のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

容れ物 VS 中身  

私の呼びかけで始めた ある朝練がありまして、
もう10年か 11年くらい続いています。
自己申告の記録を集計して 各週ごとにポイント化、
それの累計値に応じて年末に ささやかな景品など用意しているのですが
順位で決めると 強い人が総取りになる傾向があるので
ある時から くじ引き大会に変更しました。
といってもポイント上位であれば くじを引く枚数が少し増えるので
多少は「強いもの有利」ではあります。

去年も、年末に くじ引き大会はしましたが
それとは別に 昨日 表彰式をしました。
昨年の累計ポイント5位の人までを表彰するのに
トロフィーを贈るのですが、
ただ 吊るしのトロフィーではつまらないだろうと思い
台座の銘板に選手名を入れたものをオーダーしました。
賞状の場合はレースの結果を見てから
即 記名したものを作れますが、トロフィーはそうはいきません。
あるヒルクライム大会では、参加証を送った住所に
後日 名前入りのトロフィーを贈ってくれたりもしますが、
そういうのは例外的です。
なので名前入りのトロフィーというのは珍しいと思います。

DSC06942amx3.jpg
↑画像左から
大きさ比較用の配慮さん、2、3、4、5位のトロフィーです。
個人名とイベント名が書いてあるので
銘板と逆側から撮っています。
押し入れ直行または ゴミ箱直行にならないような
大きさであるよう気を遣ったつもりです。

1位の人ですが、ヒルクライムレースの
優勝・入賞の常連なので トロフィーだけでも100個以上は持っており、
それを自転車部屋 兼 トロフィー部屋に飾っています。
トロフィー展示用のガラスケース(1つ ン万円)を2つ買ったとか、
160cmくらいの直方体のアクリルケースを買い増したなどと
私に言うので、それならと思い










DSC06941amx3b.jpg
4本柱トロフィーの一番でかいのを用意しました。
160cm弱あります。
発注手続きをしてから すぐに
「他に発注をいただいたトロフィーと大きさのバランスが合わないので
もしかしたら品番間違いなどされていませんか?」と
トロフィー屋さんから電話がかかってきました。
そりゃ そう思うわな。


さっき書いたアクリルケースの棚板を全部抜けば入るかも?と言ってましたが
数cm足りなくて入らないという展開を期待しております。クケケ。

なお、私としてはイヤガラセ気味のイタズラのつもりだったのですが
たいへん気に入ったということで 何度もお礼を言われてしまいました。チッ!

大喜びで これを抱きかかえた写真を
何枚も撮ってもらって ご満悦でしたが、
これを贈られて迷惑にならない人というのは少ないのではないでしょうか。
(本人が気に入っているので まあいいや)

トロフィーを贈るのは今回だけにします。飽きました。

どうでもいい追記:
このトロフィーの製造元は アサコという会社で
旗やカップ製造の大手ですが、
本社は当店の向かい、徒歩30秒のところです。
組み立てと卸も そこでしているようなのですが、
今回の件は 東京のショップにネットでオーダーしたので
南船場1丁目→東京→南船場1丁目という
経路をたどったのかと思うと おかしな感動をおぼえます。

category: 新手のスタンド使い

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1663-80a56495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター