のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

C22Aさん  

お客さんから トーケンのC22Aというホイールをお預かりしました。
DSC03284amx4.jpg
軽そうな アルミWOリムです。
私は なぜか このリムの許容テンションを知っている気がするのですが、
理由は分かりません。

スポークは 全CX-RAYですが、フリー側は
私がもしも このリムで張り気味に組んだとしても
ここまでは まず張らないだろうというくらいに張っていました。
これに耐えるのが このリムのすごいところです。
このリム、個体の95%が 実測重量369~394gの範囲に収まり
70%くらいが384gプラスマイナス5gの範囲に収まるような気がします。
気がするだけですが。

DSC03285amx4.jpg
C22A・・・AL22・・・、
XR200・・・うっ・・頭が・・・

DSC03287amx4.jpg
スポークが1本飛んでいるので修理をご希望ですが、
スペアのスポークとニップルが ホイールに付属しているので
それで直します。

スポークは通常のCX-RAYより非バテッド部分が少し長く
ニップルは外周部から回すことができる仕様の
ちょっと特別なものですが、仮に これで無かったとしても
通常のサピムのCX-RAYと14mmアルミニップルで
修理は可能です。

DSC03288amx4.jpg
直りました。

DSC03289amx4.jpg
↑なぜか交差を編んでいません。
黒スポークは 交差が擦れるとギチギチと音鳴りしますが、
フリー側で このテンションなら 編んでも異音はしないはずです。
編まない場合 反ヌポークがヌポークを
ホイール内側へ押さえつけることをしないので
ローギヤに変速したときに スポークがリヤメカと干渉しやすくなります。
このホイールは左右ともタンジェント組みですが、
完組みホイールの後輪に 反フリー側ラジアル組み仕様が多いのは
黒スポーク同士が擦れて異音が鳴るということが 絶対に無いから、
というのも 理由にあるのではと思います。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/08/01 15:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2085-5243ba46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター