のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

キシリウムSLさん  

お客さんからキシリウムSLをお預かりしました。
DSC06902amx3.jpg
DSC06903amx3.jpg
やたらと きれいなのは 作業後だからです。

前輪は2ヵ所ほど大きな振れがありましたが すぐに取れました。
その時点でセンターずれがなかったので たぶん元からずれていません。
後輪はリムが反フリー側にガッツリずれていました。
反フリー側の増し締めついでに センター出しできない方向なので
非常に面倒でした。
経年使用したキシリウムはニップルとスポークの すき間に
細かい砂のようなものを噛み込むので
テンションの高いフリー側のニップルを回すのが困難になる場合があります。

DSC06849amx3.jpg
DSC06899amx3.jpg
忍法ヤ○オクの術を ご希望だったのでやりましたが、
使用感ほぼゼロ、というわけにはいきませんでした。
ブレーキゾーンを指で触るかぎり ひどい磨耗は無いので
(磨耗が大きいと 凹面状にへこんでいるのが分かります)
リム自体は まだまだ使えます。

DSC06900amx3.jpg
フリーのラチェット音をなるべく小さくしてほしい、ということなのでやりました。
ただ、マヴィックの場合はフリーボディの中にグリスを入れてはいけません。

DSC06927amx3.jpg
マヴィックのフリーボディですが、
まず ハブ体に蛇腹状のシールゴムを入れています。

DSC06928amx3.jpg
次に フリーボディを入れるわけですが、
フリーボディはシールゴムを 軽く圧縮します。

DSC06929amx3.jpg
ハブ体とフリーボディが シールゴムを介して
半クラッチ状に ゆるく連結している構造になっています。
ここのシール性能が非常に高いので
マヴィックのフリーボディ専用オイルは 粘度が非常に低い、
サラッとしたものになっています。

ハブ体とフリーボディが ゆるく連結しているので、
後輪(ハブ体)が回っていると フリーボディもつられて回ります。
後輪が接地していないタイプのスタンドに
マヴィックの後輪が付いたバイクを固定して後輪を回すと
クランクが勝手に回りだす「幽霊ペダリング現象」になるのは このためです。

DSC06932amx3.jpg
DSC06933amx3.jpg
で、フリーボディの音を消そうとして フリーボディにグリスを入れたりすると
クラッチの伝達力が上がり クランクの回転を止めた時に
チェーンの上半分が玉突き状態になって たるむことがあります。
あまりにひどいと チェーン外れの原因にもなりかねないので
フリーボディにグリスを入れるのはオススメできません。

じゃあどうやってラチェット音を小さくするかというと、
フリーボディにグリスを入れるのです。
適度な粘度であることも大事ですが
「余計な箇所に差さない」ということが重要です。
これ以上はメシノタネコードです。

DSC06901amx3.jpg
スプロケットも洗っておきました。
元の状態の写真を撮り忘れましたが、
画像の状態が きれいだというのは伝わると思います。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/01/16 12:17 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1659-4ed1babb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター