のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

カーボンリヤホイールのスポークを交換しました  

今日もホイー(以下略)。
DSC07287amx5.jpg
お客さんから38mmカーボンチューブラーリムの後輪をお預かりしました。

DSC07289amx5.jpg
ハブは リーフハブの生き別れの兄弟です(どちらが兄かは不明)。

DSC07288amx5.jpg
24H 全黒CX-RAYヨンゼロ組みですが、
これを 半コンペ+結線ありにしてほしいということです。

DSC07290amx5.jpg
どうみても短いスポークで組まれているので、
23ヵ所までニップルをほどいて 最後の1ヵ所は全くニップルを回さずに
リムから外に出して見ました。
これは反フリー側ですが、異常に短いです。
ねじ止め剤が効いていて、工具で初動させない限り
手でニップルを回すことも出来ないので
他の箇所をバラす際に つられてゆるんだということもありません。

ニップルとリムの間に 専用のワッシャーを噛ませているので
それを勘案すると0.5mmほどスポークを長くしないといけませんが、
仮に その分の補正値を入れていなかったとしても短すぎです。

DSC07293amx5.jpg
フリー側は同じリム同じハブで4本組みにするので、
組み換え前のスポーク長さが信用できるのであれば
そのまま倣えばいいだけです。
が、もちろん信用できないので リムとハブの実測寸法から計算して
切り出しました。

DSC07291amx5.jpg
で、ねじ山側を揃えると

DSC07292amx5.jpg
スポークヘッド側で こんなに違います。
DTの刻印があるコンペティションが 新たに使う側ですが、
273mmにしました。
理論値が272.51mmだったので ニップルワッシャー分の補正も入っています。
それを差し引いても 元のCX-RAYが短いのは見ての通りです。

DSC07294amx5.jpg
組めました。

DSC07295amx5.jpg
黒半コンペヨンロク組み結線ありです。
お客さんの見ている前で組み直したので、
まずは結線無しでも 組み換え前よりカッチリしているというのを確認してもらいました。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 1

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# | 
2016/01/31 23:42 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2505-576aaa17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター