のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

808さんと スーパー9さん  

お客さんから 808の前輪をお預かりしました。
DSC06125amx5.jpg
点検をご希望です。
DSC06127amx5.jpg
ちなみにWOリムです。
DSC06126amx5.jpg
今となっては先代のハブですが、さらに先代のスポークテンションで保持する
ダストキャップが(調整する側からすれば)嫌いなので
それで無いだけ ほっとします。

DSC06128amx5.jpg
遠方のお客さんから送ってこられたホイールなので
作業を目の前でお見せできません。
というわけで こんだけずれてましたという画像です。
もちろん直しました。

DSC06130amx5.jpg
相方の後輪はWO仕様のスーパー9です。
どこに調整する要素が・・・と思いましたが
リヤハブのガタが気になるそうです。
なんでもネットで調べたところ「多少のガタはある」と
書いてあったところもあるそうですが、
えーと、このガタはですね・・・
普通の横ガタです。
玉当たり調整をして直しました。
超絶に微妙な調整!というわけでもなく、
ただ ガタが初めて消えたところで調整ナットを固定しただけです。

DSC06131amx5.jpg
最外層の化粧カーボンのシートを、
まっすぐではなく 渦巻き曲線に張っているのがいいですね。
直線状に張るよりも ペダリング応力に対して変形しにくい、
という効果は たぶんありません。

DSC06132amx5.jpg
反対側は オーバーロックナット寸法120mmのシャフトに交換したときに
トラック用のシングルギヤが付くようになっています。

DSC06133amx5.jpg
タイヤ付きで お預かりしていますが、
DSC06134amx5.jpg
ローテーションを希望だったので 前後を交換しました。
後輪に履いていた側だけが センターラインが消えているので
やるなら 頃合いかも知れません。

DSC06135amx5.jpg
ディスクホイールに空気を入れるとき、この場合はヒラメの横カム式で合いました。
このとき、かなり慎重にカムレバーを倒しています。
DSC06136amx5.jpg
というのも、ヒラメの横カム式の
カムレバーのストッパー部分の爪のような突起(画像の部分)が、
ディスクホイールの種類によっては発泡ウレタンなどの充填剤を
えぐるように傷つける場合があるからです。
ライトウェイトのディスクホイールの先代モデルなども要注意です。
傷つけないという確信が100%でない場合は ディスクホイール用の
キセルの先のような形状のアダプターを使ったほうがいいです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2367-8d061996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター