のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

チタンキャップスクリューボルト、入荷!  

チタンボルト、入荷しました!
DSC09140amx.jpg
キャップスクリューというのは、頭部が円筒形で
六角穴が付いているボルトのことです。
まずはM5の首下20mmから。
多くのステムの ハンドルクランプ側の4点留めボルトに
使われているサイズがこれです。
首下長さ18mmのものも多いですが、2mmカットする事も出来ますので
お買い上げの際に お申し出ください。

コラム側固定ボルトがM5なら そちらにも使えますが、
私はコラム側をチタンボルトにするのは あまり好きではないので、
オススメはしません。
また、コラム側は よりシビアに首下長さを設定する必要があります。
(ボルトが長くて突き出していると、ダンシング時に膝を切ります)

首下すぐから ねじ山があるので、ボトルケージの固定ボルトとしても使えます。
アルミの方が比重が軽いのは確かですが、
アルマイトとて剥げないわけではないので、耐候性の高いチタンボルトを
選択するのもありです。

DSC09135amx.jpg
余談ですが、アルマイト処理というのは上の写真の
コラムスペーサーのような表面処理のことです。
これは均質な酸化被膜でアルミの表面を覆うことなので、
理論上は「この色に錆びさせている」のと一緒です。
錆びの膜なので、退色や腐食が全くないわけではありません。

DSC09141amx.jpg
M6の首下長さ40mmも入荷しています。
これはヘッドキャップボルト用として仕入れています。
ここもやはりアルミに置き換えられる部分なのでアルミが最軽量ですが、
ヘッドキャップは汗がかかる部分なので、人によってはステムを
腐らせてしまうこともある部分です。
なのでアルミ化よりチタン化の方がいいという人もいるので、
仕入れてみました。

category: 新着情報!

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/18-82c5a52f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター