
軽量化2
ここです。点字ブロックを踏まないようにしましょう。
なぜここが軽量化の聖地なのかというと、

軽里北
交差点の名前が軽量化(けいりょうか)だからです。

4970.png
4.97kgでした。
これは、ちょっと盛っています(実際は盛ったのではなく削ったのですが)。
撮影用に「おめかし」した仕様だからで 家を出る直前までは4.99kgでした。
4.99kgだと北極では5kgを超えます。
シフトスイッチのためにステムを変更したのが(→こちら
悪い意味で効いています。
ボトルケージ(→こちら)は付いていますが、心拍計のホルダーを
ハンドルバーに付けると 5kg超えは避けられそうにありません。

そこから5kg未満にしようとすれば
TUFOのタイヤを現状の<160gから もっと軽いものにすればいけますが、
<160gより軽いモデルで省いている要素が耐パンクベルトになるので
パンクのリスクが急上昇します。
あと、フロントブレーキとチェーンリングを もっと使い勝手の良いものに
交換したいのですが どちらも重量増になることが事前に分かっています。
そこそこの軽さで使い勝手のほうを とくに重視する!というのであれば・・・
デュラエースで普通に組むのがオススメです。

それ以前に フレームを もっと軽いのにすれば300gは軽くなるだろ!
と言われそうですが フレームにはこだわりがあるので
それは選択肢にはなりません。
しかも、超軽量フレームを買ったところで もし
シートポスト径が27.2mmではない、ヘッドパーツが上下同径では無い、
BBの規格がBSCではない、となれば
いま付いているシートポストやフロントフォークやクランクセットより
軽いものというのが なかなか無いので、
仮に フレームで300g軽くなっても 完成車では300g軽くなることはありません。

ところで この交差点の名前ですが
軽量化
よく見たら軽量化ではなく軽里北(かるさときた)でした。

追記:
極地と赤道を間違えてました。コメントありがとうございます。訂正しておきました。

TniのJust9カーボンケージのほうが軽いのでは?
というコメントをいただいていますが、
BTPのアラミドベルトの2本の輪で出来た
ボトルケージで4.5gのものがあります。
Just9はそれをカーボンのパイプで作り、
ボトルの底を受ける部分と ボトルのくびれを押さえる部分を足しただけで
基本的な発想は同じです。
エリートのレジェロ改は実測13.5gですが、
4.5gのケージと比べると 9g重いわけで、
9g違うと 高確率で0.01kgの桁の数値が変わります。
純粋な軽里北に走れば もっと軽くすることは可能ですが、
機材のメンテ頻度や耐久性がエラいことになります。
そういうのを問題視するならば 本文中にもあるように
「デュラエースで組めや」ということになってしまいますが、
ぎりぎり サドルの体を成している、
なんとかボトルケージの仕事を普通にしている、
などの条件を付加するとこの当たりが落としどころです。私に とっては。
フロントブレーキがちょっと我慢ならんぜというのは 上で書きました。
この条件の付け具合は人によって違います。
極論すれば、ホイールが軽くなるなら後輪を左右ラジアル組みで
12Hで組むと軽くなるやんけ、ということにも なりかねませんので。
バーテープはキャットアイのシャイニーです。
いろんな色を一生分 持っています。

phomsn.jpg
ちょっと前に、LOOKのヒュエズRSを もし私物で組むなら
シートポストは100g未満の節操が無い棒切れを突き刺します、
と書いたときに それについて詳しく教えてほしいという
コメントがあったので お答えします。
上の画像は サドルがAXライトネスのフェニックス、
シートポストがBTPのニューアルチメイトです。
BTPにアルチメイトというカーボンシートポストがありますが、
27.2mm径だとアルミのニューアルチメイトのほうが軽かったはずです。
AXライトネスのフェニックスは60g弱なので、
このシートポストは100gを超えています。
というのも、本来ホリゾンタルフレームにしか乗らない私が
冒頭のフレームをオーダーしたときに、
フレームチューブの長さをケチって軽くすべく
普段ホリゾンタル520mmくらいでオーダーするところ
スローピング460mmでオーダーしたため
シートポストが長くなってしまったのです。
同じシートポストで長さを切り詰めたのを 別に持っているはずが、
ちょっと探したところ見つかりませんでした。

DSC01506amx8.jpg
が、それとは別の90gのシートポストを見つけました。
以前に、商品名のカタカナ表記は代理店のそれに従うのが無難、
ということを書きましたが それによれば このシートポストの名前は
「ヨーロッパ」になります。
現行だと ヨーロッパBasicに相当するモデルで
ロード・MTB兼用で乗車体重85kg制限、
別モデルのヨーロッパSLは
ロード専用で乗車体重70kg制限となっていますが
カタログ重量は同じです(86~143g)。
数値が ばらついているのは、長さが細かく分かれているためです。
シートポスト後ろ側にケヴラーを編みこんだ部分があり、
クランプのダメージに対して強くしてありますが
貼ってあるラベルの上下の端にある線の範囲内で
使わないと いけません。

同社のセットバックしているタイプのシートポストが ダイダロス、
あと 廃版ですがアポロというモデル名のサドルがあったことからして
モデル名の元ネタはギリシア神話にあると思われるので
それに倣うとエウロパが より正確な呼び名になります。
より正確だとエウローペーじゃないのと言われそうですが
モデル名のoとeの上にマクロンが無いので
エウロパかエウロペでいいでしょう。
アポロが アポローンではないのと合わせて考えるとそうなります。

ところで、この記事中
軽量化を軽里北に わざと間違えて書いている箇所がありますが
気にしてはいけません。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 2

新・配慮さんが送られてきました  

某カンパニョーロにジャパンいち詳しい問屋さんから納品がありました。
DSC01278amx8.jpg
隅っこに青いのがいますが それはひとまず置いといて

それぞれ別件ですが
DSC01279amx8.jpg
某デローザに使うレコードのチェーンリングと
DSC01280amx8.jpg
某コルナゴにつかうアテナのチェーンリングが
入荷してますので よろしくお願いします(手抜きの連絡)。

DSC01281amx8.jpg
で、これですが

DSC01292amx8.jpg
青い配慮さんでした。
これの意図は分かりかねますが、
グーグルのサジェストにすら上がるようになってしまった
「新シャフトだいばくはつ」の件を、
これを使って揉み消せ(配慮しろ)ということで
送られてきた刺客だというのが 私の解釈です。

全身 青色の異形の姿には

DSC01293amx8.jpg
さすがの配慮さんGTも ドン引きのご様子

なお、この記事の投稿時間には深い意味はありません。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 0

恐怖!メタルクワガタ!!  

ここまで 散々引っぱってきた「メタルクワガタ」について書きます。
DSC09911amx8.jpg
↑淀川(だけじゃないと思いますが)にある この車止めのことです。

DSC09915amx8.jpg
↑別の箇所の同じもの
牙が内側に向かって伸びていますが、
下側が長いのが最高にいやらしいところでして、

DSC09914amx8.jpg
ギリギリってわけではないのですが けっこう狭いです。
メタルクワガタが夜行性かどうかは知りませんが、
私は夜行性です。この画像を撮ったのは2016年の6月で、
照らしているライトはVOLT6000を買う前なので VOLT1600です。

淀川の河川敷を そこそこの速度で流して走っていると
感覚的には しょっちゅうメタルクワガタに止められることになるので、
降車して歩けば安全に通り抜けられるところ
ついつい乗車したまま抜けようという横着をしてしまいがちです。
メタルクワガタに対して 真ん中かつ真っ直ぐに進入、
そのままスッと前に抜ければ
乗車したまま通り抜けられないこともない点も 罠です。

降車せずに通ると早く抜けられるというリターンの割りには
しくじった場合のリスクが あまりに大きいのです。
そしてリスクについては、やらかすまでは思い知ることがありません。

ここで実例を見てみます。
DSC00476amx8.jpg
当店でリム交換をした シャマルウルトラのリヤリムです。
お客さんの証言により メタルクワガタにやられたことが確かです。

DSC00479amx8.jpg
リムに凹みがあるので チダヌ(→こちら)をピーンと張りました。

DSC00480amx8.jpg
かなり凹んでいます。
リムの頂点というよりは、やや横にかけて凹みがありますが、

DSC00482amx8.jpg
これは、メタルクワガタの牙は リムの頂点にかからなくても
かすっただけで凹むということを示しています。
ゼロ発進からの加速とはいえ 乗り手の体重もかかっているので、
引っかかった場合は 交換を要するほどのダメージを
リムに対して与えることも あるわけです。
実は 昨日のレーシングゼロナイトのリヤリム破損も、
メタルクワガタによるものだと お客さんから聞いています。

で、ここで疑問なのですが、
本当にすり抜けをしくじったくらいで リムがベコッたりするものなのでしょうか?
乗車したままメタルクワガタを抜けるのは「行ける!」という確信があるわけで、
狭いとはいえ この程度のすき間を抜けられないのはおかしいはずなのです。

実は メタルクワガタには秘密があり
DSC00483amx8.jpg
↑このような状態で地中に埋まっており
獲物が引っかかるのを待っているのです。

DSC00487amx8.jpg
そして、どのように感知しているのかは知りませんが
・乗車したまま抜けようとしている
・誰の視界にも入っていない
・牙がリヤメカ辺りを通り過ぎた
という条件が揃った場合にのみ
牙を\ガシャ~ン!/と閉じてリヤリムを挟みこむのです!
という習性を持っているとしか考えられない壊れ方をした後輪を
これまでに多々見てきたので、確実にやられない方法として
メタルクワガタを通るときには いちいち降車するのをオススメします。

「淀川の河川敷が通勤路で、
いつも乗ったまま抜けてるけど大丈夫!」と言っていた人が
ある日突然やられた例もあります。
乗り手によって 下の牙の幅を絶妙に調整し、
確実に狩れる機会を待ったメタルクワガタの粘り勝ちです。

ちょっと前に リム交換をした のむラボホイール5号の後輪(→こちら)も
原因は メタルクワガタで、お客さんいわく
「後輪が引っかかったまま 立ちゴケした」ということになっていますが、
真相はというと メタルクワガタが後輪を挟みこんだまま
頭をブンブン振り回したのでしょう。リムが明らかに反っていました。
その半月後、同じお客さんが また来られたのですが
リム交換をしたばかりのはずの後輪が少し振れています。
原因を訊くと「またメタルクワガタにやられた」ということでした。
なんで いっぺんやられたのに また横着してんねん。
2回目は 落車をせず、振れ取りだけで済んだのが幸いです。




おまけ
メタルクワガタという表現は 今回が初めてではなく
以前からちょっと書いていましたが、それについて
「メタルクワガタとは橋の伸縮継手のことではないですか?」という
コメントをいただいていました。
で、リムが破損しうるような状況であった場合
道路管理瑕疵にあたる可能性があり、
道路管理者(市町の建設課、県の土木事務所、国道事務所など)に
賠償責任が生じるということも コメントをいただきましたが
それについては私自身が体験したことがあるので
ついでに書いておきます。

のむラボ開店前に 大阪の臨海線を走っていたときのこと。
信号が青になり 停止線からのゼロ発進で横断歩道の上にさしかかった時、
グレーチングのフタの溝が腐り落ちていて 縦溝だけになっており
ちょうどそこに すっぽり挟まって落車したことがあります。

unnamed (6)amx8
↑これは後日 別のホイールで検分したときのもので、
実際に はまったのはキシリウムESです。
臨海線の岸和田あたり、ローソンと吉野家が並んでいるところと言えば
分かる人には分かると思います。
(今 そのローソンはつぶれて 整体の店になっていますが)

信号待ちのときに 後ろにオートバイがいるのが分かったので
車道より外を走ったのでフタにはまり、ジャックナイフ状態になって落車、
左にこけて左ひじを すりむきました。右にこけてたらヤバかった。
あと、オートバイの人も急停車気味に停まってくれたので
事故は私の自爆だけで済みました。
たまたま携帯電話を持っていなかったので ローソンの公衆電話から110番、
自損事故の調書を取ってもらい 後日 大阪府土木事務所に電話したところ
その現場だと 岸和田土木事務所の管轄だというので
「たらい回しされるだけだったらどうしよう」と思いつつ連絡したら
手慣れた手続きで わりとすぐに解決しました。

DSC00485amx8.jpg
私の初代アテナのエルゴパワーレバーの
DSC00486amx8.jpg
↑この傷は そのときのものです。

unnamed (1)amx8
↑キシリウムの前輪は ハブ寸前くらいまで落ち込んだ痕があります。

unnamed (4)amx8
タイヤサイドが切れてパンクしたので、
持っていたパークツールのタイヤブートを貼ってチューブ交換しました。

unnamed (3)amx8
↑グレーチングに はまったときの傷
再度の現場検証をして話し合い、
賠償は キシリウムの前輪とヘルメットだけで
エルゴパワーレバーや擦過傷は不問にしました。
この件を蒸し返さないというサインもしています。
もしかしたら当たり屋的クレーマーだと思われたのかもしれません。

あと、土木事務所のほうでグレーチングのフタを全数検査したところ
要交換と思われるものが 私の事故現場含めて5ヵ所あり、
早急に交換して目印に赤いスプレーを噴いておきましたという報告もされました。
後日 現場を通ったら その通りにしてあり、
いまでも夜練で そこを通りますが 現在はまた別のフタに変わっています。

unnamed (2)amx8
unnamedamx8.jpg
キシリウムは 私のほうで修理できるので
金額的には少し儲かった格好にはなりますが、怪我もしてますし
もっと大怪我をしてたかもしれないので 得したという感じではありません。
上の画像、ESのリムを 別のESのリムに交換したのであって
K10のリムはまた別の機会に使っています。
赤いスポークが多いのは気のせいです。


ちなみに、メタルクワガタでリムを壊した場合は
この手の賠償の対象にはならないので ご注意ください。
奴は 訴えられないギリギリの線で 我々の後輪を狙っています。
おとなしく降車して通りましょう。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 6

小倉屋製菓の鉄板焼きせんべい  

少し前の話ですが、
東京のお客さんからホイールに使うパーツを送ってもらったときに
雑司ケ谷にある小倉屋製菓というところのせんべいが
2袋 同梱されていたので いただきました。

で、これがヤバいんです。
「あまから」という味があるのですが、
言うなれば ハッピーターンに付いている粉を もっと甘辛くしたような
極めて依存性が高い粉がまぶしてあり、
いただき物は だいたいお客さんとおすそ分けなどする私が
気が付けば2袋とも食べてしまっていました。
袋に残った粉までかきこんだあとに お取り寄せできるのかどうか調べ
ホームページから発注用FAX用紙を印刷し
DSC06689amx8.jpg
DSC06690amx8.jpg
届きました(お取り寄せ1回目)。
あまから以外の味も いろいろあります。
画像のあまからは量が多い「徳用あまから」というやつです。
今回は私のぶんだけでなく お客さんにも ばらまきました。

DSC07030amx6.jpg
DSC07031amx6.jpg
お取り寄せ2回目。
すでに せんべいに1万円以上使ってるけど
それだけではまだ はまっているかどうか判断はできないな!
大丈夫、その気になれば いつでもやめられる!

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 1

K・Yってだれだ  

お客さん(一応)から レーシングゼロを預かりました。
DSC06759msn.jpg
このホイールの最初のオーナー(T君としておきます)が
別の人(H君としておきます)に貸していたホイールですが、
それからT君の手を経由することなく 現オーナー(K・Yとする)に
渡ったという経緯があります。
リヤリムに座屈による大きな凹みがあったので 後輪は破棄しました。

前輪は調整だけで直ると思っていたのですが、
ニップル16個中13個が完全に固着していて回りません。
フロントハブとスポークの関係が「引っかけ」なので、
何とか ゆるめるだけゆるめて
スポークのヘッド付近を内側から軽く叩き
スポークをテンションから開放しました。
その状態でも、スポークを押さえ工具でしっかり保持した状態から
ニップルを回すことが出来ず
パキーンと簡単に破断するので

DSC06757msn.jpg
DSC06758msn.jpg
時系列が前後しますが「ニップルが固着して どうしようもなくなる例」として
当店で お勤めしていた時期がありました。
ガラスの定盤で 反りが認められないので、
スポークのほぼ全交換をすれば直ることは直ります。
ブレーキゾーンの磨耗も ひどくはありません。

DSC06753msn.jpg
ハブの回転がガサゴソしているので 中身を抜きました。
黒ボールレース時代のUSBベアリングです。
これをCULTにします。

DSC06754msn.jpg
DSC06755msn.jpg
DSC06756msn.jpg
↑CULT(※)ベアリングに交換しました。

※Cancer Ultimate Level Technologyのアクロニム

DSC06802msn.jpg
組めました。
スポークは おしゃれ強盗(おしゃれ泥棒の上を行く表現らしい)にしています。
16本なので黒6本→赤5本→銀5本という並びにしており

DSC06772msn.jpg
右側
DSC06773msn.jpg
左側

DSC06803msn.jpg
黒6本の真ん中にバルブ穴、

DSC06804msn.jpg
ステッカーの赤いところ付近に赤スポーク、
白いところ付近に銀スポークとしています。
このステッカーは「RACING」と「ZERO」で分割されたものを
年代違いでテレコにしてあるので

DSC06805msn.jpg
ひっくり返すと こうなります。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター