のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ニュートロン ウルトラさん  

お客さんからニュートロン ウルトラをお預かりしました。
DSC06961amx3.jpg
DSC06962amx3.jpg
買ってから当店に乗ってきた程度しか使っていない ほぼ新品です。
振れがかすかにあったのと リヤハブにガタがありましたが
センターは前後とも ドンピシャといっていい仕上げでした。
たまに こういうのはあります。

後輪は反フリー側ラジアル組みですが、
DSC06963amx3.jpg
↑超ハイローフランジなのと
(とくに反フリー側のスモールフランジ具合がすごいです。
スポークヘッドが納まっている位置が
通常のハブのフランジ穴になると考えると
いかに小さいかということです)
DSC06965amx3.jpg
↑フリー側
DSC06966amx3.jpg
↑反フリー側
左右異径スポークなので
反フリー側ラジアル組みとしては
かなりスポークが張れていました。

DSC06967amx3.jpg
リヤリムにはアシンメトリック(左右非対称)とありますが、
DSC06968amx3.jpg
↑実際に こんな風に非対称なリム形状になっているのは
ハイペロンだけです。
ニュートロンも、その前のモデルのニュークリオンも、
それの廉価版のプロトンも
DSC06970amx3.jpg
リムの形状そのものは ほぼ左右対称です。
リム穴が左寄り(政治思想のことではありません念のため)にあいているので
「オフセットリム」ではありますが
「アシンメトリックリム」という表現は違うような気がします。

「左右それぞれのスポークの軌道がアシンメトリックである」というのであれば
オチョコがある時点で すでにそうですし。

DSC06972amx3.jpg
↑リム穴が左寄りで、しかも左右の穴振りがあるので
反フリー側のフランジに対応するほうの穴は
端っこギリギリにあいています。
それもあってか補強の壁が リム内部に設けてあります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1670-fe082a7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター