のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

コンチネンタル グランプリ4シーズンブラックエディションが入荷しました  

コンチネンタルから グランプリ4シーズンの限定版が入荷しました。
DSC04402amx5.jpg
DSC04403amx5.jpg
北米限定仕様とありますが、日本への入荷は今回だけになるということです。
数が少ないのでコンチネンタルの販売実績が多いショップにだけ
優先的に個別に注文を伺っています、という
買わなければならない空気に持っていく電話がかかってきたので
少し仕入れました。

もう完売しました ごめんなさい。

DSC04308amx5.jpg
DSC04309amx5.jpg
昨日のラピーデにも1ペア取り付けました。
元々はスペシャライズドの24Cのタイヤが付いていましたが、
ディクスブレーキホイールは雨の通勤用に買ったそうなので
コンチネンタルのグランプリ系の 雨天時のグリップ性能の高さを
信頼しているのでタイヤを交換してほしいということです。

DSC04310amx5.jpg
↑画像上は私物の4シーズンです。
タイヤサイドの サイドカット防止ポリアミド繊維の色が、
限定版では黒になっています。
あと、グランプリ4シーズンは 23Cと25Cの2サイズ展開ですが
限定版は25Cのみとなります。

私は、常用WOタイヤの後輪だけに 4シーズンを履かせていますが、
グランプリ4000SIIと明らかに違う特徴があります。

グランプリ4000SIIですが、
かなりの経年使用でタイヤ自体が伸びて 2Cほど太るのです。
23Cなら約25C、25Cなら約27Cになります。
ノギスで実測したことがあるので間違いありません。

DSC04388amx5.jpg
これは次の記事で出てくるR-SYSですが、
ちょうどいいタイミングで来られたので 本来の用件とは別に
タイヤ幅を測らせてもらいました。

タイヤサイドの表記は23Cですが、
DSC04390amx5.jpg
実測では 25Cをかすかに超えています。
履いてから3ヶ月くらいだそうです。

DSC04391amx5.jpg
その数値を採ったままのノギスで
別の23Cに当ててみました。

DSC04392amx5.jpg
画像のタイヤの左側にノギスを当てると
右側で これだけ空きました。これは表記通り約23Cです。

トレッドを見ると分かりますが、これも新品というわけではなく
そこそこ使ってはいます。
グランプリ4シーズンの場合、このタイヤ太りが全く起きないとは
思いませんが、経験上ほとんど太りません。
サイドの繊維が伸びを抑えていると思われます。

category: 新着情報!

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/09/14 11:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2185-3ac0a060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター