のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

TOKEN HERO C45Aさん  

お客さんから トーケンのC45Aというホイールをお預かりしました。
DSC07538amx3.jpg
DSC07545amx3.jpg
アルミリムにカーボンフードを設けたハイブリッドリムを、
トーケンのハブで 組んだホイールです。

DSC07542amx3.jpg
ニップルはアルミ部分で受けているので
カーボン部分はペラペラでも問題ないはずなのですが、
DSC07539amx3.jpg
指で横っ腹を押しても ほとんどたわまないくらいの剛体感があります。

DSC07540amx3.jpg
水抜き穴は大きすぎる気もしますが、ちゃんと機能させるなら
これくらいはあってもいいです。
コスミックカーボンなどは 水抜き穴が小さいので、
私物の場合は穴を拡げてこれくらいにします。

この穴は内周寄りに あいているように見えますが、
これより外周部が ちょうどアルミリムとの接着部分になるので
回転の遠心力や ホイールを静置したときの重力で
水を抜くのに適切な位置になります。

DSC07543amx3.jpg
画像では分かりにくいですが、リムサイドは凹んでいて
角の部分は張り出したような形状になっています。

角の部分がブレーキゾーンより出ているように見えたので
センターゲージが先に接触するのでは?と思ったのですが
DSC04783amx5.jpg
実際は かすかにブレーキゾーンのほうが出ていました。
上の画像での リムの断面形状や厚みなどは だいたいの推測ですが、
先ほどの水抜き穴はアルミリム部分ギリギリにあけているということです。

DSC07549amx3.jpg
リヤリムですが、
スポークの角度が立っているフリー側は リム中央、
寝ている反フリー側は やや横に
カーボンフードのスポーク穴を設けていました。

DSC07550amx3.jpg
反フリー側がやたら張っていると思ったら 2:1スポークでした。
なので リヤリムの穴振りは「右左右」を ひとつの単位として設けてあります。
芸が細かい。

DSC07552amx3.jpg
フリー側のスポークの引っ掛け方も凝っています。

点検のほうですが、後輪にややセンターずれがあったほかは とくに問題無しでした。
↑こちらが本題で、ホイールの寸評は本来おまけです。

このホイールのリムですが、トーケン内製か 外注かは知りませんが
なかなか高品質です。
と、とぼけてみましたが 私は知っています。
私だけが知っていればいいことなので いちいち教えませんが。
↑うわこいつかんじわるい













DSC04784amx5.jpg
オ待タセシマシタ!
コチラノ画像ヲ ゴ覧クダサイ!

DSC07544amx3.jpg
DSC07546amx3.jpg
えきのっくすノWH180トイウりむデス!
↑やーめーろー!

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2222-7b09abce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター