のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

キシリウムESさん  

お客さんからキシリウムESをお預かりしました。
DSC02242amx4.jpg
DSC02246amx4.jpg
前輪は かすかにセンターずれあり、後輪は センターずれほぼなしで
前後輪とも そこそこ振れていました。

フロントハブは、ちょっと触ったときに
「これ、セラミックベアリングに換えていませんか?」と
私のほうから訊いてしまったくらい回転が軽かったのですが、
リヤハブは回転がゴリゴリでした。
やはり 前後ハブともセラミックベアリングに交換しているそうですが、
リヤハブのゴリゴリはお客さんのほうでも気付いていて
傷んでいる側(もし両方なら 両方とも)の交換をご希望です。

ベアリングの話ですが、
鉄球にピンキリあるように セラミックにも良し悪しはあります。
セラミックベアリングなるものが みんな同じなら
「安いものが一番いい」となるはずですが、やはり そうではありません。
品質は 概ね価格に比例していますが、大事なのはボールの真球度と
ボールレースがそれなりに硬いかどうかの2点です。
とくに後者ですが、私の経験上これが特に優れているのは
CULTベアリングと セラミックスピードの2つです。
といってもCULTはカンパニョーロとフルクラムにしか取り付けられませんし、
セラミックスピードは かなり高価です。
(セラミックスピードには より高価な「COATED」という
グレードのものがありますが、非COATEDでも他社のものとは別格に違います)

じゃあ価格と性能を秤にかけたときに
上記2社以外で どこのものがいいのか?と訊かれれば
私はTniのセラミックベアリングをオススメします。
ステマでは ありませんよ。

DSC02243amx4.jpg
後輪のハブシャフトを抜いてみたところ、
フリー側のベアリングだけがゴリゴリになっているのが分かりました。
確認後に ベアリングも抜いています。
Tniのベアリングは すでに仕入れてあるので、
ボールレースがボールの硬さに負けた
二束三文?のセラミックベアリングが
どこのものであったか 晒してやるとしましょう。

DSC02245amx4.jpg
すいません、元のベアリングもTniでした。
今回は残念な結果でしたが、本当に これは
価格のわりには 持ちが良いのです。
私の使っているカンパニョーロのクランクも
USBベアリングがダメになってから Tniの同サイズのものに交換していますが
今のところ中身が傷んでおらず しかもその期間が
元のUSBベアリングが使えた期間を超えています。

DSC02234amx4.jpg
↑ちょっと斜めから
DSC02235amx4.jpg
↑真上から
あと、フロントリムのビードフックに凹みがあるので
何とかなるなら 何とかしてほしいとのことです。
リムの中央にある白い点は、私が水性ペンで付けた印です。

DSC02241amx4.jpg
↑ちょっと斜めから
DSC02240amx4.jpg
↑真上から
だいたい直りました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1990-7d7bb1b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター