のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

パワータップの完組みホイールを カーボンリムで組み換えました  

今日もホイー(以下略)。
DSC01485amx4.jpg
お客さんからパワータップの完組みホイールの後輪をお預かりしました。
つい先日も これと同じものを組み換えましたが(→こちら)、
今回は後輪だけです。

DSC01486amx4.jpg
32H 黒コンペロクロク組みです。
言うまでもなく?逆イタリアン組みです。

DSC01487amx4.jpg
ニップルは しんちゅうです。
ハトメありのリムなので、しんちゅうニップルでも いいかもしれません。
ハトメは大抵しんちゅうなので、しんちゅう合金同士の組成が多少違うとしても
電位差が原因で錆びることは まず無いからです。

昨日のオープンSUPは その理由もあって しんちゅうニップルにしました。
メシノタネコードなので 詳しくは書きませんが、
しんちゅうハトメにアルミニップルというのは 別段 問題はないのですが、
ハトメなしアルミリム(アルマイトあり)に しんちゅうニップルというのは
あまりオススメできません。
当店ではアルミニップル仕様にする場合、色がシルバーであれば
しんちゅうニップルからの差額はいただいておりません。
これは「ちょっと高くなるなら しんちゅうでいいや」と言われるのを防ぐためです。

DSC01488amx4.jpg
DSC01489amx4.jpg
バラしました。
ついでにハブを洗浄しておきました。

DSC01490amx4.jpg
組めました。
リムはメカニコのカーボンチューブラーリムです。
カーボンリムで32Hともなると、穴数オーダー以外には まずありません。

DSC01499amx4.jpg
32H 半コンペヨンパチ組み結線ありです。
イタリアン組みに組み換えています。

今回のリムの許容テンションは 180kgfではなく130kgfでした。
どのみち130kgfにすら張りませんが、内蔵ニップル式のリムなのに
安心して張れる感じがしなかったので、かなりビビってニップルを締めました。
32Hだと、例えば24Hと比べて 4/3倍スポークが多いわけですが
ある同じスポークテンションの総和をスポークの本数で分担する、と考えるなら
スポークが多ければ 1本あたりの張りは多少ヌルくていいわけです。
なので このリムが24Hであったとする場合ほどには
個々のスポークを張っていません。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1910-1ca945a8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター