のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ノコのカーボネロを組み換えました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07002amx3.jpg
お客さんからノコのカーボネロをお預かりしました。
ビチクレッタ・ノコ ブランドのカーボンホイールです。

DSC07009amx3.jpg
リム高は50mmで 製造元はエキノックス、
真の名はWH005です。
つまりTniカーボン50と同じで のむラボホイール2.5号と同じリムです。
(ブレーキゾーンの仕上げや 最上面の化粧カーボンの仕様など
細部は異なります)
リムのシリアルナンバーから製造年が分かりますが、
間違いなく2007年製です。

DSC07003amx3.jpg
ハブはノヴァテックの482系で
旧エボハブとほぼ同じものですが、
DSC07005amx3.jpg
シマノ10S専用フリーという ちょっと珍しい仕様です。
お客さんは11Sフリーボディへの変更をご希望なのですが、
フリーボディの交換自体は可能です。

ただ、旧エボハブは右フランジの位置が
エボライトハブよりも外に出ているので、
11Sフリーボディで使うと
リヤスプロケットのローギヤに変速したときに
リヤメカのプーリーケージとスポークが干渉する可能性があります。

変速調整や リヤエンド調整も含めれば
それでも何とか使えるかもしれないので、
フリーボディだけの交換で対応しましょうか?と提案したのですが

DSC07007amx3.jpg
↑フリー側のヌポークがチェーン落ちで
軒並みガリガリに削れているので
ハブ交換をして組み換えることになりました。

DSC07008amx3.jpg
WH005リムの限界テンションは
2013年ごろから100kgfに変更になりましたが
これは その前のモデルなので130kgfとなっています。
実際はここまで張りませんが、かといって100kgfだと
できることが かなり制限されるので、
実質 限度なしの130kgf表記のほうが助かります。

DSC07010amx3.jpg
組めました。

DSC07011amx3.jpg
エボライトハブ24H 半コンペヨンロク組み結線ありです。
組み換え前は 左右とも軽量エアロスポーク(CX-RAYよりやや重い)の
ヨンヨン組みで まあまあ張ってはいましたが、
組み換え後は リムの上限テンション表記のおかげもあって
ビビらずにカッチリ組めるように攻めたので さらに大化けしています。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/01/22 12:35 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1667-b70eac0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター