のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

オープンプロを 7700のリヤハブで組みました  

今日もホイー(以下略)。
DSC01108amx4.jpg
オープンプロで後輪を組みました。
リムのアルマイトの色はマヴィックでいうところの「CD」です。
この色のリムは、同じオープンプロのシルバーやブラックと比べて
ホイールを組む感触が 明らかに硬いです。
シルバーよりもブラックのほうが かすかに硬いですが、
ブラックとCDにはそれ以上の差があります。
リムサイドまでCDになっていることも硬さに関係あるはずです。

ハブはFH-7700です。
回転の軽さでなら、未だにこのハブが歴代のデュラエースで最高です。
玉当たり調整が無段階で出来なくなった7900以降の構造に対する批判は
過去に何度か書いたと思いますが、それを置いても
7700はベアリング球が大きいこと、あとは玉押しとの接触角度や接触面積が
とくに良く出来ているような気がします。
同じく無段階で玉当たり調整が可能な7800系のハブでも
このハブをチューンしたときの回転の軽さにはなりません。

DSC01107amx4.jpg
デュラエースのハブフランジは厚みがあり、
しかも14番のスポークが通りにくく作ってあるので
スポークの首下の食いつきが非常にいいです。
これは現行モデルでも同様です。

DSC01109amx4.jpg
32H 半コンペヨンパチ組み結線無しです。
組み方も結線無しも お客さんの希望です。
張れるオープンプロだからというのもありますが、
結線不要と思えるくらいになりました。
左右異径異本組みの教科書にしたいくらいの出来です。

DSC01110amx4.jpg
・・・それだけではないですね。
このハブ、右フランジ幅が20.8mmと広いので
オチョコ量の左右差が少ないのです。
昨今のハブは19mm前後が多いですが、
20mm未満は組んでいて分かります。
32Hロクロク組みなどすれば 反フリー側がいまいち上がりません。
やっぱりハブの寸法は大きな要素です。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1874-355868b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター