のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

アルフィーネの表示機を取り付けました  

実はこれ、先日 一瞬だけ上がった記事なのですが
内容が危険なので自主規制となりました。
没にするのは惜しいので ちょっと直して再掲します。

シマノ アルフィーネの表示機(SC-S705)の
特殊な取り付けを お願いされました。
DSC03242amx3.jpg
SC-S705は、シマノ電動コンポの
変速段数とバッテリーの残量を表示します。
今回は これを9070デュラエースのコンポに組み込みます。

DSC03243amx3.jpg
↑配線ポートは2つです。

DSC03244amx3.jpg
DSC03245amx3.jpg
↑3mm径のシャフトをスナップリングで留めています。

DSC03300amx3.jpg
本来は このシャフトに付属のゴムをかぶせてタイラップで
アップバーに固定するのですが、
この位置にサテライトスイッチの取り付けを予定しているので
取り付け位置がかぶります。
ということで何か別の方法で取り付けることになりました。

DSC03252amx3.jpg
DSC03253amx3.jpg
鶏合え酢 シャフトを外して
M3の長いキャップスクリューボルトに 交換してみました。
キャップスクリューというのは ねじ頭をアーレンキーで回す形式のことです。

DSC03273amx3.jpg
偶然に たまたま 幸運にも 折り良く
ちょうど良い形状のアルミ板が
転がっていたのでこれを使います。

↑今後同じものを作ってくれと言われた場合に 断るための
予防線を張っているように思われるかもしれませんが、その通りです。

DSC03277amx3.jpg
DSC03279amx3.jpg
DSC03276amx3.jpg
なんとピッタリ合いました。
いやー良かった。

DSC03275amx3.jpg
パイオニアのペダリングモニターSGX-CA500の台座の裏には、
M3のナットが2つ埋め込んであります。
不思議なことに これは機能部品ではありません。
スライドロックの部分を除いては1個のカタマリなので
この台座の組み立て自体に ナットは関わっていません。
で、これを流用することにしました。

DSC03274amx3.jpg
穴をあけてM3ボルトを通しました。

DSC03288amx3.jpg
で、先ほどの謎のアルミ板にも穴をあけて
台座に固定すると

DSC03291amx3.jpg
↑こうなります。
これでサテライトスイッチの取り付け位置が空きました。



表示機の互換性について
このSC-S705ですが、
ロードバイクコンポの上ジャンクション(以下JC)と
機能がかぶっている(同じパーツと見なされる)ため 併用できません。
実際、e-tubeに表示機と上JCを同時に接続したバイクをつなぐと
この2つは同時に使えませんという警告がでます。

表示機には 上JCの機能である
セーバー復帰機能や変速調整がありません。
この場合 変速調整はe-tubeに接続して行います。

表示機と上JCの併用は現状では不可能です。
表示機無しで問題なく作動している状態から
余っているポートに表示機を接続すると、
表示機が動作しないだけでなく
変速操作も受け付けなくなります。

が、過去に出来たことはあります。
上JCのファームウェアの最新バージョンは2.2.0なのですが、
私の知る限り2.0.2では同時接続で動作しました。
同時接続で動作しなくなったのは おそらく2.1.0からです。



以下 配線について。
DSC03293amx3.jpg
上JCとフレーム側は こうなります。
ここまでは どんなバイクでも同じですね。
上JCが5ポートなのは、今回の件が5ポートでセッティングしているからです。

DSC03294amx3.jpg
9070と6870のレバーの場合、ポートは3つあります。

DSC03286amx3.jpg
一番下のポートには切り欠きがあります。
ここには どんなコードでも入りますが、
DSC03287amx3.jpg
スプリンタースイッチのコードのみ
ここにしか通らないようにできているので、
一番下は 実質スプリンタースイッチ専用です。

DSC03295amx3.jpg
スプリンタースイッチを取り付けました。

DSC03296amx3.jpg
さらに表示機を右レバーの最後のポートに取り付けました。
表示機のもうひとつのポートはダミープラグでふさいでいます。

箱から出した状態で素組みしたところ
表示機のディスプレイは点きませんでしたが
ファームウェアの更新をするとディスプレイが点きました。
上JCのファームウェアを更新すると
同時接続で作動させることが出来なくなるので
この更新は表示機単品でする必要があります。

DSC03297amx3.jpg
サテライトスイッチですが、右レバーのポートが 全てふさがったので
上JC直つなぎ左レバーにつなぐ形となります。
サテライトスイッチの設定をリヤ変速にしている限り
上JCはもちろん 左レバーにつないでも
リヤ変速スイッチとして機能します(確認済み)。

左レバーにつなぐ場合は 上JCが3ポートで済み、
余った配線をバーに巻き込めるので見た目が多少すっきりするかと思います。

上JCにつなぐ場合は サテライトスイッチを状況に応じて
すぐに付け外しできるのが便利です。
例えばクリテリウムで使うことは まず無いでしょう。

DSC03298amx3.jpg
↑まとめると こういう感じです。
重ねて書きますが、
上JCのファームウェアが最新版の場合は これでは動作しません。
表示機だけを引っこ抜くと すぐに動作するようになります。
この状態で使っている人を他に知っていますが、
ファームウェアを過去のバージョンに更新することはできないので
更新すると 終わりです。

DSC03335amx3.jpg
↑表示機のファームウェアを最新のものにするだけならOKです。
上JCのファームウェアが新しい場合
表示機と同時接続は出来ませんが、
DSC03337amx3.jpg
上JCの位置に 下JCを設定すれば
「上JCか表示機はどちらか1つ」のルールに抵触しないので
少なくとも現状では動作します。
ただ、上JCが無いのでバイク単体での変速調整はできません。
セーバー機能も使えません。

えーと、以上です。
これなら大丈夫でしょうか?
↑誰に訊いているんだ














DSC03338amx3.jpg
あんまり大丈夫じゃなかった。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 3

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/07/29 23:22 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/07/30 01:06 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2014/08/05 15:11 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1296-d050f60f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター