のむラボ日記

自転車工房「のむラボ」のブログです

DT450リムの後輪を のむラボホイール5号に組み換えられませんでした  

今日もホイー(以下略)。
DSC07489amx5.jpg
お客さんから パワータップハブの後輪をお預かりしました。
といっても過去に私が組んだものですが。

DSC07490amx5.jpg
パワータップのエリートプラスハブ32Hを
黒全コンペヨンロク組みにしています。
たぶん当時は 黒スポークの結線はしていなかったはずです。

これを、スポークを全CX-RAYにして
のむラボホイール5号のリムで組み換えてほしいということなのですが、
リムの在庫が現在ありません。

DSC07493amx5.jpg
仕方が無いので、組み換えに際しての もうひとつの希望である
11Sフリーボディへの交換をしつつ
リムはこのままで 全CX-RAY結線ありにします。
DTのロード用リムは当初 RR1.1と RR1.2の2種類だけでしたが、
RR1.1はRR415、RR1.2はRR585に
改名(数字はカタログ重量でもある)して
それからRR465(←廃版、現行品はRR440)が出て・・・という流れでしたが
RR415は廃版になりました。
公称415g、実測でも420gちょっとだったので
マヴィックのオープンプロより わずかに軽いのは確かなのですが、
DTのリムはアルミの材質が軟らかいので(組んでても分かる)
私は あまり好きではありません。
RR585だけは硬いのですが、これはアルミの材質の問題ではなく
600g弱もある重量からくるものです。

今までに「RR465のオフセットリムで のむラボホイールを出さないんですか?」と
訊かれたこともありましたが、ちょっと考えられませんでした。
ある程度のまとまった本数の発注と 数ヵ月の納期が必要ですが、
DTのリムは 国内代理店の常備在庫の28H・32H以外の
20H・24Hなどもオーダーは可能です。
が、DTのRR585以外のリムで 24Hの後輪を組むのは ぞっとします。
やはりマヴィック、次いでキンリンのリムの硬さというのは
いい意味で「普通じゃない」のです。
RR415が、仮にオープンプロと同じ435gくらいあったとしても
オープンプロの硬さには及ばないでしょう。

ちなみに このリムは、R450というモデルです。
RRはロードレーシング、Rはロードという意味で
RRは585以外が片ハトメ、Rはハトメなしという違いがあったのですが
最近出たRR511というリムはハトメなしです。
R450も廃版モデルで、現行品はR460になっています。
RR415の指定限界テンションは1100Nですが、
こちらは1200N(≒120kgf)となっているので助かります。
この100Nの差は非常に大きいのです。

DTのリムは 下りのブレーキ熱で
ステッカーが鰹節のように ピラピラとめくれてくるのですが、
このR450では RRシリーズのようなめくれかたは しないようです。
しかも、なぜかRR465より明らかに硬いのです。
不思議ですね。
「Rシリーズはステッカーの性質が違うので外注品ではないのか?
しかし外注品かつ廉価グレードのはずのRシリーズのほうが
本家のRRシリーズより リムが硬いのは
外注先のアルミのほうが良いものなのでは?」
という疑問を呈しているわけではありません 念のため。


DSC07498amx5.jpg
ハブを洗浄しつつ・・・

DSC07500amx5.jpg
スチール製の10Sフリーボディから
アルミ製の11Sフリーボディに交換します。

DSC07504amx5.jpg
組めました。

DSC07505amx5.jpg
全CX-RAYヨンロク組み結線ありです。
昨日の のむラボホイール5号の20Hの前輪が相方なので
こちらも赤アルミニップルにしました。

・・・なぜかリムがオープンプロになっていますが、
気にしてはいけません。

DSC07511amx5.jpg
とくにひどい部分を撮っていますが、
R450は腐食が激しかったのと リムに反りがあったのと
ブレーキゾーンの摩耗が大きかったので、
リム入荷待ちの中間形態とはいえ
このリムでホイールを組むというのは無理でした。
というわけで私物のオープンプロをお貸しする形で
一旦 後輪を組みました。
練習に困ると思い パワータップのハブを
長期間お預かりしたくなかったからです。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://pass13.blog.fc2.com/tb.php/2533-cb6ea782
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター