fc2ブログ

のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

レーシング3さん  

お客さんからレーシング3を お預かりしました。
DSC04912amx3.jpg
DSC04925amx3.jpg
現行のレーシング3と違う点は 後輪のスポークの間隔が均等なことと
エアロスポークの幅がより扁平な点です。
超ハイローフランジで無いこと以外は
こっちのほうが現行品より優れていると 個人的には思うのですが・・・。

振れとセンターずれは特に問題ではありませんが、
ハブのベアリングのグリスが カラッカラに切れていました。

DSC04911amx3.jpg
フロントハブは部品交換なしの 洗浄とグリスアップでいけそうです。

DSC04915amx3.jpg
リヤハブのフリー側ですが、シールの外側に錆び混じりのグリスが付着していました。
これはハブ側のベアリングの錆びではなく、
フリーボディの内側のベアリングの錆びです。

DSC04917amx3.jpg
というわけでフリーボディの中身を全てバラしてみました。

DSC04919amx3.jpg
↑このようになっています。
ベアリングは、グリスが充填された
フリーボディ内部に向いている側は シールなし、
DSC04920amx3.jpg
外側はシールありとなっています。
このあたりの構造に関しては 詳しく書いている記事(→こちら)が
あるので そちらをどうぞ。

リンク先の過去記事で すでにやっちゃっていますが、
フリーボディ全体の交換が非常に高くつくので
同サイズのカートリッジベアリングを仕入れて
ベアリングのみの交換で対応しています。
ベアリングの品番のあとに「ZZ」が付くような金属シールの場合は
シールをきれいに外すのが困難なので、
接触式か非接触式の両側ゴムシールのものから
片側のシールを外すのがオススメです。
もともと片側シールのベアリングもありますが、私が探したかぎりでは
サイズが豊富になかったので 両側シールを仕入れています。
こういうベアリングは普通 規格ものなので、
サイズさえ分かれば簡単に手に入ります。

が、簡単にマネゴトをされるのが嫌なので
規格ベアリングの品番は お教えしません。ペッ!
↑うわこいつ感じ悪い




DSC05066amx3.jpg
記事ノ途中デスガ コンニチワ!
コチラノ資料ヲ ゴ覧下サイ!
↑やーめーろー!

DSC04914amx3.jpg
DSC04922amx3.jpg
時系列が前後しますが
リヤハブを洗浄・グリスアップしました。

DSC04923amx3.jpg
スプロケットもついでに
DSC04926amx3.jpg
洗っています。

DSC05077amx3.jpg
DSC05076amx3.jpg
最近 スプロケットを洗いまくっているからか、
ブラシの毛先が異常に摩耗していたので 買い換えました。

DSC04927amx3.jpg
リヤハブのロゴが進行方向から見て逆さだったので
(フルクラムには よくあること)、
DSC04913amx3.jpg
フロントハブもそれに倣いました。
逆ロゴ・左にWARNINGステッカー・左に玉当たり調整ナットにしています。
持って来られた時は、玉当たり調整ナットは この状態と逆でした。
性能には関係ないですが 後輪との見た目の整合性を取っています。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1464-e72f8c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター