のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

808の後輪を パワータップハブで組み換えました  

今日もホイー(以下略)。
DSC02467amx4.jpg
お客さんから最新モデルの808の後輪をお預かりしました。
一緒にパワータップのリヤハブもお預かりしていて、
組み換えをご希望です。

DSC02469amx4.jpg
ところで このホイール、
タイヤを張った跡もなければ
ブレーキをかけた跡もありません。
どうやら未走行の新品のようです。
仮に、多少使ってから
これらの痕跡を分からないレベルまで消したとしても

DSC02468amx4.jpg
フリーボディにスプロケットの跡を残さないのは
不可能だと思うので やはり新品のようです。
フリーボディはカンパニョーロ用ですが、
お預かりしたパワータップのハブはシマノ用なので
どうも「パワータップハブの808ホイールの材料」として
リム単品ではなく ホイール全体を海外通販で特価で買った、
という事情なのではないでしょうか。

DSC02531amx4.jpg
ホイールは、ZIPPの箱と比べてピッタリ一回り大きな
某海外通販の箱にマトリョーシカ状態で入っていました
(マッチ箱を想像してもらうといいかもしれません)。

DSC02532amx4.jpg
←←←立つ位置まちがえた←←←

DSC02471amx4.jpg
DSC02473amx4.jpg
ところでこのハブ、ゼロニー組み相当の前作から
はるかに ましになった新作です。
見かけ上は左右同径フランジで、
反フリー側のスポークヘッドの位置を フリー側より小さくして
実質的にはハイローにしている・・・
わけではなくて本当に左右同径フランジですが、
808のリム高さ(=スポークの短さ)あっての スポークのたわみにくさで、
左右同径同本組みでも 反フリー側がヌルいということはありませんでした。
新ハブの303は 新ハブの808より反フリー側がヌルくなるはずですが、
それでも旧ハブの303よりは明らかに硬いはずです。

旧ハブからの組み換えなら「組み換え前より硬くなる」と
ほぼ断言できますが このハブからでは精一杯張って微増というところでしょう。
といってもそれは 組み換え前と同じ全CX-RAYにした場合で、
半コンペという反則技を使うので かかりの良さを
組み換え前以上にすることは出来ると思います。
今回は組み換え前のホイールを使っていないようなので
(お客さんの感想で)それが出来たかどうかが 確認できそうに無いですが。

DSC02528amx4.jpg
組めました。

DSC02529amx4.jpg
G3ハブ24H 黒半コンペヨンロクイタリアン組み結線ありです。
イタリアン組みと わざわざ書いたのは
お客さんの希望に「イタリアン組みで」とあったからです。
黒スポークにしたのは私の一存で、
当初は銀スポークにするかもと言っていましたが
結局 黒スポークにしました。

DSC02527amx4.jpg
ニップルの首下のワッシャーは 使い回していますが
今回はニップルの形状が優秀だったので ニップルも使い回しています。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2019-1cdc12e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター