のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

初代レーシング1の後輪さん  

お客さんから初代レーシング1の後輪をお預かりしました。
DSC00436amx3.jpg
色々とおかしいので直してということですが、前にも書いたように
お客さんに自覚症状を持たれているレベルの異常は
「どうしてこんなになるまで放っておいたんだ!」的に
病状が進行している場合が多いです。
これも そうなのかって?→ああ そうだよ(逆ギレ)

画像の状態ではタイヤとスプロケットは外しています。

DSC00437amx3.jpg
ハブの玉当たりにガタがありました。
意外に(失礼)ベアリングは傷んでいなかったので
グリスアップで対処しました。
ガタをとらないと振れ取りが出来ません。
振れ取りは過去何度もしているらしく、
ニップルの多くがナメたり ナメかけていたりしていましたが
エッジの利いた ほぼ新品の工具で回す分には
問題はあまりありません(ちょっとは ある)。

センターが盛大にずれていましたが、
反フリー側を締める方向で取れるのは幸いしました。
逆なら さらに難しかったでしょう。
夢中で横振れ取りだけを頑張った感のある箇所で
縦振れが大きく出ているところもありました。
これは乗って出る振れではありません。
かなり苦戦しました。
新品のリムとスポークとニップルを一から組みつけた場合と
さほど変わらないくらいの時間がかかっていますが、
できれば お預かりにしたくないので
持ってこられたその場でしました。

DSC00456amx3.jpg
どうしてもダメなニップルは交換しました。
画像の一番上は新品、下2つは交換したものです。
最初からここまでナメていたわけではなく
外すのにバイスグリップでつかんだため 余計にナメてはいますが、
最初から工具がまったくかからないので(持ってこられた理由もこれ)
要交換という意味では同じことです。

DSC00438amx3.jpg
↑例によって右エンドナットが 手でゆるみました。
私の場合 カンパニョーロ・フルクラムのホイールをお預かりしたときは
脊髄反射でここをチェックする癖が付いています。
けっこうな高確率でゆるんでいますのでお手持ちのホイールが
これと同じ構造の方はいま一度 見られてはいかがでしょうか。

DSC00439amx3.jpg
出来ました。
最初持ってこられたときは リムが外的なショックでひずんでいるのかと
思ったくらいですが、そうでないなら時間をかければ 元通りにはなるものです。
ベアリングが健康そのものだったので引き続き 使い倒してください。
修理の可否いかんでは のむラボホイール1号の予約をいただくところでしたが
こっちのほうが良いホイールなので ぜひこちらをお使いください。

DSC00441amx3.jpg
スプロケットは洗いました。
これがきれいだと 何となくホイールもきれいに見えます。
(本当は汚れているのに、という含意はありません念のため)

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1063-c1de5d1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター