のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ENVE1-45リムのホイールとレイノルズのDV46ホイールを色々しました  

今日もホイー(以下略)。の前に。
DSC00909amx3.jpg
ENVE1-45リムをアメリカンクラシックハブで組んだホイールをお預かりしました。
振れ取りその他の点検をご希望です。

DSC01436amx3.jpg
別にどうというほどのことは無かったのですが、
DSC01437amx3.jpg
スポーク(CX-RAY)に1本 ねじれているものがあったので交換しました。
高スポークテンションで 供回り止め工具のつかみ幅が短いときに
ニップルを回すと ねじれることがあります。
ホイールスミスのねじ止め剤が塗布してありますが
これはニップルとスポークを接着するというほどの強度は無いので
ねじれの原因ではありません。

DSC01439amx3.jpg
CX-RAYはカンパニョーロ/フルクラムのホイールに付属している工具
T-02のスリットBが絶妙に合います。
この工具はスポークのつかみ幅が広く ねじれを起こしにくいのでオススメです。

DSC00913amx3.jpg
レイノルズのDV46の前輪をお預かりしました。
こちらは落車でスポークを曲げてしまったそうなので 交換します。
リムはよく見ましたが まだ使えそうです。

DSC01440amx3.jpg
↑2本交換しました。
特に曲がっているほうのスポークでも、
テンションがかかってホイールに付いているときは
ほとんどまっすぐになっています。

DSC01441amx3.jpg
↑傷だらけなので要交換なのは すぐに分かりましたが、
一見して傷無しなのに実は反っているスポークというのが
他にあるかもしれないと思い かなり触診しました。

DSC00912amx3.jpg
↑ENVE1-45
DSC00915amx3.jpg
↑レイノルズDV46

レイノルズの前輪ですが、穴振りを逆リムとして組んでいます。
リムのスポーク穴に振りがなく ラジアル組みで組んでいるので
特に性能上の問題はありません。
後輪は正リム扱いです。

DSC01422amx3.jpg
レイノルズのDV46の後輪をお預かりしました。
かつて わたしが組んだものです。
さっき「レイノルズの後輪は正リム扱い」と書きましたが
根拠は このホイールではなく、別件でお預かりしている
ほぼ同じホイールが正リム扱いだからです。

DSC01423amx3.jpg
半コンペヨンロク組み結線ありですが、
前輪が黒スポーク(エアロライト)なのに
後輪が銀スポークなのは結線をご希望だったからです。

DSC01424amx3.jpg
前輪と同じ落車でリムが割れています。
なのでリムを交換するのですが

DSC01425amx3.jpg
ENVE1-45リム(ハブ付き)を お持ち込みされているので
これで組み換えます。

DSC01426amx3.jpg
ばらすので どうでもいいですが
アメクラハブCX-RAYヨンゼロ組みです。


で、今日もホイー(以下略)。
DSC01434amx3.jpg
組めました。

DSC01431amx3.jpg
黒半コンペヨンロク組みで
DSC01433amx3.jpg
結線ありです。
黒結線は最近通常メニューに加わりました。

DSC01428amx3.jpg
↑ハンダが盛り気味に見えますが、銀スポークのときと同じ量です。
むしろ少ないかもしれません。
スポークに溶け込むようにハンダがのってくれないので こうなりますが、
鋼線の結び留めとしての仕事はしているので問題ありません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1122-b26b6650
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター