のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

レーシングZERO 2WAY-FITさん  

お客さんからレーシングZEROの前輪をお預かりしました。
DSC01922amx3.jpg
お預かりした理由は折れたスポークの交換です。

DSC01923amx3.jpg
ここですね。
途中で折れるのは珍しいですが、バテッドの境目なので事例がないわけではありません。
画像の状態はハブ側のスポークを持ってリム側に寄せているのですが、
このすき間が埋まりません。
けっこうなテンションがかかっているからです。
追記:お客さんのほうでスポークを抜こうとしたときに 少し欠けたそうです。

キシリウムの場合などは1本だけスポークがとんだ箇所の前後を
一旦ゆるめないと ニップルのねじの最初の1山がかからないこともありますが、

DSC01924amx3.jpg
カンパニョーロ/フルクラムのアルミスポークは
ねじ山長さに余裕を持たせてあるので
DSC01925amx3.jpg
リム側でニップルのねじに1山かけた状態で
DSC01926amx3.jpg
ハブ側でスポークヘッドが 引っかけ位置に収まるので
残りのスポークが全てテンションのかかった状態でも
スポーク交換は容易です。

DSC01931amx3.jpg
出来ました。
なにかきれいになっている気がするのは気のせいではありません。

スポークの取り寄せに時間がかかったので悪いと思い(建前)、
私の勝手できれいにしました。

DSC01927amx3.jpg
DSC01928amx3.jpg
チェーンルブが飛ばない前輪なのに
ラベルがちゃんと汚れて(←おかしな日本語)いるじゃねーか フヒヒ。
「ラベルきれいの術」を含む忍法ヤ○オクの術の格好の材料だでぁ(本音)。

DSC01929amx3.jpg
DSC01930amx3.jpg
シューに噛んだ金属片による磨耗痕は完全に消せませんでしたが
それでもかなりきれいになったとは思います。

お客さんに「前後で使用感が著しく異なって見える」と言われたら どーしよう。

DSC01921amx3.jpg
今日、カンパニョーロジャパンから 色々と納品がありましたが
先日から注文している CS-201ロックリングは
もう少し納期がかかるということでした。

旧品が在庫無しでカタログ落ちしているのに 注文は聞いてくれるということですが、
カンパニョーロは 再生産可能なら かなりの少ロットでもやってくれるようです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/05/21 20:40 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1168-880badb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター