のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

レーシングゼロさん  

お客さんから フロントハブのベアリングの径が
リヤハブより小さくなった 最新型のレーシングゼロをお預かりしました。
DSC07066amx5.jpg
DSC07069amx5.jpg
なぜわざわざ冒頭でホイールの年式について触れているのかというと、
例の件が起きたからです。

DSC07059amx5.jpg
お客さんのほうでハブのグリスアップをしようとしたところ、
右エンドナットが先に外れてしまい シャフトの右端をつかんだところ
ナメてしまったということです。

DSC07060amx5.jpg
私が左右から5mmアーレンキーを突っ込んだところ、
やはり右側が 先にゆるみました。
ハブシャフトを交換していいということなので、
荒事ありなら 外す方法があるので

DSC07061amx5.jpg
左エンドナットを ゆるめることができました。

DSC07062amx5.jpg
このフロントハブシャフトですが、
ごく最近 出たばかりで、しかも本来 消耗品ではないにもかかわらず
当店の「常備を努めるべきパーツ」に認定されたという
不名誉を受けたスペアパーツです。
新ボーラのそれとは違い 3つのパーツがバラバラの状態なので
組み立てますが、シャフトとダストキャップの関係は圧入です。

DSC07063amx5.jpg
両側から5mmアーレンキーで締めこむと、
また左エンドナットのほうが強く食いつくかもしれません。
なので、まずは右エンドナットとハブシャフトを
しっかり締めこむことにします。
また、ねじ山に 接着に近い強度のねじ止め剤を差しています。
そのときに14mmハブスパナでグッと締めこむと
つかみ面に組み跡が付くのが問題です。

私も今までは ハブスパナを2枚横に並べて締めこんでいたのですが、
DSC07065amx5.jpg
つかみ面の幅ちょうどになるまで削いだ
14mmのスパナを ここだけの専用工具として作りました。
上の画像のような感じに削っています。
と思ったら 削ったのは画像にある側の反対側でした。
いやーうっかりしていたわい。

DSC07067amx5.jpg
というわけで、組み跡を付けずに右エンドナットを締めこめました。

DSC07070amx5.jpg
リヤハブのロゴが正向きだったので、
DSC07068amx5.jpg
お預かりしたときには逆向きのロゴだったフロントハブを
シャフトを入れる側を変えて 正向きのロゴにして組み直しています。

点検ですが、ほぼ問題無しでした。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2492-cfb2c455
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター