のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ボーラ ワン 50さん  

お客さんから ボーラワンをお預かりしました。
DSC03847amx4.jpg
DSC03850amx4.jpg
振れや センターずれは ちょこっと作業して直しましたが、
もっとえげつない問題が色々ありました。

DSC03843amx4.jpg
↑まず、フロントハブの右エンド中空ボルトが外れています。

DSC04058amx4.jpg
従来のカンパニョーロとフルクラムのフロントハブシャフトは、
右エンド部分がシャフトと一体でした。
これは左右の5mm六角穴に アーレンキーを突っ込んで回して
締めゆるめをします。

DSC04059amx4.jpg
ところが、ベアリング径が前後同径でなく
従来より小さくなった新フロントハブでは、
右エンドとシャフトが別体なので 右エンドのほうが先にゆるむ可能性があります。
これは新フロントハブの 欠陥レベルの設計で、
構造を改めない限り 今後同様のトラブルが多発すると思われます。

同様の件で すでに5件以上 直しました。
レーシングゼロナイトで シャフトそのものを交換したことも すでにあります。
ここを触る場合は本当に要注意です。

DSC03844amx4.jpg
右エンドのねじ山に ゆるみ止めを塗布してありますが、
左エンドも同様の処置をしているうえ やたらと締めこんであることが多く
こちらが先にゆるむ可能性も十分に高いです。

これを元に戻せばいいだけなのですが、
ハブスパナのつかみ部分はアルミ製です。
自転車専用工具ではない薄口スパナが通るほど 幅が広くもないので

DSC03845amx4.jpg
ハブスパナ2枚がけで固定してください。
1枚がけだと おそらくナメるか、滑って傷が付きます。
お客さんが色々触ってしまってテロンテロンに丸くなってしまった状態から
シャフトを専用バイスでつかんで直したこともあります。
初手を間違うとエライことになります。

DSC03846amx4.jpg
ねじ込みました。
接着剤レベルのねじ止め剤を塗布したのと
左エンド側にグリスを塗って締めこんだこと、
あとは過度に締めこんでいないことから
今後は大丈夫だと思われます。

DSC03852amx4.jpg
フリーボディの空転音を静かにしたかったそうですが、
デュラエースグリスを そこかしこにカンカンに詰めてあったので
全洗浄して グリスアップをし直しました。
作業中に触っただけで 意図したことではないとは思いますが
ハブフランジまでグリスまみれでした。
乳化していないデュラグリスはパーツクリーナーでも なかなか落ちません。

DSC03854amx4.jpg
リヤハブの玉当たり調整ナットの固定ねじを ひねり切っていました。
というより持って来られた最大の要件は これだそうです。
回収できるかな・・・?


DSC03855amx4.jpg
回収できました。
カンパニョーロのスペアパーツとしては ねじ単体の販売は無く、
上の画像の割り入りナット型キャップとセットとなります。

DSC03857amx4.jpg
ここのねじは、単なるM3ボルトかと思えばそうではなく、
首下が丸い特殊な形状になっています。
これは過度に締めると あっさり折れます。

そうならないためのコツは
DSC03859amx4.jpg
締めていって・・・

DSC03860amx4.jpg
割りがピッチリ閉じた瞬間に手を止めればOKです。
これ以上も簡単に締めこめますが
あと1周いかないうちにポキンと折れます(たぶん)。

DSC03862amx4.jpg
今回は私の手持ちのねじ単体で何とかしましたが、
割り入り調整ナットごと買う場合 パーツ代だけで数千円します。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/09/01 09:49 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2161-4ccb6ac3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター