のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

解けないパズルに 傷をつけただけ  

お客さんから ある相談を受けました。
カーボンコラムに入れている プレッシャーアンカーが抜けないので
コラムカットをしたいのに どうしようも出来ないということです。
DSC03048amx4.jpg
↑この状態から 割りに食いついている台ウスを落とすのに
アーレンキーを介してプラスチックハンマーで軽く叩く必要はありますが、
最初に持ち込んだショップでは それとは別に
「おいおいそんなに叩いて大丈夫なのか」と
お客さんがビビってしまうほどハンマーで思い切り 叩いていたそうです。
それなのに「これはコラムから抜くことはできない」と言って
突っ返されたそうですが、確かに このアンカーは
ウスの食い込み以外の理由で
一般的なアンカーより抜けにくい構造にはなっています。
ここに書いてやったりはしませんが。

DSC03049amx4.jpg
しかし、構造が想像できれば
異常な衝撃荷重(笑)などを使わなくとも
アンカーをコラムから回収することはできます。
現に このように抜けました。

仮に このプレッシャーアンカーを初めて見た(私は そうですが)としても
ハンマーでバンバン叩いた挙句
外すこともできないというのは ちょっとセンスが無さ過ぎです。

きっと「これは こんなものですよ(これ以上は直せません)」と言う限界が低かったり
そもそも技量があれば普通断らないような仕事を 断ったりしているんでしょうなぁ。

追記:書いてることが逆だったので訂正しました。
ご指摘のコメントありがとうございます!

このアンカーですが、△stemという表記があります。
DSC03050amx4.jpg
この矢印をステムの割りに合わせなさいという指示です。
リッチーのステムのように 斜めに割りを切ってあるので
割りを広げたときの応力が コラムへのダメージになりにくいようにしてあります。

DSC03051amx4.jpg
↑アンカーのツバの周りにヤスリで削ったような痕がありますが、
これはアンカーを抜くために ここの径が関係あると思ったのか
削られてしまったそうです(関係ねーよ バーカ)

もうひとつエラソーなことを書きますが、
不可逆な加工をしたのであれば結果が出るまで突っ走るべきです。
それが無理そうなら 最初っからお断りしましょう。
詳しくは訊いていませんが、これも「触った以上は仕方なく」
工賃を盗られているのでしょうか。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2065-87582384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター