のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

コンチネンタルのチューブラータイヤの仕様について  

コンチネンタルのコンペティション チューブラーには
22mm幅と19mm幅がありますが、
19mm幅が長らく(2ヶ月ほど)欠品していました。

で、先日再入荷したのですが、
「多分 変わるだろうな」と思っていた ある部分が
やっぱり変わっていました。
DSC02107amx3.jpg
コンペ19を張るためのホイールをお預かりしているので
ストレッチャーYでさっそく伸ばしています。

DSC02108amx3.jpg
↑19mm幅ですが、

DSC02109amx3.jpg
銀文字のラベルになっています。

DSC02092amx3.jpg
↑これもコンペ19ですが「オレンジラベル+白文字」です。
こっちは旧ラベルなのですが、モデルによっては この移行に1年以上かかっています。
具体的にはジロとコンペ19が旧ラベル(ジロは今でも旧ラベル)、
それ以外のコンペ22やポディウムやスプリンターは かなり前から
銀文字の新ラベルに移行していました。

これは日本の正規代理店経由に限った場合の話で、
海外通販などで買ったものについては コンペ19でも新ラベルのものを
1年ほど前から見かけています。
なのでポチッたものかどうか一瞬で分かるという意味では便利だったのですが。

コンペ19についてはラベルの新旧で 見た目以外の仕様の違いはありません。

DSC01576amx3.jpg
ところがジロでは違います。
これは旧ラベルですが、
正規代理店経由のジロはバルブコアが外せるタイプではありません。
何度も仕入れましたが100%そうです。

なので だいぶ前に「ジロはバルブコアが外せません」と書いたのですが
「ジロでもコアが外せるものがあります」というコメントをいただいたことがあります。

DSC01579amx3.jpg
↑先日 別件でお客さんお持ち込みのジロをホイールに張ったのですが、
これはバルブコアが外れるタイプで新ラベルでした。
どこで買ったのか訊いたところ やはり海外通販だそうです。

コメントを下さった方のジロのラベルの新旧と どこで買ったのかは知りませんが、
おそらくは新ラベルのものではないでしょうか。

「旧ラベルのジロにはバルブコアが外せるものとそうでないものの2種類があって、
日本の代理店では より単価が安い(と思われる)外れない方の仕様だけを
仕入れている」という可能性はまずなさそうです。
本国サイトの現行ジロを見てもバルブコアに関する記述は一切ないので
「同ラベルで別仕様」のジロが混在したりということはないと思います。

もちろんバルブコアを外せるほうが助かります。
かぶせタイプのエクステンダーは便利な反面いろいろと問題児なので
中継ぎタイプを使いたいからです。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/06/02 22:51 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/06/02 23:43 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1187-14aca62f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター