のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

初代シャマルウルトラさん  

お客さんから 金シャマルをお預かりしました。
DSC03054amx4.jpg
DSC03065amx4.jpg
オーバーホールと点検をご希望です。
年代的には新しいものではないですが
ブレーキゾーンが大して汚れていないので
酷使していないのは確かです。
お客さんのほうで忍法ヤ○オクの術を使って
私が幻惑されていなければですが。

DSC03055amx4.jpg
DSC03069amx4.jpg
分解~。

DSC03056amx4.jpg
シャフトについた純正グリスが汚れていません。
DSC03057amx4.jpg
ボールレースも 筋がつくほど使ってはいません。
DSC03060amx4.jpg
ハブ側も同様です。
ただ、ベアリング球は使用感がありました。

DSC03067amx4.jpg
DSC03072amx4.jpg
後輪も 前輪と同じく傷みはありません。
どちらも 洗浄してからグリスアップしました。

点検ですが、前輪は紙1枚ほどのセンターずれがあり
後輪は その倍ほど ずれていました。
DSC03062amx4.jpg
前輪の みなし右側で取った寸法を
みなし左側(玉当たり調整ナット側)に当てると・・・
DSC03063amx4.jpg
↑これくらい空いています。
この程度なら センタードンピシャの前輪と交換しても
ブレーキのセッティングがずれているのが 分かるほどではありません。

いつか書こうと思っていましたが、
このくらいのセンターずれを「紙1枚くらい」などと
普段 表現したりしていますが
センターずれを直すのに リムを横に動かす量は
実際には見えているすき間の半分です。
なので 本当のセンターずれの量は
「紙0.5枚くらい」と言ったほうが 正確なのですが
普段 私が言うところのずれの量は
この目視できる すき間のことです。
分かっていて書いているので 気にしないでください。
いつかツッコミが入るのではと ビビッていました。

DSC03108amx4.jpg
仮にオーバーロックナット寸法が5mmのハブと
幅が2mmのリムがあったとして 上の図のようにずれていれば、
フリー側で取った寸法を 反フリー側で当てると
ゲージとハブのすき間は1mmになりますが
実際のセンター出しは「フリー側に0.5mm移動」となります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2068-51f6e5b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター