のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

カンパニョーロのクランクのチェーンリングをこっそり換える話  

カンパニョーロの 5アーム時代のカーボンクランクですが、
DSC06724amx5.jpg
クランクアーム裏のチェーンリングボルトに
プラスチックのパーツが はめ込んであり、工具(トルクスT30)がかかりません。
これの意図は分かりませんが、通常は 破壊しない限り
チェーンリングボルトを外すことが出来ません。

DSC06725amx5.jpg
このパーツを破壊せずに チェーンリングボルトを
外すことができる工具を 昔作りました。

DSC06726amx5.jpg
外しました。

DSC06734amx5.jpg
チェーンリングボルトの穴に入れると
DSC06737amx5.jpg
パチーンと広がって抜けなくなる
DSC06727amx5.jpg
DSC06729amx5.jpg
↑こういうパーツなのですが、

DSC06730amx5.jpg
DSC06732amx5.jpg
工具の先を このように加工することによって
DSC06733amx5.jpg
パーツを避けてボルトを回すようになっています。
これのおかげで、ゆるめた履歴を残さずにチェーンリングを交換できます。

DSC06739amx5.jpg
これで「こいつチェーンリング換えたな」と バレる心配はありません。

category: その他 機材の話

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2439-4d18622b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター