のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

オープンプロリムのホイールを のむラボホイール5号に組み換えました  

今日もホイー(以下略)。
DSC06729amx3.jpg
DSC06733amx3.jpg
お客さんから オープンプロで組まれたホイールをお預かりしました。
ハブは前後ともレコードの32H、スポークは全て DTコンペティションです。

DSC06732amx3.jpg
お客さんのほうから 先に指摘されたのですが
前輪が ロクロク逆JIS組み、

DSC06734amx3.jpg
後輪が ロクロク逆イタリアン組みになっているのは
乗り手(お客さん)の意図するところでは無いそうなので
私が良いと思うならイタリアン組みにしていいそうです。フヒヒ。

DSC06735amx3.jpg
ニップルは しんちゅうですが、組み換え後はアルミにします。

DSC06736amx3.jpg
ハブ胴のロゴが かすれて消えたか わざと消したかは知りませんが、
ほとんど読めなくなっています。
これはリヤハブですが フロントハブはほぼ消えています。
わざと消すなら もっときれいに消すと思われるので
かすれたのだと思いますが、
ロゴの位置が分かる以上は
ここを「バルブ穴から見える ハブ胴の位相」で組まないといけません。

DSC06737amx3.jpg
フリー側の交差に目印のシールを貼って
DSC06738amx3.jpg
↑握ってみました。
交差がこすれて減っているので スポークの再利用はしません。
元より するつもりも無いのですが、CX-RAYと違い
コンペティションはカット可能な長さが大きいので
一応は再利用が可能です。

DSC06739amx3.jpg
DSC06740amx3.jpg
↑反フリー側はこんな感じ
狙ってややヌルめに組んだのか
または経年使用でタレたのかは 不明ですがかなり甘めです。

リムはそのまま・・・ではなくて
ハブだけを使い回して のむラボホイール5号を組んでほしいということです。

DSC06741amx3.jpg
組めました。

DSC06742amx3.jpg
前輪は 全コンペのロクロクイタリアン組み、

DSC06743amx3.jpg
DSC06744amx3.jpg
後輪は チャンピ/コンペのヨンパチイタリアン組み結線ありにしました。
フリー側チャンピオン/反フリー側コンペティションという
スポークの選択は お客さんの希望です。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/08/29 09:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1633-c36b1838
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター