のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

キシリウムエリートさん  

お客さんからキシリウムエリートを お預かりしました。
DSC00054amx3.jpg
後輪だけです。

DSC00056amx3.jpg
このスプロケットをつければ用件完了なのですが、

DSC00055amx3.jpg
タイヤのラベルがないと思ったら 片ラベルが反フリー側についていて
しかもバルブの根元に合わせていないので 気になってタイヤを外してみたら

DSC00061amx3.jpg
フリー側のスポークの扁平方向があっちこっちに回っていて

DSC00060amx3.jpg
DSC00059amx3.jpg
そのうえ反フリー側のスポークが 出荷状態では絶対にありえないほど
ゆるんでいたりとツッコミどころが散見されたので
ビシッと直すことになりました。

話はそれますが 完組みホイールの多くは交差を編みません。
構造上編めない または編まないほうがいい場合も多いので
別にそれはいいのですが、
キシリウムエリートは マヴィックのロードホイールで
最初に交点が編まれたモデルです。

ホイールセンターは リムがフリー側に寄っていたのですが、
調整しやすい方向なのでこれ幸いと 増し締めしてはいけません。

DSC00073amx3.jpg
全体的にスポークテンションを増し締めするのですが
(硬いホイールにしたいのではなくて出荷状態くらいに戻すだけ)、
センターを出してしまうとフリー側のニップルは おそらく回せなくなります。
なのでセンターはさらにずれますが 先にフリー側を増し締めしてから
反フリー側を引っ張らないといけません。
フリー側はたっぷり半周ちょっとは増し締めしました。

DSC00062amx3.jpg
半周といってもこのホイールはニップルのねじ山のピッチが荒いので
ニップルの回転量に対するリムの移動量は
通常のニップルの比ではありません。

DSC00063amx3.jpg
出来ました。
前輪も 後からお預かりしましたが
センターばっちりで 振れは無しでした。
後輪だけ使っていたの?と思いましたが
リムサイドのブレーキ痕を見る限り
そんなことはなさそうです。
このホイールの「今の」持ち主が
これの使用経歴を詳しく知らないのは
ヤフ(以下略)。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1033-a9dead0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター