のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ボントレガーさん  

お客さんからボントレガーのホイールを1.5ペアお預かりしました。
DSC06585amx3.jpg
まずはストレートスポーク仕様の前輪から。

DSC06586amx3.jpg
DT製のフロントハブです。

DSC06587amx3.jpg
ペアスポークなので
DSC06588amx3.jpg
左右のスポークの位相は ちょっとずれているだけです。

これの後輪はハブが何やら壊れたらしく もう無いそうです。

DSC06589amx3.jpg
つづいて首折れスポーク仕様の前輪です。
リム高は先ほどのモデルよりも高いです。
先ほどの前輪がローハイトリムで20H、これが16Hですが
「リムが高い=スポークが短い=スポークの変形が少なくなる」
なので リム高とスポーク数のバランスが合致しています。

シマノのC24の前輪は20Hにしたほうがいい、と先日書きましたが
こんな感じの展開にしたらいいのでは?ということです。

DSC06594amx3.jpg
ペアスポークで、ヌポークラジアル組みになっています。

DSC06591amx3.jpg
ハブは やはりDT製です。

DSC06595amx3.jpg
反ヌポークラジアル組みができない ねずみ返しが付いていました。
これはフランジの補強目的のようですが、
逆に付いている場合もあります(→こちらと そのさらにリンク先)。

DSC06596amx3.jpg
最後に首折れスポーク仕様の後輪です。

DSC06597amx3.jpg
ヌポーク出しスポークによるニーニー組みです。
通常のハブとスポークで これをやると
ローギヤに変速したときにリヤメカと干渉することがあるのですが、
問題が無ければ 問題は無いです。
問題があった場合は(→こちら

DSC06598amx3.jpg
やっぱり ねずみ返しが付いています。

振れやセンター出しについて ここまで一切触れていませんが、
書くほどの問題はありませんでした。

ペアスポークは大きな横振れが出たときに
振れ取りをさせてくれない場合がありますが、
運よく どれもひどくはありませんでした。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1655-346b73dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター