のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

タンジェント組みの隠れた利点について  

先日 ラジアル組みからタンジェント組みに組み換えた
オープンプロリムの32Hの前輪について、
「素朴な質問です。
32本のラジアル、オープンプロならば、充分な剛性だと思います。
タンジェントにした理由は、剛性過多でしょうか?」
というコメントをいただきました。

タンジェント組みにしたのは お客さんの希望です。
私も詳しく聞いていないので真意は分かりませんが、
お客さんは グラベル走行のためにあれを組んでいるので
振れにくさを重視したといったところではないでしょうか。
あと、性能がどうこうと おカタイ話を抜きにした
「見た目の趣き」というのも ある種のバイクには大事なことかと思われます。

あと私が勝手に思いつくことでは
「28H以上のホイールは、タンジェント組みのほうが圧倒的に掃除がしやすい」
というのもあるかと思います。




以下、極端な例を挙げると怒られそうなので
一般的なホイールでの具体例を挙げます。
DSC05268amx5.jpg
例 その1
32Hで普通に編んだ後輪
DSC05271amx5.jpg
↑ハブが拭きやすい!

DSC05272amx5.jpg
例 その2
元32Hのリム(現63H)でラジアル組みした前輪

DSC05274amx5.jpg
↑ハブが拭きにくい!

category: ホイールの話

tb: 0   cm: 2

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/10/19 08:37 | edit

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2015/10/19 09:24 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2270-4e496add
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター