のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

レーシングゼロ 2WAY-FITさん  

お客さんからレーシングゼロをお預かりしました。
DSC00149amx4.jpg
DSC00151amx4.jpg
初代2WAY-FITです。
当時のレーシングゼロとの違いは
・ネクタイスポークからカンパニョーロと同じ きしめんスポークに変更
・カーボンハブ胴の採用
・後輪のリム穴の間隔がG3寄りに変更
となり、これ以降の2WAY-FITではないレーシングゼロも
今後この仕様になりました。

DSC00150amx4.jpg
↑2WAY-FITの初期モデルなので、要約すると
「IRCのチューブレスタイヤは使うな」ということが書いてあります。
ハッチンソン以外でチューブレスタイヤを出していたメーカーは
当時 IRCだけだったので、事実上そういうことです。

そんなことはいいとして、
点検と ハブのオーバーホールと ブレーキゾーンの磨きをご希望です。

DSC00157amx4.jpg
DSC00162amx4.jpg
ハブは前後ともバラしました。
リヤハブにガタがあったほかは異常なしと思われるのですが、
オーバーホールということなので異常の有無に関わらずバラします。

DSC00161amx4.jpg
↑リヤハブにガタがありましたが、
玉当たり調整ナットの固定ねじがゆるんでいました。

DSC00158amx4.jpg
前後ハブともボールレースのグリスがきれいで、
汚れたり 浸水とシェイクされて乳化したりなどしていませんでした。

DSC00159amx4.jpg
グリスをぬぐいました。
ボールレースに きれいな筋が入っています。
虫食いもありません。
この状態を整備や調整で出すことができないのが
カンパニョーロとフルクラムの、欠点といえば欠点です。
適正な状態で経年使用・・・というほどでもないですが
数千kmくらい使わないと この状態にはなりません。
これが最も回転がスムースかつ軽くなる状態で、
鉄球ベアリングであっても CULTの初期状態よりは
低抵抗な回転になります。
CULTでアタリが出れば もっと軽いわけですが。

DSC00166amx4.jpg
↑フリーボディの爪起こしバネも変形していませんでした。

DSC00167amx4.jpg
リヤハブシャフトと フリーボディのベアリングとの接点のうち、
外側だけに もらい錆びがあります。
今回 右エンドナットにゆるみはありませんでしたが、
右エンドナットがゆるんでいた場合
シャフトに対してフリーボディが左右にガタつくので
シャフトとベアリングの接点が2ヵ所とも磨耗して真っ黒になります。
もらい錆びが外側だけということは、
外側のベアリングの内部が錆びてしまっていると思われます。
実際、外側のベアリングを指で回すと回転がゴリゴリでした。

DSC00170amx4.jpg
DSC00189amx4.jpg
フルクラムではフリーボディのベアリング単体の販売はないので、
フリーボディそのものの交換になります。
画像とキャプションが一致していないような気がしますが、気のせいです。

DSC00171amx4.jpg
シャフトのもらい錆びですが、軽度であればラバー砥石で消すことができます。
というより ラバー砥石の本来の用途は錆び落としなのですが。
DSC00172amx4.jpg
↑半分だけ軽くかけてみました。
DSC00174amx4.jpg
↑頑張りました。
ラバー砥石のいいところは、やりすぎる(削りすぎる)危険性が低いことです。

DSC00176amx4.jpg
リヤハブ胴のステッカーが逆ロゴだったので、
DSC00178amx4.jpg
フロントハブもそれに倣いました。

DSC00153amx4.jpg
DSC00182amx4.jpg
つづいて 忍法ヤ○オクの術でリムサイドをきれいにしました。
(「つづいて」と書いていますが 時系列では
ハブ分解よりこちらが先です)
DSC00154amx4.jpg
実は よく見ると、
後輪のフリー側などは ブレーキゾーンの中央あたりにある
異物を噛みこんだシューによる磨耗痕などは完全には消せていません。
DSC00155amx4.jpg
でも作業途中の境目で これくらいきれいにはなっているので、
よくよく見ない限りは新品みたいになります。
DSC00193amx4.jpg
な・・・なんて邪悪な術なんだ・・・。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1795-6692399f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター