のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

SM-BA01でボトルケージの位置を下げました  

お客さんから、キャノンデールのスーパーシックスの
シートチューブのボトルケージの位置を下げてほしいとお願いされました。
DSC06895amx5.jpg
びふぉー
DSC06897amx5.jpg
あふたー
長いツール缶を挿し込めないくらいの位置です。
ボトルケージ側の穴位置が
なるべく上にあるものに交換すれば 済みそうではありますが、
これのボトルケージが気に入っているということなので却下です。
ボトルケージの穴位置と 取り付け高さの関係については(→こちら)をどうぞ。

こういうときに「フレームに穴をあけて リベットナットを打ち込めばいいじゃん」
などと すぐ考えるのは私の悪い癖です。
荒事なしで済むのなら それに越したことはありません。

DSC06896amx5.jpg
というわけで、電動コンポの外付けバッテリーを
フレームの前三角の中に取り付けると ボトルケージと干渉する場合に
ボトルケージの位置を上にあげて避けるためのアダプター、
SM-BA01を使うことにしました。

DSC06898amx5.jpg
↑間に はさんでいるのがそうです。
本来の使用用途とは逆で 下にさげるのに使いましたが問題ありません。
要注意なのは、アダプターの厚みぶんだけ
ボトルケージがフレームから浮くので
それによってボトルケージ同士の干渉が起きる可能性があります。

あと、先ほどのリンク先にも書いていますが
シートチューブのボトルケージ位置を下げ過ぎると
挿したボトルがダウンチューブに当たって
振動で塗装を削ることがあるので この点は要確認です。
どのくらいずらすかは ある程度 任意に調整できるので、
ボトルケージのたわみも勘案して十分な すき間を設けます。
今回は一番下げてちょうど良いくらいでした。

SM-BA01にボトルケージを付けるときに
取り付けボルトが長すぎると、
ボルトがフレームに突き当たってしまうので ボルトの長さにも要注意です。
(基本的には SM-BA01に同梱されている短いものを使えば問題ありませんが)

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2457-9e091765
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター