のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

50mm高カーボンリムの後輪を組み換えました  

今日もホイー(以下略)。
DSC00132amx4.jpg
お客さんから カーボンリムの後輪をお預かりしました。
リヤハブは秘密です。

DSC00134amx4.jpg
穴数は24Hで、左右とも ピラーの丸穴に通るタイプの
スクエアエアロ(四角断面の扁平)スポークで
ヨンゼロ組みに組まれていました。
星のエアロスターブライトIII型に酷似していますがやや厚みが薄い感じです。
これが見合った価格で 且つ安定供給されるなら
半コンペ相当の左右スポーク比重差用のフリー側のエアロスポークとして
採用してもいいかもしれません。
ある事情から 組み換えることになったのですが、
リーフハブを使いつつ 仕様はお任せということになりました。

DSC00136amx4.jpg
組めました。
ハブの寸法が違いすぎるので 元のスポークが使えないこと、
なので反フリー側ラジアル組みはタンジェント組みにして
結線もやりますという提案をさせてもらいました。
実際はもっとゴリ押し気味の誘導だったことは否定しません。
組み換え前よりも「かかりのいい」ホイールにすることだけは 保証します。

DSC00137amx4.jpg
リーフハブ24H 半コンペヨンヨン組み結線ありです。
珍しく24Hでヨンロク組みしなかったのにも理由はあります(書けませんが)。
元が左右同径スポークのヨンゼロ組みだったので
結線無しでも組み換え前より カッチリ目には組めましたが、
ハブの寸法だけは組み換え前のほうが かすかに優秀でした。
その辺りの差はスポークの選定と 組み方と 結線で
十分 逆転できているとは思います。

スポークの長さは 多少切り詰めるのは可能なので、
使い回しできなかったということは
組み換え後のほうがスポークが長い=組み換え前のハブのほうがラージフランジ、
ということです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/03/13 05:47 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1792-4315f9a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター