のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ボーラウルトラツー ダークラベルさん  

お客さんから ボーラをお預かりしました。
DSC00261amx4.jpg
DSC00260amx4.jpg
まず間違いなくセンターがずれていると思われる、ということです。

チューブラータイヤが リムセメントで張ってありましたが、
内蔵ニップルなので 剥がしました。
張ってから日が経っているからだと思いますが、
あまりに簡単に剥がせたので 作業後にしたタイヤの張り直しだけでも
意味はあったと思います。

DSC00256amx4.jpg
リヤハブの右エンドナットが手でゆるむ・・・というのは恒例ですが、
これは左エンドナットが手でゆるみました。なぜなんだ。
ちなみに右は大丈夫でした。

DSC00257amx4.jpg
前後タイヤともシーラント入りということですが、
前輪は わりとスムーズに空気が抜けたのに対し
後輪は バルブ内でシーラントのカタマリが詰まっていて
なかなか空気が抜けません。
バルブコアを外しましたが、
スヒーッという音とともに かすかに抜けるだけで
タイヤを外せるところまで平たくなるのに時間がかかりました。

で、肝心のセンターずれですが
DSC00259amx4.jpg
↑まえ
DSC00258amx4.jpg
↑うしろ
なんじゃこりゃ。
異常にずれています。
間違いなく 片側に偏重した横振れ取りだけを
頑張ってみました、という作業の結果です。
出荷状態でこんなにずれていることは ありえません。
お客さんはこのホイールの最初のオーナーではないので
修理の履歴を知らないのですが、
こんなにずれていればフォークやフレームに付けたときに
気付かないほうが難しいくらいです。

前輪はセンターに寄せるように増し締めすればいいだけなのですが、
後輪は困ったことにリムが反フリー側に寄っています。
G3組みの増し締めは 反フリー側のほうがやりやすいので
夢中になって頑張ったのでしょう。
これをフリー側の増し締めだけで取り戻すのはちょっときつい・・・
と思ったのですが後輪のテンションが低めだったので
ほとんどフリー側の増し締めだけで
振れ取りとセンター出しができました。

どこまで張っていいのかという基準として、
DSC00314amx4.jpg
ボーラワンとウルトラツーが
たまたま当店にあったので助かりました。
このウルトラツーは、記事にはしていませんが
私が過去に ある理由から かなりカッチリ張った個体なので
「ここまでは大丈夫」という自信が持てます。
といっても このウルトラツーの「ここまで」ほどには
今回は 張りませんでしたが。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1806-2c2efe29
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター