のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

のむラボホイール5号!(前編)  

TniのAL22リム、入荷しました!
DSC01489amx.jpg
カタログ重量380gの軽量アルミリムです。
22というのはリム高22mmであることに由来します。

CX28という28mmのリムも出ているのですが、
そちらはカタログ重量490gです。
なぜかメーカーさんの方で「シクロクロス用」と銘うっています。

AL22、CX28とも32Hの仕様のみとなります。

CX28に関しては、個人的にはAL300リム(460g)が上位互換な気がするので、
シクロクロスでもAL300のほうがいい気がします。

DSC01490amx.jpg
軽いリムは継ぎ目の精度が残念なのが多いのですが、
AL22はこの点かなり いい方です。

DSC01491amx.jpg
ステッカーが一時のフルクラムっぽいのはスルーしてあげましょう。
↑言及しとるがな

DSC01500amx.jpg
AL300と・・・
DSC01496amx.jpg
継ぎ目の処理が同じなので 製造元が同じだと思われます。

気になる重量ですが、
377g、376g、377g、391g、379gでした。
ん?重量的にハズレが1本ありますね。
これはちょっと身の振り方を思いついたので除外します。
基本的には380g弱で安定しているようです。

DSC01493amx.jpg
先日、このホイールに使う長さのCX-RAY32本で
概算値149.6gだと書きましたが、
実測値は149.7gと149.6gを行ったり来たりでした。
上の画像は149.6gの瞬間を撮ったものです。

DSC01494amx.jpg
ハブは32Hなのでフランジの穴が多く、その分軽いはず?と思われます。
リムを380gとした場合の概算値が608.5gなので、
377gくらいのリムで組めば599gになんとか乗せられるかもしれません。

DSC01495amx.jpg
無理でした。
いや、これでも十分軽いんですけど。
完組みホイールメーカーなら「カタログ値590g!」とか
ふかすところなのでしょうが(笑)。
AL22の380g弱という軽さですが、
WH-7850-C24のWOリムで実測382g、
R-SYS SLのWOリムで実測385g(いずれもフロントリム)なので
完組み最軽量WOリムと外周部重量が同じくらいということです。
完組みホイールはリヤリムがフロントよりも重い(←わざとそうしている)ことが多いので、
前後とも同じ重量で組める このリムはその点でも有利です。

過去に軽いWOリムでALEXRIMSのEST13(実測345g)や
同じくALEXのクロスティーニR3.1(自称370g・実測388g)、
NO TUBESのZTR Alpha340(実測348g)などありましたが、
軽いWOリムは 同名のままで重たくしたり 廃版になったりすることが多いので、
AL22もいずれそのような運命をたどるかも知れません。
実測値が400g未満である限りは仕入れ続けようと思います。

後輪および価格はまた後日。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 3

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/01/09 18:27 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/04/11 13:03 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2013/04/11 15:16 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/185-5f13f956
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター