のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

のむラボホイール1号さん  

お客さんから のむラボホイール1号の後輪をお預かりしました。
DSC07179amx8.jpg
鈴鹿で、落車に巻き込まれたそうです。
(サドルがとんできた?らしい)

DSC07180amx8.jpg
DSC07181amx8.jpg
反フリー側のスポークが2本折れていますが、
結線しているので最終交差の相方も交換します。
折れてなくても曲がっているので どのみち要交換ですが。

DSC07182amx8.jpg
直りました。
リムにダメージが無かったので これだけの交換で済みました。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール1号の後輪を組み直しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07194amx8.jpg
お客さんから のむラボホイール1号の後輪をお預かりしました。

DSC07195amx8.jpg
リーフハブ24H 半コンペヨンロク組み結線ありです。
このホイールのハブとリムを使って
新たに組み直してほしいとのことなのですが、
ホイールとしての総合性能は下がるという点を了承してもらったうえで
作業にかかりました。

この後輪は そのままで置いておいて、
別に後輪を組むという手も考えましたが

DSC07196amx8.jpg
リムサイドに かつて お客さんの希望で描いた蟹光線があり
(消えないようにテープを貼っているのは お客さんのほうでしています)、
これをまた書くのが面倒なので

DSC07197amx8.jpg
リムとハブを使い回して組み直しました。

DSC07198amx8.jpg
チャンピ/コンペヨンロクモランボン組みです。
左右異径異本組みを盛り込めば 一応使える程度のものにはなります。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール2号の後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07192amx8.jpg
のむラボホイール2号の後輪を組みました。

DSC07193amx8.jpg
エボライトハブ24H 半コンペヨンロク組み結線ありです。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール1号と3号の後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07163amx8.jpg
のむラボホイール3号の後輪を組みました。

DSC07164amx8.jpg
エボライトハブ20H 黒半リーダーヨンヨン組みです。
結線は あとでやります。

DSC07173amx8.jpg
別件ですが まとめます。
のむラボホイール1号の後輪を組みました。

DSC07174amx8.jpg
エボライトハブ24H 半コンペヨンロク組みです。
結線は あとでやります。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

レーシングスピード XLR 35 チューブラー ダークラベルさん  

お客さんのお持ち込みではなく、当店で仕入れたホイールです。
DSC07161amx8.jpg
DSC07162amx8.jpg
レーシングスピードは ボーラと違いワイドリムにはなっておらず、
ボーラと対になるようなモデルは
「スピード」という新グレードで展開しているので
これは依然としてナローリムのままです。
というのも お客さんがわざわざこれを選んだ理由のひとつです。

アルミハブ・USBベアリングのレーシングスピード35(XLRではない)は
現在 メーカーサイトに載っていますが、XLRはすでに載っていません。

前輪にセンターずれあり、横振れは 完璧と言えるほどに取ってあったので
センター出しは かえって苦労しました。
後輪はほぼ問題無し、ニップルに工具をかけたのは2回だけです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

メトロン81さん  

お客さんから ヴィジョンのメトロン81の後輪をお預かりしました。
DSC07158amx8.jpg
「メトロン」というと、ちゃぶ台に差し向かいになって一説ぶったあと
ふすまを開けたら宇宙船・・・というあれとは たぶん関係ありません。
というのは以前(→こちら)に書きましたが ついに来たか。

それはともかく、近所のショップに振れ取り依頼をしたら
めちゃくちゃになったので直してほしいということですが
横振れは ほとんどありません(作業をしたにしては振れがあるほうですが)。

DSC07156amx8.jpg
DSC07157amx8.jpg
めっちゃセンターずれがあります。
反フリー側はフリー側よりも低テンションなので
増し締めだけの横振れ取りをしやすい・・・と言いたいところですが
この後輪、2:1スポークなので テンション自体は大差がありません。

DSC07159amx8.jpg
DSC07160amx8.jpg
直しました。
作業時間の大半はセンター出しではなく、縦振れ取りです。
吊るしの状態ではありえないほどに ビクンビクンと跳ねていたので
本当に(いつも書いていることですが)横振れ取りだけを頑張った結果です。

ホイール組めないなら まともな振れ取りも出来ないはずだから
頼むから触らんといてくれ。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

レーシングゼロ コンペティツィオーネさん  

お客さんから 2代目レーシングゼロ コンペティ(略)を お預かりしました。
DSC07140amx8.jpg
DSC07138amx8.jpg
前輪に うっすらセンターずれがあった以外は問題無しです。

DSC07139amx8.jpg
初代の
レーシングゼロ コンペティ(略)こと
レーシングゼロ コンペティションと同じく
レーシングゼロ コンペティツィオーネもCULTベアリング仕様ですが、
レーシングゼロ コンペティションが
レーシングゼロの限定仕様モデルであったのに対し
レーシングゼロ コンペティツィオーネは
レーシングゼロ 2WAY-FITのCULT仕様という位置付けなので 通常の
レーシングゼロとは違い チューブレスバルブが付属しています。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

レーシングゼロ ナイトさん  

お客さんから レーシングゼロナイトをお預かりしました。
DSC07133amx8.jpg
スポークが曲がっていて 振れが出ているとのことです。

DSC07134amx8.jpg
↑曲がっています。
これ、反フリー側から撮っていますが
ホイールの正回転方向からすると 巻き込みとは逆に打痕があることになります。
本当に そろそろ詳しく書きたいのですが、
淀川のメタルクワガタにやられたのが原因です。

DSC07136amx8.jpg
直りました。

DSC07135amx8.jpg
↑交換したスポーク

DSC07137amx8.jpg
ロー側がワイドレシオの歯数のスプロケットになっているのは、
お客さんが組み合わせて作ったもので 吊るしの歯数ではありません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 2

キシリウムSRさん  

お客さんから キシリウムSRをお預かりしました。
DSC07122amx8.jpg
DSC07123amx8.jpg
前輪は うっすらセンターずれあり、
後輪は ゲージを当てる前に センターずれの向きを言い当てましたが
思っていたほどの量では無く、
前後輪とも片側偏重の横振れ取りついでに直せる程度でした。

と、とくに書くことも無い内容なのですが
後輪はいわゆる「自称キシリウムの実質R-SYS」です。
が、R-SYSとは違い フリー側のアルミスポークが丸断面のものだったので
第1スポークテンションのサンプルを採らせてもらいました。
フヒヒ。助かる。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

RR1.1とオープンプロでホイールを組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07165amx8.jpg
DTのRR1.1リムで前輪を組みました。

DSC07166amx8.jpg
HB-6800 32Hハブ チャンピオン15番プレーン
反ヌポークラジアル組みです。
ニップル以外のパーツは お客さんのお持ち込みで、
リムとハブは新品ではありません。

スポークの長さも 計算されたものを お持ち込みされていて、
長さも合っていました。

DSC07167amx8.jpg
RR1.1リムというのは、のちのRR415と同じリムです。
RR1.2(→こちら)というのもあり、のちのRR585に相当します。

DSC07168amx8.jpg
で、もう1本RR1.1をお預かりしていて
前後輪のペアを組む予定だったのですが、
こちらのリムが ガラスの定盤でも顕著な程度に反っていて
再使用不能ということが事前に分かっていたので

DSC07169amx8.jpg
リヤリムはオープンプロになりました。
ラベルの年代は最新ではありませんが新品です。

DSC07170amx8.jpg
FH-6800 32H 15番チャンピオンヨンロク組み結線ありです。
スポークは、RR1.1で組む長さのヨンロク組みで用意されていましたが
オープンプロのほうが4mmほど長い長さが必要なので

DSC07171amx8.jpg
お持ち込みのRR1.1反フリー側用292mmから
オープンプロフリー側用286mmを切り出し、
オープンプロの反フリー側のスポークは当店で用意しました。
282mmの束が余りますが、切って
フロントスポークのスペアにすることはできます。

DSC07172amx8.jpg
思うところがあり、フリー側のニップルを しんちゅう、
反フリー側をアルミにしました。
前輪は全てアルミニップルです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール1号の前輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07152amx8.jpg
のむラボホイール1号の前輪を組みました。

DSC07153amx8.jpg
エボライトハブ20H CX-RAY反ヌポークラジアル組みです。

DSC07154amx8.jpg
つづいて もう1本。

DSC07155amx8.jpg
ブラッックハブ20H 以下同じです。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

Dragon50の後輪を組み直しました  

お客さんから Tniのドラゴン50チューブラーの後輪をお預かりしました。
DSC07141amx8.jpg
Tniのステッカーを剥がして チーム名が入ったステッカーを貼っていますが、
ここに上げてもいいとのことなので そのまま上げます。

ちなみに、私は 組んだホイール全てを ここに上げているわけではありませんが、
今日も ここには出せないホイールをひとつ 組んでいます。

DSC07142amx8.jpg
DSC07143amx8.jpg
全CX-RAYストレートヨンゼロ組み相当
フリー側の最終交差の編み無し、という組み方です。
実は以前に点検したホイールなのですが、
シッティングでもシュータッチを起こすということなので
組み換えることになりました。
フリー側のテンションを袋小路にしてセンター出し、という
この与えられた条件下での最大の処置は すでに試みています。

これとは関係が無いですが、先日組み直したZIPPの303(→こちら)、
9100のリヤブレーキのシュー幅を一切絞らずにワイヤーを固定した状態から
ちょっともがくとシュータッチしていた、という話を 引き取りに来られた際に聞きました。

これも レイノルズやZIPP、イーストンなどと同じく
リムの無駄遣い系クソ理屈ホイールというわけです。

DSC07144amx8.jpg
組めました。

DSC07145amx8.jpg
エボライトハブ24H 黒半コンペヨンロク組み結線ありで

DSC07146amx8.jpg
お客さんの希望で 金アルミニップルにしました。
ブレーキゾーンの処理がレイノルズっぽいのは 気のせいではなくて、

DSC07147amx8.jpg
このリム、レイノルズや レーシングゼロカーボンや
のむラボホイール6号と同じ「HZなんちゃら」系のリムなのです。
材料が良いだけに ホイールの出来が良くないのは非常に惜しい。
リムは レイノルズのFortySix(その名の通り46mm高リム)の
名無し版というわけではなく、
公称50mm高 実測49.5mm高のリムなので
このモデル用の別注品ではあるようです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール2号の後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07148amx8.jpg
のむラボホイール2号の後輪を組みました。

DSC07149amx8.jpg
エボライトハブ24H 黒半コンペヨンロク組み結線ありです。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール2号の前輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07131amx8.jpg
のむラボホイール2号の前輪を組みました。

DSC07132amx8.jpg
エボライトハブ20H 黒CX-RAY反ヌポークラジアル組みです。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

レーシングゼロさん  

お客さんから レーシングゼロの後輪をお預かりしました。
DSC07115amx8.jpg
リヤエンドが曲がって リヤメカを後輪に巻き込んだとのことです。

DSC07116amx8.jpg
↑スポークが1本曲がっています。
近所のショップで片側全部の交換が必要だと言われたそうですが、
はい クソショップの常套句出ました~、その必要はありません。
メーカーがそう言っているのではないのですか?と お客さんに訊かれましたが
もしかして「メーカーが全交換を推奨している」という説明を受けたのでしょうか?
そのような事実はありません。恐ろしい話です。

DSC07117amx8.jpg
直しました。

DSC07119amx8.jpg
↑交換したスポーク

DSC07118amx8.jpg
変形が無く 擦り傷があるスポークがありますが、
よほど深くえぐれていない限り 交換はしません。
実際、今回交換したのも先ほどの1本だけです。

このブログのせいで 客が余計な知恵をつけたがために騙しにくくなった、
商売がやりづらくなった、という同業者もいるでしょうが
そもそも その商売のやり方自体がおかしいというだけのことです。
当店がこの世に無ければ 例えばこの件も スポークの不要な交換や
ホイールそのものの買い換えという結果になったかもしれません。
クソショップから目の敵にされるのは、ああ楽しいな。
今日もどこかでルサンチマン。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

バレット ウルトラさん  

お客さんから バレットウルトラをお預かりしました。
DSC07108amx8.jpg
バレットと バレットウルトラは、かなり違うモデルです。

バレットウルトラはUSBまたはCULTベアリングで
現行は50mm高リムの仕様のみですが 過去にさかのぼれば80mm高、
もっと さかのぼれば105mm高のモデルもありました。

バレットは50mm高モデルのみ、
そしてハブベアリングが カップ&コーンではなく
シロッコなどと同じカートリッジ式なのでCULT化などが出来ません。

上の画像は前輪ですが(見れば分かる)、
これを撮った時点で 後輪の修理を終えています。いやーひどかった。
後輪の全体画像は撮っていません。

DSC07129amx8.jpg
G3スポークの平行に並んでいる2本のスポークが、

DSC07130amx8.jpg
不自然にねじれていて 曲げ修正が出来なかったので 交換しました。
ひとつは固着ニップルだったので、どうせ交換するスポークだからと
ためらいなく回したところ パキーンと気持ちよく折れました。

DSC07109amx8.jpg
で、前輪ですが 片側のスポークが4本続けて曲がっています。
買い物袋でも巻き込んだのでしょうか。
リムのほうも ブレーキゾーンの摩耗痕が付いていない、
ビードフックが内側に曲がっている箇所がありましたが
軽微だったので修正で対処しています。

DSC07127amx8.jpg
↑フロントスポーク4本

DSC07128amx8.jpg
固着ニップルがあり どうせ換えるのでエイヤーとスポークを折りました。

前後輪で回していないニップルは無いですが、
固着していたのは 前後1本ずつの2本だけです。

DSC07110amx8.jpg
直りました。
お客さんは このホイールの最初のオーナーでは無いそうですが、
前後輪とも けっこうエグイ状態だったので
見知らぬ人から買えば まあこういう状態のを
つかまされることもあるだろうと言ったところ
なんと知人から買ったそうです。
かなりひどい状態だとは事前に聞いていたそうですが・・・。
他人様のやり取りに口を出すわけではないですが、
もし私なら 譲るとしても 直してからにします。
ていうか 最初の状態、ショップによっては匙を投げるところも多いと思うのですが。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

ボーラ ウルトラ 35さん  

お客さんから ボーラウルトラをお預かりしました。
DSC07098amx8.jpg
見ての通り、

DSC07099amx8.jpg
スポークが一本折れています。
リヤメカの巻き込みが原因、ということは

DSC07100amx8.jpg
折れてないまでも曲がっているスポークがある可能性大ということです。
ヤマアラシさん方向のスポークで 折れたのを1番目として
反時計回りに(回転方向で巻き込む順に)数えていくと
1番目が折れ、2番目が不思議とノーダメージ、3番目と4番目が曲がりありで
上の画像は3番目です。

DSC07101amx8.jpg
直しました。フリー側のスポークを3本交換しています。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

アイアンクロスで前輪を組みました  

アイアンクロスリムで前輪を組みました。
DSC07125amx8.jpg
先日組んだ 黒スポーク・青ニップルの後輪の相方です。

DSC07126amx8.jpg
HB-CX75 28H 全黒CX-RAYロクヨン逆イタリアン組みです。
結線は あとでやります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール5号の前輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07120amx8.jpg
のむラボホイール5号の前輪を組みました。

これとは別の のむラボホイール5号の前輪を
事故で壊してしまったということで それの代わりですが、
よほどのことが無い限り 少なくともハブは無事なはずなので
ベアリングが死んでいない限り 使い回しが可能です。
が、全て新調することになりました。
前のホイールの構成要素が無いので
「テセウスの船」でいうと 同級の2番艦という形になります。

DSC07121amx8.jpg
エボライトハブ20H CX-RAYヨンヨンイタリアン組みです。

昨日の記事、日付が8月23日になっていた理由ですが、
記事を上げるのが翌日に回った場合
「今日も」ホイー(以下略)としたいがために
記事の公開時刻を 前日の23時台に偽装することがあり、
そのときに 間違えて日付の部分を23にしてしまうことがあるためです。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 1

アイアンクロスで後輪を組みました  

まだまだ続くよ アイアンクロス。
DSC07111amx8.jpg
銀スポークが入荷したので 先日の続きです。

DSC07112amx8.jpg
FH-CX75ハブ28H 半コンペヨンロクJIS組みです。
結線は あとでやります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 2

のむラボホイール1号の後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07113amx8.jpg
のむラボホイール1号の後輪を組みました。

DSC07114amx8.jpg
エボライトハブ28H 半コンペヨンロク組み結線ありです。
後輪だけの ご注文です。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール6号を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07102amx8.jpg
のむラボホイール6号を組みました。

DSC07103amx8.jpg
前輪は エボライトハブ20H 黒CX-RAY反ヌポークラジアル組み、

DSC07104amx8.jpg
DSC07105amx8.jpg
後輪は エボライトハブ24H 黒半コンペヨンロク組みです。
結線は あとでやります。

DSC07107amx8.jpg
前輪の仮組み中、CX-RAYの半製品があったので はねました。
当店では サピムの首折れ丸バテッド黒スポークを仕入れたことはありません。
レースのストレートスポークを イーストンやローヴァルの
補修用として仕入れることがあるくらいです。
首折れスポークで黒の場合は バテッドならDTのコンペかレボ、
プレーンならサピムのリーダーかホイールスミスのSS14に ほぼ限られます。

このスポーク、SAPIMの刻印ありで
スポーク比重65%相当のバテッド具合なので
同社のレーザーに酷似しています。詳しくは(→こちら)。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

オープンプロで後輪を組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07096amx8.jpg
先日の続きです。
ハブの仕入れが間に合いました。
あと1日遅れていたら お盆休み明けになっていたところです。

当店の夏季休暇ですが、未定です。無いかもしれません。
温泉旅館に振れ取り台持ち込んでホイール組みまくりたい。

DSC07097amx8.jpg
エボライトハブカンパニョーロ用フリーボディ仕様32H
半コンペヨンロク組みです。結線は あとでやります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

小倉屋製菓の鉄板焼きせんべい  

少し前の話ですが、
東京のお客さんからホイールに使うパーツを送ってもらったときに
雑司ケ谷にある小倉屋製菓というところのせんべいが
2袋 同梱されていたので いただきました。

で、これがヤバいんです。
「あまから」という味があるのですが、
言うなれば ハッピーターンに付いている粉を もっと甘辛くしたような
極めて依存性が高い粉がまぶしてあり、
いただき物は だいたいお客さんとおすそ分けなどする私が
気が付けば2袋とも食べてしまっていました。
袋に残った粉までかきこんだあとに お取り寄せできるのかどうか調べ
ホームページから発注用FAX用紙を印刷し
DSC06689amx8.jpg
DSC06690amx8.jpg
届きました(お取り寄せ1回目)。
あまから以外の味も いろいろあります。
画像のあまからは量が多い「徳用あまから」というやつです。
今回は私のぶんだけでなく お客さんにも ばらまきました。

DSC07030amx6.jpg
DSC07031amx6.jpg
お取り寄せ2回目。
すでに せんべいに1万円以上使ってるけど
それだけではまだ はまっているかどうか判断はできないな!
大丈夫、その気になれば いつでもやめられる!

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 1

シャマル ミレさん  

お客さんから シャマルミレをお預かりしました。
DSC07045amx6.jpg
DSC07041amx6.jpg
トラックと接触してスポークが曲がったとのことです。
リムが軽くポテチになったように見えるので リム交換が必要なようにも見えますが
(実際 悪徳クソショップでリム交換や
ホイールそのものの買い替えを勧める例もありますが)、
変形して実効長さが変わったスポークが混じっていれば
リムがポテチになったように見える場合もあります。
本当にダメな場合もありますが、スポーク交換だけで直ることも多いです。

DSC07042amx6.jpg
↑後輪は 反フリー側がこんな感じで2本、
DSC07046amx6.jpg
↑前輪は このスポークが曲がっているとのことです。

DSC07057amx6.jpg
DSC07044amx6.jpg
直りました。

DSC07058amx6.jpg
反フリー側の2本は一目瞭然ですが、

DSC07059amx6.jpg
前輪のスポークの この量の変形を
テンションがかかっている状態で見抜いたのはすごいです。
私のほうでも、見落としが無いかと思い スポークの全数検査をしました。

DSC07061amx6.jpg
シャマルミレのスポークヘッドの刻印ですが
前輪は横並び横2本、反フリー側は縦3本です。
おしゃれ泥棒うんぬんは別としても、
外したスポークと補填するスポークの これを合わせればいいという
便利な印として 刻印のことは知っておいて損はありません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

サピムのニップルについて  

サピムのCX-RAYには 14mm長さのアルミニップルが付属していますが、
私は いくつかの事情から それを使いません。
DTの12mmアルミニップルを使っています。
DSC07073amx6.jpg
で、最近CX-RAYのニップルの袋が白から黄色になったのですが
よく見るとこれ、12mm長さになっています。

DSC07074amx6.jpg
↑白い袋とは これ

DSC07075amx6.jpg
長さが違います。
まあ、どっちみち使いませんけど。

DSC07076amx6.jpg
DSC07077amx6.jpg
それでも 捨てはしないという性分。
12mmニップルは これと混ぜたくないので 別の容れ物を考えます。

category: スポークの話

tb: 0   cm: 0

インチじゃないのか  

ごく最近知った話ですが、
DSC07078amx6.jpg
スラムのシングルピボットブレーキの
センター出し用のナットのつかみ幅は

DSC07079amx6.jpg
13mmだったんですね。
13mmスパナをかけると やけにゆるいので
1/2インチ(12.7mm)だと思っていました。

ZIPP製のスラムのホイールでも、六角型内蔵ニップルの対辺が
5mm(ピラーのアルミなど)や 6mm(旧コスミックカーボンなど)や
少数派の5.5mmのどれでもなく
3/16インチ(4.7625mm)のものがあるので
こういうところでインチを主張しやがって、と思っていました。

DSC07080amx6.jpg
じゃあ今まではどうしていたのかというと、
13mmのハブスパナはもちろん 薄口のブレーキスパナでも傷が付くので
幅が厚めの13mmスパナで慎重に回していました。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 0

オープンプロで前輪を組みました  

オープンプロリムで前輪を組みました。
DSC070911amx6.jpg
WOリムです。
オープンプロだけどチューブラーリムじゃないよ、
という妙なことを わざわざ書く時代になりました。

DSC070921amx6.jpg
エボライトハブ32H CX-RAYヨンヨンイタリアン組みにしました。
お客さんの希望は 銀スポーク銀ニップルでエボライトハブ、という点だけです。
32Hですが、スモールフランジ過ぎて8本組みは無理です。
反ヌポークのスポークヘッドに ヌポークが乗っかります。
乗っかっても 組める場合もありますが、
ヌポークの根元の丸スポーク部分で乗っかるので無理です。
6本組みも苦しいです。
ということもあり4本組みにしたのですが、

DSC070931amx6.jpg
「ハブを拭きやすい」という利点もあります。
ラジアル組みだと拭きにくくなるので。
後輪も組もうと思ったのですが、リヤハブ待ちです。
近日中にやります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

R50リムでピストホイールを組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07083amx6.jpg
アラヤのR50リムでピストホイールを組みました。
R50リムはシルバー、ブラック(↑これ)、ハードアノダイズドの3種類がありますが
シルバー以外は製造中止になっています・・・というのは 少し古い話で
アラヤのチューブラーリムは競輪用の
16Bゴールド 36H シルバーのみとなりました。
アラヤのこの手のリムには プロスタッフ(400と340)や
その後継モデル(たぶん)のサンタナ350などがあり名作揃いでした(過去形)。
プロスタッフとサンタナは同モデルというわけではなく 寸法もかすかに違い、
ゆるやかに切り替わったので 併売していた時期があります。

DSC07084amx6.jpg
前輪は シュパーブプロ36Hピストハブ
スターブライト15番プレーンハチハチJIS組みで
星スポークの黒アルミニップルにしています。

DSC07087amx6.jpg
つづいて後輪。

DSC07088amx6.jpg
サンシン(三信)の36H両切りピストハブで、組み方など全て前輪と同じです。
ハブ体部分の寸法は、先入観無しで個別に実測したのですが
0.1mmと違わず同じでした。
具体的に書くとフランジ穴中心間の長さと フランジ外~外間の幅です。
というのも、今回のフロントハブはサンシン製なので
ハブ体の寸法が同じになるのは おかしなことではありません。

が、シュパーブプロのほうは15番プレーンのスポークが(細いはずなのに)
明らかに通りにくく、フランジの厚みが明らかに厚くなっています。
外~外の幅が同じだったので内側に向けて厚くなっているのでしょう。
デュラエースのハブもそうですが(この場合はフランジ穴も明らかに小さめ)、
スポークの首元がグッと食い込むような寸法、形状のハブは
スポークとびも起きにくい気がしますし 組んでいる感触もいいです。

DSC07085amx6.jpg
↑シュパーブプロ
DSC07086amx6.jpg
↑サンシン

DSC07081amx6.jpg
シュパーブプロのハブですが、磨き粉できれいにしようとした痕跡がありました。

DSC07082amx6.jpg
36H8本組みで このハブの寸法だとスポークの伸張方向が
わりと接線に近くなりますが、ヌポークの跡が2方向に付くのは
「JIS組みとイタリアン組みのどちらでも組まれたことがあり
イタリアン組みのときに左側だったフランジ穴」となります。
イタリアン組みとJIS組みの右側は同じなので。

DSC07089amx6.jpg
DSC07090amx6.jpg
↑後輪も同様だったようです。左右のフランジをそれぞれ撮っていますが、
上の画像のヌポーク跡は、元イタリアン組みの左側です。
JIS組みにしたのでヌポークの方向が逆になったわけですね。

下の画像は、JIS組みとイタリアン組みで
右落とし左落とし(→こちら)が逆転しているので、
反ヌポークのスポークヘッドがある側に
元イタリアン組みの右側のヌポーク跡があります。

両切りのピストハブは ひっくり返して使う可能性があるので
イタリアン組みは あまりよろしくありません。
イタリアン組みをひっくり返すと 逆イタリアン組み、
JIS組みをひっくり返すと JIS組み、
逆JIS組みをひっくり返すと 逆JIS組み、となります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

レーシングゼロさん  

お客さんから レーシングゼロをお預かりしました。
DSC06980amx6.jpg
DSC06982amx6.jpg
新品ですが、非常に珍しいことに 前後輪ともセンターずれがありました。
さらに珍しいのは リヤリムが反フリー側にずれていたことです。
点検については それ以外とくに書くことも無いのですが、

DSC06981amx6.jpg
DSC06983amx6.jpg
↑このハブフランジの塗装、汚れ離れが良さそうです。
レーシングゼロやキシリウムの白フランジなどは
油汚れが食いつく感じになるので きれいな状態を保つのが なかなか面倒です。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター