のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

レッドメタル 29 SLさん  

お客さんから レッドメタル29をお預かりしました。
DSC02559amx4.jpg
DSC02548amx4.jpg
前輪は お客さんがステッカーを一部剥がしています。
このステッカー、リムサイド全域に渡っているので
振れ取り作業の妨げとなり 困ります。
何とか出来ましたが。

ロードバイクの700Cというサイズですが、
622Cのリムにタイヤを履いて空気を入れた状態の外径が
約700C(1C=1mmなので700mm)になることから
そう呼ばれています。
(実際に700Cになるタイヤ幅はと言えば28Cくらいなのですが)

29インチというサイズは、
700Cサイズと同じ622Cリムに MTB用のタイヤを履くと
タイヤ込みの外径が 約29インチになるので そう呼ばれています。

要するに幅の広い700Cリムに
オフロードタイヤを履かせた規格、ということです。

WOリムの場合、ビードフックの部分の幅の表記が
あるものもあり(リム自体の幅ではない)、
ロードバイク用のリムの場合は 15C前後が標準ですが
このリムは19C幅なので リムに「622×19C」という表記があります。
先日のフルクラム レーシングゼロカーボンは622×17Cとあったので
最近 増えてきたロードバイク用のワイドリムは
既存のロードバイク用の幅と クロカンMTB用の幅の
中間くらいということになります。おそろしや。

それはいいとして、前輪はちょっとした振れ取りで済みました。
ハブも玉当たり調整ついでに中を少し見ただけで
グリスアップなどもしていません。

後輪は かなりの強敵でした。
センターずれが1円玉1枚くらいの幅であり、横振れが かなりあります。
目立つのは1ヵ所ですが、細かい振れはたくさんあります。
さらに、お客さんの申告で リムのビードフックに凹みがあるということでした。

DSC02551amx4.jpg
↑ここですね。
DSC02552amx4.jpg
ほぼ直りました。
ふくらんで見えるのは ステッカーの めくれです。
指で触っても 凹みも ふくらみも 感じない程度にはなりました。

ここから片っ端に振れ取りを続けたのですが・・・
DSC02554amx4.jpg
↑ここも かすかに凹んでいます。
振れ取りをしていて「おかしい」と思った箇所です。
DSC02556amx4.jpg
直しました。

DSC02550amx4.jpg
時系列が前後しますが、リヤハブは分解しました。
カップ&コーン式ではなく カートリッジベアリングです。
フリー側のベアリングの回転が ややゴリっていましたが
グリスアップで対処しました。

DSC02557amx4.jpg
後輪は結果的に洗ってしまいました。
DSC02558amx4.jpg
このホイールの持ち主のお客さんは
自分で多少はホイールを触れますが、
さすがに これは当店に持って来られました。
私も ビードフックの凹みは別として
リムそのものに歪みがある、と作業前は思っていたのですが
実際には かなりきれいに直せたので驚きました。
横振れはステッカーの厚み以下になっています。
フルクラムの後輪ですが 2:1スポークではないのも幸いしました。

ホイールを多少は調整できるほどのお客さん、ということと
このホイールのお持ち込み時点での惨状が
事情として噛み合わない気がしたのですが、
このホイール、人に貸していたそうで
通勤だか通学に ガンガン使い倒されていたそうです。
思えば確かに そんな感じの汚れと スプロケットの摩耗具合でした。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2025-c64edb2c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター