のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

5-R1-015(5-FH-RE114)さん  

表題は「レーシングゼロさん」にしても良かったのですが、
これにしました。
R1-015というのは、フルクラムのフリーボディの 爪起こしバネの品番です。
正式名称はpawl springですが、ポウルスプリングと言われても分かりにくいので
爪起こしバネと私が勝手に呼んでいます。
品番がR1から始まっているのは、
レーシング1がフラッグシップモデルだった2005年から
ずっと同じ品番で 変更がないからです。
カンパニョーロの同様のスモールパーツの品番は
FH-RE114になります。フリーハブのレコードの114という意味です。
どちらも頭に「5-」が付いていますが、
これは5個入りで1単位の供給になるという意味です。
スポークキットなど 高額かつ個人で使い切れないようなパーツでも、
お客さんが丸ごと買わない限り 取り寄せない・売ってやらないと
いうようなショップであれば 5個買わされるということですね。
DSC01972amx4.jpg
で、今日も これの交換があったのですが、
遠出していて急にフリーボディのかかりがおかしくなった
(ときどき空転する)ということで当店に持ってこられました。
厳密には その状態の後輪を付けて乗ってこられたので
そっと走れば 走れなくは無いということです。

爪起こしバネが飛び出していますが、
DSC01973amx4.jpg
変形しているだけでなく真っ二つになっていました。
グリスで汚れているので分かりにくいですが、
フリーボディのスプラインを見ると スプロケットでカジった跡が皆無です。
(逆ねじ右エンドナットに17mmハブスパナを
かけるためにスプロケットを外しました)
ちょっとおかしいと思って さすがに伺ったのですが、
フリーボディを交換して1ヶ月くらいなのだそうです。
私はこれを含めて過去に4~5件は爪起こしバネの破損を見ていますが、
交換して すぐ折れたという例は初めてです。
おそらくは、フリーボディをハブ体に取り付けるときに
バネのおさまりが悪いのに 無理矢理はめ込んだのでしょう。
お客さん自身でやったのではないらしいですが、
作業したのが どこのショップかまでは訊きませんでした。
そのショップがどうこうというのではなく、
フリーボディを すんなりと落ち着いて はめなかったなら
こうなってしまう可能性があるという お知らせでした。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1963-e20a344a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター