のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ミスターコントロール(MR.CONTROL)の Di2コネクタが入荷しました  

表題だけでは何のことかわからないと思いますが、
DSC02041amx4.jpg
↑これが入荷しました。5月末に入荷した新製品です。
コラムスペーサーから伸びたアームに
シマノDi2の上ジャンクション(以下JC)が付いている、というスキマ商品です。

これによって救済される事例がたくさんありまして、
さっそく何件か取り付けをしました。

DSC02042amx4.jpg
スペーサーとしての厚みは6mmです。
なのでステムの下に6mmスペーサーを取り付けられるだけの余裕が必要です。
ステムの角度に応じて、下がり角が-6°用(画像 上)と
-17°用(画像 下)があります。

DSC02045amx4.jpg
↑これは 先日ドリルがうなったルビー(→こちら)ですが、
ステムが短くて上JCが付かなかったので

DSC02043amx4.jpg
ハンドルのアップバーに取り付けていました。
コードが内側に出る向きに取り付けたので
乗車中に手に当たったりはしませんが、
ライトなどを取り付ける余裕が無くなりました。
上JCを6770のものにするという手もありますが、
ファームウェア次第では(以下検閲)
DSC02046amx4.jpg
取り付けました。

DSC02047amx4.jpg
↑こんな感じになります。

DSC02048amx4.jpg
すっきりしました。


DSC02051amx4.jpg
つづいて こちらは私が組んだわけではないですが タイムのフレームです。
ステムが短いわけではないのですが、
材質や形状の関係なのか 純正のゴムバンドでテンションをかけて留めても
上JCが 手前に後退してきます。
さらに、元々はステムの高さをもっと下げていた時期があり
そのときは上JCとフレームのヘッドチューブの間隔がスレスレ、
もしくは接触していました。

DSC02052amx4.jpg
↑なので ステアリングでザックリと傷が付いてしまっています。
(傷はヘッドチューブ正面で、画像の状態ではハンドルを左に切っています)

DSC02053amx4.jpg
というわけで Di2コネクタを付けてみました。
これくらいは空きます。
ポジションが高めにしてあるのはお客さんの希望で、
将来的に下げる可能性もあります。
ギザギザスペーサーについては 次の記事で。

DSC02059amx4.jpg
まだ記事にはしていませんが、
先日 ピナレロのモンテロTTフレームを ドリルがうなりつつ組みました。
やはりステムが短かったので 上JCを ステムの下に取り付けられず、
ステムの上に取り付けています。
こういう場合はエクステンションバーに付けることもありますが、
DSC02058amx4.jpg
↑これを組んだ時点でDi2コネクタの入荷待ちだったので
スペーサー(金色の部分)を入れて応急的に組んでいますと
お客さんには説明しました。
ところで このトールキャップ、元から付いていたものよりも低いものに交換しています。

DSC02077amx4.jpg
ピナレロのヘッドパーツは、ごく最近まで
アンギュラ(=角度)コンタクトではなく
90°コンタクトの工業用ベアリングを採用していました。
アンギュラコンタクトは、プレッシャーをかければ ガタが取れつつ
ステアリングの芯が誘導されて出ますが、
工業用ベアリングでは無理なので
ガタが出にくいように圧入式となっていました。

ピナレロのトールキャップですが、
ショート・トール・グランデの3種類があり(※)
材質はアルミとカーボンがあります。
完成車には通常 グランデが付いています。

昔はピナレロジャパンで ショートやトールが手に入ったので
よく買い占めた注文したものですが、
現行モデルがアンギュラコンタクトになっているので
これらは廃盤となっており、今後の入荷はありません。
今回は私の手持ちがあったので カーボンのグランデから
アルミのトールに交換しました。
トール+Di2コネクタで グランデとほぼ同じ高さなので、
ポジションは変わりません。

※入手不可なパーツなので テキトーなことを書いていますが、
これらはスターバックスのサイズの名前であり ネタです。念のため。

DSC02060amx4.jpg
↑取り付けました。



DSC02068amx4.jpg
つづいて これは別件ですが、
やはりステムが短めで 上JCがトールキャップに接触しています。
(トールキャップにビニールテープを貼っているのは
政治的理由なので気にしないでください)

この場合は上JCとトールキャップが同期して回るので
ガリガリと こする心配はありません。

DSC02069amx4.jpg
↑ハンドルを左に切りました。
元々こするであろうことは予期していたので
ヘッドチューブに保護テープを貼っています。
透明だったのが黄ばんでしまっていますが。

ハンドルポジションを一番下にしていない理由が
「上JCとの干渉が怖いから」なので、
もしお客さんがご希望ならトールキャップを薄いものに変えつつ
これもDi2コネクタ式にするかもしれません。

DSC02070amx4.jpg
実際の取り付けに際して 注意点が一つあります。

DSC02071amx4.jpg
純正パーツではないので仕方がありませんが、
パチン!というクリック感が乏しいのです。

DSC02076amx4.jpg
↑この部分ですが、自動でパチンと はまりません。
なので手動でパチンしてください。

DSC02072amx4.jpg
↑未パチン
DSC02073amx4.jpg
↑既パチン

「これは良さそうだ!」「こんなものが出ていたなんて!」ということで
欲しくなった方もおられるかと思いますが、
最寄りのショップが当店ではないという方は
ぜひ近所のショップで お買い求めください。
取り扱いの問屋はフタバ商店さんなので、
スイスストップのブレーキシューや リザードスキンのバーテープが
売っているショップであれば 入手可能です。

category: 新着情報!

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1972-1d8b6c5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター