のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

ボーラ ワンさん  

お客さんから ボーラワンをお預かりしました。
DSC05169amx5.jpg
DSC05170amx5.jpg
買ってから3年ほどだそうですが、
一度も点検などしたことが無いので 見てほしいとのことです。

まず前輪から見たのですが、
ハブの感触がCULTっぽかったので
「CULTにしてますか?」と伺ったところ
買ったときに同時にしてもらったということです。

DSC05167amx5.jpg
フロントハブです。CULTになっていました。
点検のほうは横振れが かすかにあった程度です。

で、つづいて後輪を触ったのですが、
回転が異常にゴリゴリしていました。
それだけではなく
DSC05171amx5.jpg
↑明らかに おかしいです。
ハブ体にパチンとはめるプラスチックのパーツと
玉当たり調整ナットは ほぼツライチになるはずなのですが、
なぜかナットのほうが内側に入っています。
バラす前に、お客さんに「パーツ入れ忘れてますよ これ」と告げました。
玉当たり調整ナットより内側にあるパーツは
割り入りセンタリングワッシャーと ボールレースですが、
ボールレース無しでホイールが回るとは考えにくいので
割りワッシャーを入れ忘れているのでしょう。

DSC05172amx5.jpg
やっぱり入っていませんでした。
このボーラワン、常用ホイールではなかったそうですが
それでも買ってから3年間 この状態で使っていたということです。

DSC05177amx5.jpg
フリー側のボールレースが ひどく虫食っていました。
私がCULTの虫食いでここまでひどいのを見るのは これで2度目です。
1度目の件の原因は 横ガタを長期間放置して乗っていたからなので、
よほどの瑕疵が無い限り ここまではひどくなりません。

DSC05173amx5.jpg
こちらは パーツの欠損とは無関係だと思いますが、
ハブシャフトのもらい錆びを見る限り
フリーボディの外側のベアリングが腐っているようです。

DSC05175amx5.jpg
右エンドナットの内側のスペーサーに
錆びが回っているように見えますが、
アルミ製なので ぬぐっただけで きれいになりました。

DSC05179amx5.jpg
ベアリングにパーツクリーナーを噴くと
茶色い錆び汁が無限に出る・・・と思ったのですが
そうでもありません。
回転はガラガラで腐っていましたが。

DSC05181amx5.jpg
↑シャフトのもらい錆びはベアリング直下なので、
こすれて出来た小傷に食い込んでおり ぬぐった程度では落ちません。
なのでラバー砥石を使いました。
リムのブレーキゾーンをきれいにする忍法ヤ○オクの術は
むしろ亜流な用法で、そもそもラバー砥石は錆び落としに使うものです。

DSC05185amx5.jpg
フリーボディのベアリングは外側だけを換えました。
一応 内側のベアリングも傷んでいないかチェックしています。

DSC05182amx5.jpg
DSC05183amx5.jpg
センタリングワッシャーも補填しました。

DSC05184amx5.jpg
↑どう考えても この状態になるはずなのです。
ハブの回転が かなりスムースになったのを
お客さんに確認してもらいました。

なお、これをやらかしたアホの名前を 私が言い当てたことに
お客さんは びっくりしてましたが、状況からして分かります。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2262-60c9ebb8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター