のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

WH-9000-C24-TLさん  

お客さんから 9000のチューブレスホイールをお預かりしました。
DSC04629amx5.jpg
実はホイール単体ではなくシクロクロス車を
シーズン前のオーバーホールでお預かりしているのですが、
それの後輪です。

DSC04630amx5.jpg
↑リムのビードフックが座屈で凹んでいます。
ブレーキシューの接触痕が途切れているのは このためです。

DSC04631amx5.jpg
↑このくらい へこんでいます。
お客さん自身 こうなった原因に覚えはあるそうです。

DSC04633amx5.jpg
分かりにくいので印を付けました。
DSC04637amx5.jpg
けっこう きれいに直りました。

ところで このホイールはチューブレスリムですが、
お客さんはチューブレスタイヤで使っています。
リムの修正をしたのは バイクをお預かりしてから
10日以上経ってからですが、
そのビードフックが曲がっていた期間でも
エア抜けが非常に少なかった(←シーラント無し)ことから、
リム(ビードフック)とタイヤ(ビード)では
タイヤの性能のほうがエア抜けにとって重要ということになりそうです。
もちろんチューブレスバルブも重要ですが。

その優秀なタイヤが どこのメーカーなのかを書くと
ステマ臭くなるので書きません。

DSC04638amx5.jpg
直りました。
おっと うっかり タイヤを撮ってしまいました。

DSC04639amx5.jpg
シラクCXチューブレスです。
パターンは(→こちら

リンク先にも書いていますが、シクロクロスのレースでは
事実上2気圧未満で使うはずなのに
このタイヤが3~5気圧指定なのは大人の事情です。
自己責任という言い方も ずるい気はしますが、
「1.6気圧でもOKです!」とは言えないことを察してあげましょう。

おまけ
DSC04642amx5.jpg
前輪はシラクCX マッド チューブレスでした。

DSC04643amx5.jpg
パターンはこうです。画像右が進行方向です。

WOのシクロクロスタイヤなら
転がり軽さと 乗り心地の良さと タイヤパターンの選択肢の多さでは
チャレンジがいいと思うのですが、
チューブレスならIRCのシラクCXが 私としては最もオススメです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2215-c28154f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター