のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

訂正します(コメントのお返事)  

先日のZIPPのハブについて書いた記事で
DSC03990amx4.jpg
36Hの6本組みと 24Hの4本組みでは
スポークの角度が同じ、と書きましたが、
それについて
「36Hの6本組と24Hの4本組でスポークの角度が同じ、という部分なのですが、
ちょっと疑問に思ったので質問させて下さい。
ハブの中心からスポークを通した穴の角度(画像の赤ペンで書かれた角度)が、
私の計算では36Hの6本組が100度、24Hの4本組が90度なのですが、
のむらぼさんはどのような計算をされているのでしょうか?」
というコメントをいただきました。

ご指摘の通りです。私が間違っておりました。元記事も訂正します。
度数法と弧度法がごっちゃになっておりました。
同じになるのは「スポークの長さ」です。
XHのY本組みで X÷Yの解が同じになる場合、スポークの長さも同じになります。
リムとハブが同じなら 36Hの6本組みと24Hの4本組みと
60000Hの10000本組みはスポークの長さが同じです。
最終交差の線分(=スポーク)の長さが同じになるということから
角度も同じになるというカンチガイをしておりました。
コメントありがとうございました。

ちなみに、60000Hの10000本組みの計算式が組めれば
そこからスポーク長さが計算できます(各種補正値除く)。
DSC03997amx4.jpg
60000Hの10000本組みを図にしてみましたが、
前述のX÷Yが6のときに 
24Hで90°、36Hで100°になる角度が
60000Hでは ほぼ120°ですが
(穴数が無限大のときに120°になります)
スポーク長さは全て同じです。
最終交差の線分の挟角は違うのでハブ側の穴とハブ軸とを結んだ
補助線(冒頭の画像の赤い線)の角度は異なります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/08/28 23:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2149-ff3f9751
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター