のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

レーシングゼロ カーボン WOが入荷しました  

レーシングゼロカーボンの WOリム仕様が入荷しました。
DSC02296amx4.jpg
DSC02297amx4.jpg
当初の入荷予定は2月末だったはずですが、
6月初旬に入荷しました。

当店で 吊るしの完組みホイールを仕入れるというのは
めったに、というより まず無いことなのですが
これはかなり気になったので仕入れてみました。

DSC02298amx4.jpg
DSC02299amx4.jpg
↑実測重量です。
私が嫌いな「前後で○○○○g」という呼び方でいうなら 1345gとなります。
カタログ重量は1358gなので、なかなか優秀な結果です。
だいたいこういうものは 後からコッソリ重たくなる傾向があるので
買うなら初期モデルがいいかも知れません。

今回入荷した2ペアは すでに売約済みとなっています。
どちらのお客さんも 私の自転車仲間で、お客さん同士も知り合いですが
片方のお客さんには「すぐに買いに来るな」と言ってあります。
先に販売するほうは、前後輪ともスポークテンションの高いほうを抜き出して
(といっても微々たる差でしたが)点検を済ませておきました。
後輪のセンターずれが かすかにあった程度です。

後で販売するほうは、元以上の精度とテンションにすることを約束して
DSC02346amx4.jpg
DSC02348amx4.jpg
DSC02347amx4.jpg
バラしました。
これがしたかったので 吊るしを仕入れたのです。

DSC02349amx4.jpg
ニップルは、アルミリムモデルと違い
形状が専用のものになっています。

DSC02350amx4.jpg
リム外周側に唯一あいているバルブ穴は ニップルを取り出せないサイズでした。
リム内周側のバルブ穴についているカタカタ音防止ガードを外して
そこからニップルを出します。
組みやすいですが バラしにくい仕様です。

フルクラムが始めた ニップルをマグネットで呼ぶ方式は、
元々はマヴィックのジクラルスポークの特許侵害除けのためだったはずですが
リムに直接ねじを切らないので カーボンリムの採用が可能になっています。
なので キシリウムでは無理な アルミスポーク+カーボンリムという
組み合わせのホイールが実現しました。

先ほど「前後で○○○○g」という呼び方(評価の仕方)が 嫌いだと書きましたが、
その理由は この数字だけでは 肝心なリムの重量について
詳しいことが分からないからです。
例えば650gの前輪があったとすると、
リムの重量は400gでも450gでも あり得ますが
その2つのホイールでは 踏み出しの軽さが全く異なります。
ある完組みホイールについて 性能を評価するのであれば、
リムの重量を知っているのかどうかは非常に重要なことです。

あと、座屈対策の強度確保が 主な理由だと思うのですが
フルクラムやカンパニョーロのミディアムハイトのアルミリムの場合、
リヤリムのほうが少しリム高が高く 重量も30gほど重たくなっています。
ところが 今回のレーシングゼロカーボンでは、
前後のリム高が同じで 重量も個体差程度の違いしかありませんでした。
その具体的なリムの重量についてですが・・・
そんなん ここに書くわけないだろうが!
↑うわこいつかんじわるい


















DSC02351amx4.jpg
オ待タセシマシタ!
今回 世界最速(多分)デ りむノ重量ヲ スッパ抜キマシタ!

コチラノ画像ヲ ゴ覧下サイ!
DSC02345amx4.jpg
ふろんとりむデス!
DSC02344amx4.jpg
りやりむデス!
↑やーめーろー!!

category: 新着情報!

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/1998-7dcb37ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター